ブランチマイニングの最も効率がいい高さとやり方は!?

先日洞窟内でスケルトン2匹の同時攻撃でマグマに落ちてしまい、せっかく集めた鉱石を全ロストしてしまいました。結構な量を持っていたので一気にヤル気を無くしてしまいましたが、気を取り直して今回は失った分の鉱石を取り戻すためにブランチマイニングという方法で鉱石を採取していきたいと思います。

スポンサーリンク

ブランチマイニングとは?

ブランチマイニングというは採掘テクニックの一つです。BRANCHは木の枝、MININGは採掘・掘削。つまり木の枝のように掘り進めて鉱石を集めようという掘り方。洞窟内を探検して壁に露出している鉱石を採取するよりも遥かに効率的に、多くの鉱石を得ることができます。洞窟探検のような楽しさはないですが、鉱石採取に特化したやり方です。

ブランチマイニングのやり方

ブランチマイニングの手順は次の通りです。

1.y=11の高さまで掘り進む
2.地下拠点を作って通路を掘る
3.通路の壁を3マスおきにまっすぐ掘っていく

y=11の高さまで掘り進む

鉱石は生成される高さが決まっています。例えばダイヤモンドはy=1~y=15までの高さにしか生成されず、その中でもy=5~y=12の高さに多く生成されます。つまりy=20のあたりをいくら掘りまくっていてもダイヤモンドには遭遇できないということです。

F3キーを押すと自分が立っている場所の高さを表示することができます。
2016-09-16_17-34-51a

Y座標(中央の数値)がプレイヤーの立っている場所の高さです。地形をスーパーフラットにして表示しているのでYは4になっていますが、普通にプレイすると地面の高さはY=63くらいです。

Y座標の見方についてはこちらの記事でも解説しています。
Y座標は目線の高さ?高さや層について調べてみました

各鉱石がよく見つかる層は次のようになっています。

金鉱石 5~29
ダイヤ 5~12
レッドストーン 5~12
ラピスラズリ 13~16

こちらでは鉱石の分布を調べています。
鉱石分布を地道に調査!どの深さにどの鉱石がどれだけ生成されているのか

ということは、11、12、13あたりを掘るとダイヤやレッドストーン、ラピスラズリが効率よくゲットできるわけです。ダイヤに狙いを定めるなら10以下の高さでもいいですが、10以下の高さにはマグマ溜まりが生成されやすいので掘っていくと目の前に溶岩が出現する確率が高くなります。溶岩があると思うと気持ちよく掘っていけないですし、何よりそれまでに手に入れた鉱石を全ロストする危険が。あまり頭を使わずストレス無く掘り進めるためにも、基本的にはy=11の高さで掘るのがいいでしょう。

最も効率がいい高さはY=11?Y=12?

ブランチマイニングについて調べてみるとY=12で掘るのがいいという情報もあったので、どちらのほうがより効率がいいのか、実際に試してみました。

100マス×100マスの範囲でブランチマイニングを行ったときの、手に入った鉱石数の比較です。ブランチマイニングをしたのは同じワールドで、それぞれの場所は3000マスくらい離れています。

2016-09-16_13-28-39a

Y=11 Y=12
石炭 709 568
鉄鉱石 334 355
金鉱石 62 52
ラピスラズリ 99 310
レッドストーン 1792 1278
ダイヤ 48 25

Y=12のほうは途中で大きな空洞に出てしまったので全体的に量が少なくなってしまいました。ただ、ラピスラズリはだいぶ多い印象です。1回だけしか比較していないのでなんとも言えないですが、そんなに変わらないかもしれません。

F3キーを押したときにY=11と表示される高さで掘ると、床が10層、足の高さが11層、目の前が12層、天井が13層。Y=12で掘ると、床が11層、足の高さが12層、目の前が13層、天井が14層ということで、どちらもダイヤ、レッドストーン、ラピスラズリがよく出てくる層をカバーすることはできます。個人的には、地下の溶岩だまりの脇に立ったときの高さがY=11なので、その高さがちょうどいいかなということでいつもY=11でやっています。

こちらではY=10以下の高さで比較していますが、このときもラピスラズリに大きな差が・・。
ダイヤが多いのはどちらなのか!?Y=10以下でブランチマイニング

地下拠点を作ろう

Y=11の高さまで掘り進めたら、地下拠点を作っておきましょう。ラージチェスト、かまど、作業台を設置します。採取した鉱石の仮置き場のような感じですね。ダイヤが手に入ったらロストを避けるために、すぐにラージチェストにしまっておきましょう。ベッドも持ち込んで、一回寝ておいたほうがいいかもしれません。寝ておけば万が一モンスターやマグマでやられてしまったときに、地下拠点でリスポーンできます。

スクリーンショット-2015-10-07-08.47.44

掘り進め方

例えば風車型に掘っていく方法や、田の字の形に掘っていく方法など、ブランチマイニングのやり方はいろいろあるのですが、慣れないうちは移動のしやすさや掘り進めやすさなどを考えてまっすぐ掘るのが一番簡単でいいのではないかなと思います。

この形がオススメです。
aa

作成した地下拠点からどちらの方向でもいいので、四角く通路を掘ります。その間を、縦横どちらかの方向に3マス置きに掘っていくようにします(上の図では、横向きの通路の間隔が3マス)。この掘り方だと同じ道を何度も行ったり来たりしなくてもいいですし、どこまで掘ればいいのかがわかりやすいのでブランチマイニングしやすいです。ちなみに上で書いた実験は、1辺が100マスくらいの四角でやっています(かなり時間がかかりました)。

この形に慣れてきたら、風車型ブランチマイニングにもぜひ挑戦してみてください。最初は難しいですが、無駄な移動をかなり省くことができます。
風車型ブランチマイニングやり方を図解!

鉱石を見逃さないコツ

掘る場所を3マスおきにすると、外からは見えない中央のマスの鉱石を見逃してしまう可能性があります。ほとんどの鉱石はいくつかがかたまって生成されているので、だいたいは壁に露出しているのですが、次のような配置だと通路から見えるのは2つを掘っても奥の2つが出てきません。

鉱石の塊が斜めに配置されています。
2016-09-16_18-20-54

掘ってみたけど鉱石が2つ(もしくは1つ)だけだった。そんなときは周囲をもう少し掘ってみるといいです。斜めの位置に鉱石が隠れていることも多々あります。

下画像のような配置で鉱石があるかもしれないので、気になったら掘ってみましょう。
2016-09-16_18-20-33

ブランチマイニングに必要なものは?

ブランチマイニングは鉱石採取に特化した掘り方ですが、かといってツルハシだけがあればいいというわけではありません。ブランチマイニングを行うために必要な道具リストを作ってみました。

1.武器 鉄の剣
2.ダイヤのツルハシ
3.松明
4.肉
5.鉄のシャベル
6.木材&原木
7.階段

武器

掘っていくと洞窟や渓谷に突き当たり、モンスターと遭遇することがあります。ツルハシで攻撃してもいいですが、モンスターへの攻撃でツルハシの耐久値を減らすのももったいないので、武器を持って行ったほうがいいでしょう。

鉄の剣かダイヤの剣が1本あればいいと思います。村人との取引なら手持ちの鉱石を消費すること無く装備を手に入れることができるので、うまく利用しましょう。

村人との取引で手に入るアイテム一覧!ダイヤ装備も!

ツルハシ

ツルハシは断然ダイヤがおすすめです。ダイヤのほうがブロックの破壊が圧倒的に早く、かつ耐久値も高いので効率がいいです(鉄も石より破壊が早いので悪くないのですが、ブロックの破壊が早い分、あっという間に壊れてしまいます)。石のツルハシを持って行く場合は鉱石採取用に鉄のツルハシも必要になるので、忘れずに持っていきましょう。間違って石のツルハシで破壊してしまうと、レッドストーンやダイヤがアイテム化せず失われてしまいます。

効率強化と耐久力のエンチャントがついていればなおのこと良し。耐久力がついたダイヤのツルハシだとかなり長持ちします。可能なら掘り進めるために使うツルハシとは別に、シルクタッチのついたツルハシを1本持って行くと、ダイヤやレッドストーンを見つけた時に鉱石のまま持ち帰ることができ、拠点で幸運のついたツルハシで破壊することでより多くの鉱石を手に入れることができます。

松明

掘った道に設置する松明も必要です。松明にして持って行くとインベントリを圧迫するので、木材(または原木)と木炭(または石炭)を持って行くといいと思います。採掘中に入手できる石炭から松明を作ってもいいですが、y=11の深さで掘っているとそれほど多くの石炭は手に入らないので注意が必要です。

松明を設置する間隔は5~8ブロックくらいでしょうか。松明の持つ明るさレベルは14で、モンスターがスポーンするのが明るさ7以下なので、もう少し間隔が広くても大丈夫ですが、前の松明から離れすぎると暗くて壁に埋まっている鉱石が見えなくなってしまいます。

オフハンドが使えるようになって、ブランチマイニングのときに松明を置くのがかなり楽になりました。オフハンドスロットに松明を持って、置きたいところに右クリック。これまでのようにツルハシから松明に持ち帰る必要がなくなったので、効率よく掘り進めていくことができます。

2016-09-16_20-16-48

その他の道具

無心でひたすら掘りまくっているとお腹もすぐ減ります。肉もたくさん持って行きましょう。1スタックあればかなりの時間掘っていられると思います。

土の層を掘るためにシャベルがあるといいですが、使用頻度は高くないので無くても大丈夫です。木材&原木は個人的には必須です。松明やツルハシの材料になるだけでなく、作業台やチェストを作ることができて便利。作業台があれば大量に採取できるレッドストーンをブロックにして地上に持ち出すことができますね。

防具も忘れずに装備していきましょう。それなりの規模でブランチマイニングしていると、必ず洞窟や渓谷にぶち当たります。当然、モンスターとの戦闘も考えられます。

スポンサーリンク

実際の手順

地上の拠点の近くで適当な位置から階段状に下に向かって掘り進んでみましょう。真下を掘っていくのもアリですが、突然溶岩が出てくることもあるのであまりオススメはできません。真下のほうが早いんですけどね。

y=44の高さまで掘ってきました。5段おきに壁に松明を設置しています。
スクリーンショット-2015-10-07-08.31.36

Y=11まで掘ったら階段を設置。
スクリーンショット-2015-10-07-08.45.31

階段の設置はかなり面倒くさいですが、何度もこの採掘場を使う場合はやっておくとあとが楽です。

地下拠点を作るために掘り広げました。
スクリーンショット-2015-10-07-08.45.34

拠点から四角く通路を掘っていきます。湧き潰し用の松明も設置していきましょう。

100マスくらい掘ったところでいったん終了。
スクリーンショット-2015-10-07-08.55.21

通路一個掘ったらこれだけゲットできました。
スクリーンショット-2015-10-07-08.55.54

普通は2マス分の高さで掘り進めると思いますが、3マス分掘ってもいいですね。
スクリーンショット-2015-10-07-08.56.58

掘り進めていくと開けたところが。奥にはレッドストーン。
スクリーンショット-2015-10-07-08.58.17

出てみるとかなりデカイ地下渓谷でした。
スクリーンショット-2015-10-07-08.59.03

地下渓谷にはモンスターが湧いている可能性が高いので、攻撃されてマグマに落ちてしまわないように注意しましょう。見えないところからスケルトンに攻撃されてマグマダイブというのも十分ありえます。

そしてついにダイヤ発見!
スクリーンショット-2015-10-07-10.02.22

再び発見。
スクリーンショット-2015-10-07-10.02.46

さらに発見。
スクリーンショット-2015-10-07-10.04.20

またもや発見。
スクリーンショット-2015-10-07-10.08.08

結局ダイヤのツルハシを2本使いきってこれだけの鉱石が手に入りました。掘った通路は8本くらいです。ダイヤが多くてラッキー!
スクリーンショット-2015-10-07-10.22.14

掘ったあとの通路はこんな感じになっています。
スクリーンショット-2015-10-07-14.25.52

ということで、ブランチマイニングのやり方の紹介でした。一回ガッツリやっておくと、しばらく鉱石に困ることはなくなります。なかなか時間もかかるので根気が必要ですが、頭を空っぽにしながら掘りまくれるのでちょっとしたストレス解消にもなっているような気がします。

スポンサーリンク

7 Responses to “ブランチマイニングの最も効率がいい高さとやり方は!?”

  1. より:

    石炭が中々見つかりません!岩盤まで掘ってやっとの思いで見つかりました。どうすればいいでしょう?木材不足なのであまり、木炭は、作りたくないんです。

    • nishi より:

      >灯さん
      個人的には、石炭はブランチマイニングよりも洞窟探検のほうがたくさん得られるような気がしています!

      • 永野高英 より:

        個人的には、石炭と鉄は、ブランチマイニングよりも洞窟探検のほうが、手に入れられる量が多い気がします。

    • 匿名 より:

      山岳バイオームに行くと、モンスターにも出会わずに石炭だけ採掘できます

  2. 二宮和也 より:

    ダイヤと鉄が大量にほしいです!

  3. 永野高英 より:

    初心者や溶岩が苦手の人は、ダイヤのあるY=11~15でブランチマイニングをしてください。Y=5~10は溶岩で満たされています。Y=5以下は岩盤があります。

  4. vガンダム より:

    僕は掘っている間に洞窟があって落下死しました

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ