深い洞窟の見つけ方!最終手段は地下堀り

今回の記事は洞窟の見つけ方です。そのへんをウロウロしていれば洞窟自体はわりと簡単に見つけられるのですが、深い洞窟となるとなかなか簡単には見つかりません。深い洞窟を見つけるには手当たり次第に洞窟を探検しまくるか、ブランチマイニング的なやり方で深い洞窟を探すのが簡単です。まずは近くに洞穴っぽいところがないか探して、そこに入ってみるといいと思います。浅かったらそこから地下堀りもアリです。

スポンサーリンク

基本的な洞窟の探し方

中央右のあたりに一段下がっている地面があります。この視点からは穴だという確信が持てないですが近づいてみると・・
スクリーンショット-2015-10-06-13.12.37

やっぱり洞窟でした。
スクリーンショット-2015-10-06-13.12.44

という感じで周辺を歩きまわっていると、穴っぽい地形は結構簡単に見つかります。穴があったらとりあえず入ってみましょう。奥深くまで続いていたらラッキー!デカイ渓谷や廃坑などに遭遇できることもあります。

地表付近で探す場合、一番簡単な洞窟の見つけ方は見晴らしがいいところに出て、周りを見渡すという方法です。普通の平地を歩いているときは近くにいかなければ穴に気づけませんが、山の上などに登ると遠くからでも穴があいているのが見えます。高いところに登って回りを見渡してみましょう。高い地形がなければ、自分で土などを積み上げていってもいいですね。

スポンサーリンク

渓谷が見えていることも多々あります。

ひらけたところには渓谷のような地形が出ている場合もあります。
スクリーンショット-2015-10-06-13.10.43

地表に出ている渓谷は深さが浅いのであまり貴重な鉱石はゲットできませんが、渓谷の底からさらに洞窟が深く続いていることがあるので、見つけたらぜひ探検しておきましょう。渓谷の下を探検して行ったら巨大な地下渓谷にたどりついた、なんてこともよくあります。

あとは山の側面にも穴があいていることが多いので、山を見つけたら斜面で穴を探してみてください。山の洞窟ということで深そうなイメージですが、もともと穴が開いている位置が高いので浅いものも結構多く、あまり期待はできないかもしれません。たまーに地下深くまで続いている洞窟に出会えることがあります。

水際にも結構洞窟があるので、海や川にそって探してみるのもいいと思います。たまに見つけることができる海底にあいた穴や、湖の底にあいた穴もなぜか入ってみたくなりますね。

丘の下の洞窟。
スクリーンショット-2015-10-06-13.12.20

海のすぐ近くの洞窟。
スクリーンショット-2015-10-06-13.11.24

こういった洞窟は浅くてすぐ終わってしまうものも多いですが、何個か回っているうちに深い洞窟にあたるはずです。どうしても深い洞窟が見つけられない場合は、次の方法を試しましょう。

デカイ洞窟を求めるのならこの方法が簡単かも

地表に出ている洞窟を探検しているだけでは、鉱石が豊富なデカイ洞窟にあたるのはなかなか難しかったりします。そんなときは地下を掘っていって、ある程度の深さになったら横向きに掘っていくという方法がオススメ。自分が望む深さまで階段堀りで掘り下げていって、そこからまっすぐ横に進めばそのうち洞窟にぶち当たります。そうやってぶち当たる洞窟は規模が大きいことが多く、廃坑などを併せ持っていることもあります。

y=30くらいの高さで地下鉄用の通路を作っていたときに、狭い範囲で地下渓谷に3つあたったことがあります。レールを敷くために渓谷を横切る形で足場を作らなければいけなかったのですが、渓谷内にいたスケルトンに攻撃されて思うようにいかずイライラしたのを今書きながら思い出しました。

地表を探して洞窟を見つけても、その洞窟が深いかどうかはわかりません。だったら初めから地下を掘って探したほうが効率がいいのかもしれないですね。ただしy=10以下の深さは溶岩の海に出くわす確率が高くなるので、掘るのはy=11以上の深さにしておいたほうが良いと思います。

スポンサーリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ