3マスおきだとダイヤを見逃す!?2マスおきでブランチマイニングしてみました

これまでブランチマイニングをするときは、坑道の間隔を3マスおきにしていました。しかし、3マスおきだと中央の列にある鉱石が坑道に露出せず見つけることができません。鉱石は2列にまたがる塊で生成されていることが多いのでだいたいは発見できていると思いますが、若干の見逃しが生じていることが予想されます。その見逃しがいったいどれくらいなのか。気になったので実験してみました。

スポンサーリンク

ブランチマイニング(実験)の準備

同じワールドの、同じ座標でブランチマイニングを行い、3マスおきに掘った場合と2マスおきに掘った場合とで得られる鉱石の差を比べます。

掘り方はこの形。

掘るのにかなりの時間がかかるので、少しでも効率を良くするために要塞無し、廃坑無し、峡谷無し、洞窟なし、ダンジョンなし、池なし、溶岩湖なしでワールドを生成しました。

この画面で設定。

このような設定にしておくと、地下にできる湖や溶岩の海などが生成されず、ただひたすらに掘り続けることができるようになります。

次のページでは鉱石の最大生成数なども変更できますが、ここはそのままで。

クリエイティブモードでワールドを生成し、効率強化Vと修繕をつけたダイヤのツルハシを用意。さらにビーコンで採掘速度上昇の効果をつけた上で、サバイバルモードに変更して実験しました。

掘った場所の上が海だったので、海の底にビーコンを設置。

ビーコンのおかげで採掘速度はかなり早くなりますが、面積が広いのでそれでもかなりの時間がかかります。

鉱石採取のルール

同じ条件で採掘するために、2つルールを作りました。

ルール1
露出した鉱石だけを採取する。

ルール2
鉱石を掘った先で新しい鉱石が出てきたら、それも全て掘ってしまう。

1は、露出していない鉱石は掘らないようにするというルールです。「露出しているのは2ブロックだけだけど、周りを掘ったらもっと出てきそう」という場合も、見えている部分だけ掘って見えていない部分はスルーしました。

2は、例えば石炭ブロックを掘ったらさらに奥にレッドストーン鉱石が出てきたという場合に、レッドストーンも掘ってしまうというルールです。鉱石ブロックを破壊した結果新たに鉱石が見つかったら、それも採取してしまいます。

取得アイテム数

ブランチマイニングをした範囲は100×100の範囲と、50×50の範囲です。3マスおき2マスおきどちらも、同じseed値のワールドの同じ座標で掘っています。同じ場所で掘ることで、3マスおきで掘ったときに見逃した鉱石の数がわかるはず。1回目が終わったら、座標を+1000くらい移動して、同じ広さをもう1回。3回くらいやろうと思っていましたが、50×50はともかく100×100は1回につき数時間かかる広さで、ギブアップしてしまいました。

100×100 1回目 3マスおき。

100×100 1回目 2マスおき。

100×100 2回目 3マスおき。

100×100 2回目 2マスおき。

50×50 1回目 3マスおき。

50×50 1回目 2マスおき。

50×50 2回目 3マスおき。

50×50 2回目 2マスおき。

手に入ったアイテムの個数とその差は次のようになります。

100×100 1回目 100×100 2回目
3マス 2マス 3マス 2マス
石炭 1051 1029 -22 892 923 31
423 446 23 381 414 33
93 105 12 67 62 -5
レッドストーン 1699 1882 183 1633 1714 81
ラピスラズリ 224 277 53 228 287 59
ダイヤモンド 32 42 10 34 48 14
エメラルド 21 19 -2
50×50 1回目 50×50 2回目
3マス 2マス 3マス 2マス
石炭 163 191 28 258 275 17
100 109 9 119 115 -4
13 19 6 36 42 6
レッドストーン 485 498 13 637 735 98
ラピスラズリ 75 87 12 48 45 -3
ダイヤモンド 16 16 0 20 28 8
エメラルド

2マスおきだと見逃しが無くなるぶん手に入る鉱石は多くなるはずなのに、なぜか減っている部分が・・。単純に見逃してしまったのかもしれませんが、鉱石を破壊したときにドロップするアイテム数がランダムであることが関係しているのかもしれません。シルクタッチで鉱石を採取して比較すればよかったのかも。

スポンサーリンク

追記:シルクタッチで挑戦

最近覚えたfillコマンドを使いながら作業を省略しつつ、シルクタッチのついたツルハシで鉱石を採取してみました。100×100マスの範囲で3回。3マスおきに掘った場合と2マスおきに掘った場合に得られる鉱石の数は次のようになりました。

1箇所目 3マス 2マス 倍率
石炭 869 1061 192 1.22
330 375 45 1.14
78 71 -7 0.91
レッドストーン 447 499 52 1.12
ラピスラズリ 28 54 26 1.93
ダイヤモンド 31 37 6 1.19

2箇所目 3マス 2マス 倍率
石炭 1064 1202 138 1.13
362 416 54 1.15
99 121 22 1.22
レッドストーン 411 445 34 1.08
ラピスラズリ 26 28 2 1.08
ダイヤモンド 76 70 -6 0.92

3箇所目 3マス 2マス 倍率
石炭 1014 884 -130 0.87
338 392 54 1.16
64 88 24 1.38
レッドストーン 455 496 41 1.09
ラピスラズリ 47 25 -22 0.53
ダイヤモンド 33 37 4 1.12

減っている部分は見逃しがあったか、坑道の位置がズレたせいで見えなくなった鉱石があったかのどちらかだと思います。全体的には微増という感じでした。

結局2マスおき?それとも3マスおき?

100×100の範囲だと、3マスおきに掘るよりも2マスおきに掘るほうが、掘るブロック数が1.32倍になります(坑道のブロック数で計算)。しかし、得られる鉱石数は良くて1.2倍くらいなので、効率を考えるなら2マスおきに掘るよりも3マスおきで坑道の本数を増やしたほうがいいかもしれません。採掘時間が1.3倍になったのに得られる鉱石が1.2倍くらいにしかならないのなら、新たな坑道を掘ったほうがいいです。実際この実験をやっていても、時間がかかるわりに増える入手数が少ないなという印象でした。

スポンサーリンク

2 Responses to “3マスおきだとダイヤを見逃す!?2マスおきでブランチマイニングしてみました”

  1. かずのこ より:

    参考になりました!

  2. 作業大好き より:

    僕は3マスでやっていたのでどきどきしながら見ていましただけど分かりやすい説明でほっとしました

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ