廃坑の探し方の基礎!生成される場所や深さは?

洞窟探検をしているとたまに廃坑にぶち当たります。なかなかお目にかかれないので私はいつもラッキー!とテンションが上ってしまいますが、今回は廃坑入門編として、廃坑についての基礎知識を紹介したいと思います。

スポンサーリンク

廃坑とは何か?

廃坑はもともと炭鉱だったものが廃れたものです。炭鉱は読んで字のごとく石炭を掘り出す鉱山のことで、石炭を掘り出すために掘った炭坑(坑道)がたくさん張り巡らされています。炭鉱と炭坑は字は違うけど音が同じなのでちょっとややこしいですね。それが廃れたものが「廃坑」です。炭鉱と呼ばれることもありますが、英語のWikiを見るとAbandoned(放棄された)Mine Shaftって書いてあるので、やっぱり廃坑が正式な呼び方になると思います。

どういう構造物なのか?

廃坑は地下に生成される構造物で、3×2~3マスの大きさの道が前後左右に張り巡らされています。上下に2段、道が生成されていることもあるし、1.5階みたいな感じで生成されていることもあります。

スクリーンショット-2016-01-19-09.24.34-600x357

廃坑内の道にはオークの木材、オークのフェンスが設置してあり、石炭を運び出すためのレールも敷き詰められています。

たまに壁に松明が設置してあって、初めて入った時でも部分的に明るいです。
スクリーンショット-2016-01-19-09.25.26-600x357

廃坑の一部には土を敷き詰めたような広場があったりしますが、特に何もないことがほとんどです。クモやゾンビはよくいます。
スクリーンショット-2016-01-19-09.41.47-600x357

廃坑特有のモンスターとして洞窟グモ(毒蜘蛛)がいます。
スクリーンショット-2016-01-21-11.51.02-600x357

洞窟グモスポナーの周辺は、この画像のようにクモの巣が大量にあります。
スクリーンショット-2016-01-19-09.27.05-600x357

洞窟グモは廃坑にのみスポーンするモンスターで、普通のクモよりも少し青みがかったというか、ちょっと緑色っぽいクモです。別名「毒蜘蛛」とも言われていて、普通のクモのように壁を登ったりすることの他に、少し離れた位置からも毒を吐きかけてくるというかなり厄介な存在。スポーンブロックの周辺に大量発生していることもあって、複数匹に一度に襲われたらかなりヤバイです。(通常のダメージの他に毒によるダメージがあってキツイ)

奥にいるのが毒グモ。クモの色はわかりにくいですが、毒をくらってハートが変な色になってます。
スクリーンショット-2016-01-19-09.28.02-600x357

もちろん洞窟蜘蛛の他に、ゾンビやスケルトン、クリーパーといった普通のモンスターもいます。ゾンビやスケルトンのスポーンブロックがあることも少なくないです。

毒グモは怖いけど、お宝もたくさんあります

洞窟グモがいるなんていうことを聞くと廃坑って普通の洞窟よりももっと怖い場所なのではと思うかもしれないですが、むしろ普通の洞窟よりは安全とも言うこともできます。道が整備されている上に、たまに松明があって明るい。また、木材が豊富にそろっていて松明には困らないし、鉄もたくさん手に入るので、その場で鉄の武器・装備を作って冒険をすることができます。食料だけが必要ですね。宝箱的なチェストからパンなども手に入りますがほんの僅かなので、探検するときは多めに持って行くといいでしょう。

廃坑では大量の鉱石が手に入ります。言ってみればブランチマイニングをしたあとの坑道のようなものですから、道に露出する形でたくさんの鉱石が見られます。大量の石炭や鉄。レッドストーン、ラピスラズリ、金などもあって、もちろんたま~にダイヤも手に入れることができます。

廃坑内でダイヤ発見!やっぱりダイヤは見つけるとテンションが上がる。
スクリーンショット-2016-01-19-09.48.58-600x357

廃坑内にはチェスト付きトロッコがあって、中には各種鉱石や食料などが入っています。ダイヤが入っていることもあるし、カボチャやスイカの種が手に入ることもあります。ダイヤの馬鎧なんかが入っていることもあります。

坑道の片隅に置かれているトロッコ。
スクリーンショット-2016-01-19-09.25.06-600x357

大きい炭鉱だとトロッコもたくさんあります。中身もそうですが、トロッコも持ち帰っておきましょう。ただトロッコはいくつも重ねて持つことができないため、インベントリを激しく圧迫します。たくさんある場合は何度か往復しなければいけません。あとはレールがたくさん手に入るのも嬉しいですね。作ると結構な量の鉄を消費しますから。

スポンサーリンク

廃坑の生成される場所や深さはどれくらい?

廃坑は「地下にできる」ということらしいですが、その深さは特に決まっているわけではなさそうです。私は見たことないですが岩盤の深さにある廃坑の画像もありましたし、Y=40くらいの浅いところで発見したこともあります。個人的にはブランチマイニングをするくらいの深さよりもちょっと上(y=20~30くらい?)で発見することが多いような気がしています。

これはy=33の高さです。
スクリーンショット-2016-01-12-17.58.23-600x357

これまでに見つけた廃坑は洞窟探検の途中で発見したものがほとんどで、地面を掘って探したことはないので実際はどうなのかわからないのですが、渓谷にできている廃坑は一番下よりもちょっと高い位置にあることが多いような気はします。それほど深くない深さに生成されることが多いのかも。

渓谷の底から見える廃坑。
スクリーンショット-2016-01-21-11.52.41-600x357

渓谷の底はy=16です。この廃坑は20~40くらいの深さにわたって生成されていました。

廃坑の見つけ方・探し方!

最後に探し方です。冒険したい!と思って探しても、見つからないのが廃坑です。地下要塞のようにアイテムを使って場所を特定できないので、見つけられない時はホント見つけられません。

wikiには渓谷でよく見かけられると書いてあります。たしかに私も渓谷で遭遇することが多かったので、大きめの地下渓谷を探して、中を調査するのが一番早いかもしれません。上の画像のように渓谷の間に出ている場合もあるし、渓谷の脇の洞窟の奥にできている場合もあります。地表に出ている渓谷の中に外から見える形で生成されていることもあるし、底からつながっている洞窟の奥にあったりもします。

渓谷にできている廃坑。
スクリーンショット-2016-01-19-09.30.06-600x357

また海洋バイオーム(海)においては、坑道の一部が水の中に出ていることがあるということなので、暗視のポーションなんかを飲んで海底を覗いてみるのもいいかもしれないですね。暗視のポーションをつくるコストを考えるとあまり効率的とは言えないかもしれませんが。私は水の中のものは見つけたことないです。

渓谷に限らず深めの洞窟を冒険している時に遭遇することも多いので、渓谷を含め洞窟をたくさん冒険するってことが発見のコツかもしれないです。あとはブランチマイニングをしていると巨大な地下渓谷にぶつかることが多いですから、鉱石を集めながら探してみたりするといいかもしれません。

どうしても廃坑が見つけられない場合は、コチラの方法を試してみるといいかもしれません。
廃坑の確実な探し方!スペクテイターモードで地下が丸見えにできます

スポンサーリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ