3D酔いが辛いときの対策・対処方法

マインクラフトを長い時間やっていると、車に酔った時のように具合が悪くなってきてしまいます。私の場合は頭痛がしてきて、ひどいときにはYoutubeでマインクラフトの動画を見ているだけでというか、Youtubeのあの画面を見るだけ(再生していない)でも症状が出てきます。もう「マイクラの動画を見たら頭が痛くなる」と、完全に刷り込まれてしまっていますね。これは「3D酔い」というやつらしく、これがある限りは快適なプレイができないので、酔わないための対策や・酔ってしまった時の対処方法を調べてみました。

スポンサーリンク

マイクラで酔う原因

3D酔いは視覚で認識している映像情報と、平衡感覚をつかさどる三半規管で感じている平衡情報のずれが原因で起きるそうです。

マインクラフトは主人公視点(主観視点)でのプレイがひとつの特徴で、現実世界で何かモノを見ているのと同じような距離感でゲーム内の操作ができます。そのため脳が「現実にそれを見ている」と錯覚を起こしているらしいのです。

プレイしている時に感じる高い位置から下を見下ろしたときの恐怖感や、高いところから落ちてしまった時の内臓が浮き上がってしまうような嫌な感じなどは本当にリアルに感じられますが、実際に自分の体が高い位置にあるわけでもないのにそういった恐怖感を感じるのは、脳が「そこに居る」という錯覚を起こしているからなんですね。

しかし、そういった感覚が得られていても、三半規管で感じている平衡感覚には変わりがありません。すると目で見ている情報と体で感じている情報にズレが生じて、それで頭が痛くなったり吐き気をもよおしてしまったりすると。ただその「酔い」のメカニズムは、完全には解明されているわけではないようです。

スクリーンショット-2015-05-24-11.39.27

小さい画面なら症状はでないのかも・・と思いましたが、PS vitaでマインクラフトをしている友人も酔うことがあると話していたので、画面の大きさはあまり関係ないみたいです。想像してみると、むしろ小さい画面をジッと見つめながらプレイしているほうが頭が痛くなってきそうな気がしてきました。うっ、頭痛がしてきた気がする・・。

改善のためのヒントは車の運転にある・・かも

3D酔いは車酔いと症状がよく似ています。私は車でも簡単に酔うのですが、車酔いも視覚情報と平衡感覚のズレが原因のようです。座っているだけ(体が動いていないはず)なのに体は揺れや振動を感じている、という感じでしょうか。でも、自分で運転する場合は全く酔いません。どういう時に酔ってしまうのかというと、他の人が運転している車の助手席に座っていて、かつ寝不足などで体調が万全ではない時です。

自分で運転している時は酔わないのに、人の運転だと酔ってしまうのはなぜなのか。たぶん、自分で運転していないと、車が自分の思った通りの挙動をしないからだと思います。

こうなるだろうと思っていること(脳が予測していること)と、実際の体に起こることがズレると酔ってしまうような気がします。加速していると思ったら急にブレーキがかかる。ブレーキがかかったと思ったらまたすぐ加速する。仮にそんな車の助手席に乗っていたら一発でアウトです(苦笑)

でも、自分で運転している時は、自分の体を動かしてブレーキをかけ、自分の体を動かしてアクセルを踏みますから、加速も減速も自分の予想通りにおこります。だから全然酔わないんですね。

じゃあ助手席にのっていても自分が運転している感覚でいればいいんじゃないかと思ってチャレンジしてみたんですが、ブレーキやアクセルのタイミングが人によって違うので、そこのズレでまた酔ってしまうという。結局一番の対処法は十分な睡眠を取って、体調を万全にしておくことだというところに落ち着いています。体が疲れていなくて体調が良いときは、多少荒い運転の車に乗っていても酔いにくいです。

スポンサーリンク

酔わないための対策

車酔いと同じように、睡眠不足による体調不良は3D酔いを起こしやすくなると感じています。睡眠不足で疲れているときはゲームをしない!というのが一つの対策です。また、ゲーム内で視点をいろんな方向に素早く動かしたりすることはできるだけ避ける。体は動いていないと感じていて、そのギャップで具合が悪くなるわけですから、あまりに激しく視線を動かして「激しい動きをしている」と脳に錯覚させたらアウトです。

視線の揺れを防ぐという意味で、マインクラフトの設定で揺れをオフに、さらにキー設定でマウス感度を少し下げるのも効果があるかもしれません。

他には少し離れて画面を見るとかでしょうか。あまりに画面に近いと単純に目にも悪いですし、一定時間経過したら画面から目を話して別のものを見たり、体を動かしたりするのも良さそうです。部屋が暗いと画面に集中しすぎてしまいますから、部屋を明るくしてゲーム画面以外のものも視野に入るようにしていたほうが良いです。そういった点を考えるなら、あまり大きな画面でプレイしないとか、視線を若干下げながらプレイするというのも試してみる価値があるかもしれません。

「慣れ」の要素も大きいようです。車酔いの話で出てきたように「予想外の動き」はヤバイのですが、予め予想出来ていれば問題ありません。マウスをこれだけ動かした時はこれだけ視線が動くとか、ここからジャンプして移動して行ったらこれだけ画面が揺れるとか、そういったことが感覚的にわかるようになってくると、酔いも緩和されてくるかもしれません。

また、画面が急にカクついたりするのも酔いの原因になるので、十分なスペックのパソコンでプレイすること、ビデオ設定の変更等でカクつかないようにすることも大切になってくると思います。私の場合、急に処理が重くなったときの酔い方が半端ないです。キーボードを押しているのに画面が変わらない。FPSがいきなり10とか20とか低い値にまで下がる。そんな状態だと頭痛が生じます(想像しただけで頭が痛い 苦笑)。可能ならば十分なスペックのパソコンでプレイすることも、3D酔いを軽減・改善するために効果があると言えそうです。スペックの低いパソコンでプレイする場合は、ビデオ設定を見直しや軽量化MODを入れて、コマ落ちしないでプレイできるようにすることが必要になってきます。そもそもコマ落ちしていたら、ストレスたまりまくりで満足に遊べないですからね。

追記:最近効果のあった対処法

この記事を書いた頃に比べて、最近ますます3D酔いが強くなってきていましたが、ある方法を試したら症状がかなり軽減できたので紹介します。その方法というのが、「ゲーム画面の周囲も視野に入れる」という方法です。上のほうでも少し書いていますが、あまり画面に近づかないようにして、意識的にゲーム画面の外側まで見えるような距離を保ちながらプレイしたところ、酔わずにプレイすることができました。ゲームに没頭しすぎてしまうとどうしても距離が近づいて、他のものが目に入らなくなります。その状態は3D酔いを起こしやすいです。でも周りが見えている状態なら、「これはゲームだ」と脳が認識してくれるからなのか、酔いません(私の場合、実際は酔うか酔わないかの間にいる感じです)。とても効果があったので、ぜひ試してみてください。

酔ってしまった時の対処方法

まずは酔ったと思ったら画面から視線を外して、錯覚をリセットするように心がけたほうがいいです。実際にそれでリセットできて、一瞬で頭痛が無くなるかどうかはわかりませんが(たぶんそれだけじゃ何も変わらないと思いますが)、酔いって思い込みの部分もかなり大きいらしいので(自分は車に酔いやすいとか3D酔いしやすいとか、そう思っていると酔いやすくなる)、視線を外して壁を見て錯覚をリセットするという行動を繰り返していると、視線を外した時に具合の悪さが緩和されるようになるかもしれません(脳がそう思い込んでくれるかも)。

私の場合、酔ってしまった時は体を動かすようにしています。車酔いで具合が悪くなった時も、運動をしているといつの間にか解消されていることが多いです。部屋の中を歩くとか、ちょっと筋トレしてみるとか。単純な運動でいいので、その運動に没頭できると頭痛がかなり解消されます。外を軽く走ってくるとかもいいですね。

頭痛の原因が、姿勢的なものや体のこわばりなどにある可能性もあるので、運動はそういったところを解消するためにもオススメです。決してキツイ運動をする必要はなくて、気持よく動けるレベルで、しかも長い時間でなくてもいいので、体を動かすということも試してみてください。

スポンサーリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ