燃料生成機能付きに!自動かまどを改造しました

先日かなり便利な自動かまどを作りましたが、さらに改造して原木をチェストに入れるだけで燃料が勝手に補給される的な自動かまどを作りました。作るのは少し大変ですが、原木を焼いて、「できた木炭をチェストに入れなおす」という作業が自動化できてなかなか便利です。

スポンサーリンク

全体像と必要な材料

全体像はこんな感じになっています。
スクリーンショット-2015-10-24-11.00.59-600x357

横幅は6マス、高さは6マス、奥行きは4マスです。2つ並んでいるかまどがアイテムを精錬するためのかまど、裏側に設置されているかまどが燃料(木炭)を作るためのかまどです。アイテムを精錬したいときは、手前の2つ並んでいるかまどの上のチェストにアイテムを入れると、精錬されて地面に埋まっているチェストに入れられます。

燃料は、一番上のチェストに原木を入れることで3つのかまど全てに自動で補給されます。最初だけ裏のかまどに燃料として木炭を入れる必要がありますが、10個くらい入れておいて、一番上のチェストに原木を1スタック分くらい入れれば、あとは全部のかまどに自動的に振り分けられると思います。

この設備を作るのに使った材料は次のとおりです。

かまど 3個
ホッパー 9個
チェスト 10個
ドロッパー 3個
レッドストーンコンパレーター 1個
レッドストーンリピーター 1個
レッドストーントーチ 4個
原木 たくさん

レッドストーンコンパレーターはクラフトするためにネザー水晶が必要になるので、ネザーへ行って取ってくる必要があります。

燃料自動供給機能付き自動かまどの作り方

まずは精錬されたアイテムが入るチェストの設置。ラージチェストを作ってホッパーをつなげます。

全体の高さが高くなるので地面に埋めます。
スクリーンショット-2016-01-11-18.06.31-600x357

地面に埋めないバージョンでも作ることはできますが、一番上のチェストに取ってきた原木を入れるという作業をする必要があるので、高くなりすぎると届きにくくなってしまいます。下を一段地面に埋めても結構遠く感じるので、埋めないともしかしたら届かないかもしれません。

チェストにつなげたホッパーの上にかまどを設置します。さらに、かまどの裏側からホッパーをつなげて、その上にチェストを設置します。

設置した状態。こちらが正面になります。
スクリーンショット-2016-01-11-18.07.08-600x357

チェストの下にあるホッパー(かまどの裏側のホッパー)はかまどにつながっています。このチェストに木炭が入って、それがかまどに補給されるという仕組みです。

次はかまどの上に燃やすアイテムを入れるチェストを設置。
スクリーンショット-2016-01-11-18.08.45-600x357

かまどの上からホッパーをつなげて、その上にチェストを設置します。このチェストに入れたアイテムが自動的にかまどに送り込まれて、かまどに燃料が入っていればどんどん精錬されていきます。

次はドロッパーの設置。かまどの裏側にあるチェストの横の位置から縦に2つ、上向きで並べます。
スクリーンショット-2016-01-11-18.11.34-600x357

設置するドロッパーは2つとも上向きです。
スクリーンショット-2016-01-11-18.11.45-600x357

上向きで縦に2つ並べたドロッパーの上に、横向き(かまど側向き)のドロッパーを一つ設置します。
2016-07-06_09.36.06

裏側から見るとこんな感じ。
2016-07-06_09.36.59

このドロッパーは原木を燃やしてできた木炭を、上のチェストに移動させるためのものです。

次は、上下に3つ並べたドロッパーの真ん中のドロッパーの裏側にかまどを設置。

この位置です。
スクリーンショット-2016-01-11-18.14.14-600x357

次はホッパーを設置していきます。

裏側のチェストにつなげる形で、ドロッパーの横にホッパーを設置。
スクリーンショット-2016-01-11-18.14.25-600x357

そのすぐ横に、裏側のかまどにつながる形でホッパーを設置。
スクリーンショット-2016-01-11-18.14.31-600x357

設置した2つのホッパーの上に、チェストを設置。
スクリーンショット-2016-01-11-18.14.53-600x357

このチェストに、ドロッパーによってかまどで精錬された木炭が運ばれてきます。ここに入った木炭は、裏側のかまどの燃料として使われるのと同時に、すぐ下のチェストにも移動します。この振り分けは偏りが出るので(例えば下のチェストにばかり移動するなど)、最初は数スタック分このチェストに直接木炭を入れるといいです。そうするといい感じで振り分けられるので、あとは原木を燃やしまくれば木炭が溜まってきて自然と振り分けられるようになります。

スポンサーリンク

裏側のかまどの上に、かまどに繋がる形でホッパーを設置し、その上にチェストを設置。
スクリーンショット-2016-01-11-18.15.27-600x357

一番上のドロッパーの上にもチェストを設置してラージチェストにしてあります。このチェストには木炭の材料となる原木を入れます。

かまどの下にも、横のドロッパーにつながる形でホッパーを設置します。
スクリーンショット-2016-01-11-18.15.40-600x357

かまどで焼いた原木(木炭)が、このホッパーをつうじて横のドロッパーに移動します。

次はドロッパーのアイテムを上に移動するための回路を作っていきます。レッドストーンを使いますが、回路の仕組みがよくわかってなくてもこの通りに作れば動いてくれるはず。

動力を伝えるために、土台となるブロックをこのように階段状に設置します。
スクリーンショット-2016-01-11-18.16.43-600x357

一番下のドロッパーのすぐ下のブロックの上に、コンパレーターを設置。コンパレーターを置いたブロックのすぐ横にリピーターを設置。
スクリーンショット-2016-01-11-18.17.58-600x357

方向に注意が必要です。このコンパレーターはドロッパーにアイテムが入ったことを感知して信号を発してもらいたいので、上の画像で言うと右方向に向かって信号が出るように設置します。リピーターは一番下のドロッパーに信号を伝えることが目的なので、上の画像で言うと左方向に信号が進むように設置します。

コンパレーターが信号を伝えているブロックにレッドストーントーチを設置。その下にレッドストーンパウダーを設置。さらに信号を上に伝えるために、上のブロックにもレッドストーントーチを設置します。
スクリーンショット-2016-01-11-18.18.25-600x357

リピーターが信号を伝えているブロックのこの位置にもレッドストーントーチを設置。最初これを忘れていたのでうまく作動しませんでした。
スクリーンショット-2016-01-11-18.23.53-600x357

これでコンパレーター→レッドストーントーチ→レッドストーンパウダー→リピーター→レッドストーントーチ→一番下のドロッパーと信号が伝わるようになります。

初期状態では、レッドストーントーチ(ON)→レッドストーンパウダー(ON)→リピーター→レッドストーントーチ(OFF)となっていますが、ドロッパーに木炭が来た時にコンパレーターが感知して信号が出て、それがコンパレーターが直接つながっているブロックの向こう側にあるレッドストーントーチに伝わり、そのレッドストーントーチがOFFになります。するとトーチの下にあるレッドストーンパウダーもOFFに。そうすると、ドロッパーの下に設置されたトーチがONになります。ドロッパーは信号を受け取ると中身を放出するので、信号を受け取った瞬間に一つ上のドロッパーにアイテムが移動します。

それと同時に上方向にも信号が伝わっていて、一番上のドロッパーの横にあるレッドストーントーチがONからOFFに変わります。コンパレーターが信号を出すのは一瞬だけなので、次の瞬間にはレッドストーントーチが再びONになり、動力が真ん中のドロッパーと一番上のドロッパーに伝わります(真ん中のドロッパーには直接動力が伝わらないような感じもしますが、一番上のトーチから信号が伝わります)。それで真ん中のドロッパーに移動してきたアイテムが上のドロッパーに移動して、そして振り分け用のチェストに移動するという仕組みです。

これで完成です。
2016-07-06_09.40.13

裏側から見るとこんな感じ。
スクリーンショット-2016-01-11-18.19.08-600x357

この自動かまどの使い方

この一番上のチェストに原木を入れると、すぐ下のかまどで焼かれて、木炭がドロッパーに入ります。ドロッパーに木炭が入ると信号が出て木炭が上に移動、一番上の横向きのドロッパーによって奥のチェストに入れられます。

下の画像でいうと上から二番目のチェストに木炭が入ることになります。
2016-07-06_09.40.54

ドロッパーによってチェストに入れられた木炭は、上の画像の左側のホッパーで裏側のかまどに、右側のホッパーで下のチェスト(正面のかまどの燃料用チェスト)に移動します。原木を大量に投入するとこのチェストに木炭がどんどん溜まっていくので、松明用に使いたい時などはこのチェストから持ち出すこともできます。

原木を入れるのは一番上のチェスト。正面からこんな感じで上を見上げて、チェストに原木を入れます。
スクリーンショット-2016-01-11-18.19.51-600x357

精錬するアイテムを正面のかまどの上のチェストに入れれば、あとは勝手に燃えていきます。十分な木炭がストックされていれば、しばらく燃料の補給をする必要もありません。

このシステムで自動化できるのは、精錬された木炭を燃料用のチェストに移動するという一手間だけですが、「チェストを開いてアイテムを取り出し別のチェストに移動する」って意外と面倒くさいことなので、結構楽できてるなーという感じです。うまく機能させるためにはある程度まとまった数の木炭が必要になるので、最初はそこが大変かもしれませんが、私の場合はダークオークの植林で大量に原木を入手しています。ダークオークはそんなに高くならないし、原木も大量に手に入るしで、植林するには結構オススメです。

スポンサーリンク

6 Responses to “燃料生成機能付きに!自動かまどを改造しました”

  1. 飛翔魔神 より:

    とても参考になりました!ありがとうございます。

    • nishi より:

      >飛翔魔神さん
      参考にしていただけたようで嬉しいです。ありがとうございます!

  2. 矢田 より:

    備長炭を全自動で作れます?

  3. 奥津雅玖 より:

    表のかまどに木炭が行かないです!
    どうしたらいいですかね。。。

  4. TKM より:

    ホッパー8個以上使ってるじゃないですか…

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ