弓の作り方!エンチャントで無限に発射することもできます

遠距離攻撃をしてくる「スケルトン」以外のモンスターは、遠くから弓矢で攻撃すればかなり安全に冒険をすることができます。クリーパーも近づかずに倒すことができるので、爆発によって地形が変わることも避けられます。今回は遠距離からの攻撃用に持っていると便利な弓の作り方と、使い方の紹介です。

スポンサーリンク

弓の作り方

h001

弓は3本の棒と3個の糸から作ることができます。作業台で棒を弓の形に並べて、糸を縦に並べる。左右が反転していてもOKです。

a165

自分で作る他に、村人との取引でも手に入れることができます。

弓を交換してくれるのは矢師の村人です。
2016-08-02_11.49.45

エメラルド2~3個での交換になるので、クモから糸を手に入れてクラフトしたほうが早いですね。

弓の使い方

インベントリに矢が1本以上ある状態で弓を手に持ち、右クリックを長押し後に離すと矢を発射することができます。右クリックをしている長さによって威力が変わり、長く押し続けてから離したほうがより強く発射することができます。右クリックをすると弓を引くのに合わせて画面がズームし始めて、最大限に引いた状態でズームが終わります。その状態がMAXです。

オフハンドにも持つことができます。
2016-08-02_11.50.56

弓はオフハンドにも持つことができて、しかも右クリックで攻撃もできます。メインハンドに剣を持っておけば、遠距離から弓で攻撃しながら、近距離の戦闘では剣を使うという戦い方も可能です。

スポンサーリンク

エンチャントで弓を強化

エンチャントテーブルやエンチャントの本を使えば、弓に追加効果をつけることもできます。

エンチャントについてはこちら
http://n5v.net/enchanting-guide-2893/

耐久力や修繕といったエンチャントもつけることができます。
2016-08-02_11.55.37

ぜひとも弓につけたいのが「無限」のエンチャントです。無限のエンチャントをつけることで矢を消費せずに攻撃し続けることができます。

無限のエンチャントの本は、司書さんが取引してくれます。
2016-08-02_12.31.43

司書さんが持っているエンチャントの本はランダムなので、なかなか無限に巡り会えないかもしれません。もし無限を持っている司書さんを見つけたら、モンスターにやられたり壁に埋まって窒息したりしないように、安全な場所に隔離しておきましょう。

無限のエンチャントがあれば、矢は1本だけあればOKです。
2016-08-02_12.38.57

いくら攻撃しても矢が減らないので、無限に打ち続けることができそうですが、実際には弓に耐久値が設定されているので、同じ弓をずっと使い続けることはできないようになっています。ただ、耐久値の減った弓は修理することで耐久値を復活させることができます。

無限の弓で射た矢。
2016-08-02_12.39.23

ノーマルの弓で射た矢がモンスターなどに当たらずに地面に刺さった場合は、近づくと回収できるようになっています。しかし無限のエンチャントがついた弓で射た矢の場合は、近づいても回収することができません。矢の無限増殖はできないみたいですね。

弓の修理

他の道具と同じで弓にも耐久値が設定されていて、耐久値が無くなると弓が壊れてしまいます。無限や修繕などのエンチャントをつけた弓をそのまま壊してしまうのはもったいない。ということで、耐久値が減ったら弓を修理しましょう。

修理には金床を使います。
2016-08-02_11.59.31

金床の左側のマスに修理したい弓を、右側のマスに合成する弓を置くと、耐久値が合成されて回復します。もし右側のマスに置いた弓にエンチャントがついていれば、そのエンチャントも一緒に合成されるので、射撃ダメージ増加+耐久力+無限+修繕のような強力な弓を作ることも可能です(ただし作るために経験値が大量に必要になります)。

実は作業台でも修理可能です。
2016-08-02_11.57.44

作業台でも耐久値の回復は可能ですが、作業台で修理した場合はついているエンチャントが消えてしまうので注意が必要です。

スポンサーリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ