コンパスの裏技的な使い方!?一度作るだけでOKという噂を検証

コンパスはマインクラフトで方角を知ることができるアイテムです。ただ普通の方位磁石のように東西南北を示してくれるというわけではなくて、ワールド生成時の初期リスポーン地点(スタート地点)を常に指し示してくれるという機能になっています。座標を見ながらプレイするようになってからはあまり使わなくなくなりましたが、まだ座標の見方がわからなかった時には初期リスポーン地点の近くに家を作って、コンパスを頼りに家に帰ったりしていました。今回はコンパスの使い方の紹介です。

スポンサーリンク

コンパスの作り方

作業台の3×3のスペースで作ることができます。

g021

コンパスは鉄インゴット4つとレッドストーンがあれば作ることができます。作業台の中央にレッドストーンを置き、その上下左右に1つずつ鉄インゴットを配置します。

a171

この配置は時計の作り方と一緒です。
時計の作り方!額に入れて壁に飾ると掛け時計にもなります

鉄インゴットもレッドストーンも洞窟探検で比較的簡単に見つけられると思うので、ゲームを開始してすぐにコンパスは作ることができます。ただ、レッドストーン鉱石は石のツルハシで破壊するとアイテム化しないので注意が必要。鉄またはダイヤのツルハシで破壊するようにしましょう。

コンパスの使い方

コンパスは手に持たなくても、ホットバー(画面下のアイテム欄)に入れておくだけで方向を示してくれます。赤い印が出ている方角が、初期リスポーン地点です。一度ベッドで寝ると最後に寝たベッドがリスポーン地点となりますが、コンパスが指し示すのはそのベッドではなく、あくまでゲーム開始時にスポーンした位置です。

コンパスを頼りに行ってみたら、まったく見覚えのないところに・・
2016-07-12_17.05.34

初期スポーン地点を目指して歩いていきましたが、意外と近くで矢印がクルッと反転。拠点のすぐ近くでスポーンしたみたいですが、全く覚えていない景色でした。

仮の拠点でもいいので、初期スポーン地点の近くに家を建築しておくと、コンパスを見ながら帰るときに便利かもしれないですね。

ネザーやジ・エンドでのコンパスの挙動

普通のマップにいるとき、コンパスは初期スポーン地点を指し示してくれますが、ネザーやジ・エンドのような「別世界」に行った時はどうなるのか。試してみました。

2016-07-12_18.56.50

画像では動きを伝えられないですが、コンパスの針はフラフラと左右に動きながら止まることはありませんでした。個人的には針がグルグルと回り続けるようなアニメーションが見たかったです(笑)実際は下半分を左右にフラフラしている感じでした。

スポンサーリンク

統計情報のコンパス

Wikiには、一度コンパスを作ってしまえばあとは持っていなくても統計情報のコンパスのアイコンを確認することで方角がわかるという記述があります。しかしこれは今できなくなっているようです。

新規ワールドを作成して、Escキーから統計情報を開きます。
2016-07-12_17.23.19

上の画像は「アイテム」と書かれたボタンをクリックすると表示できる画面です。ワールド開始直後はボタンが押せないようになっていますが、いくつかアイテムを手に入れると見ることができるようになります。

コンパスを作るとこの統計情報にコンパスのアイコンが表示されて、そのコンパスが方向を指し示してくれるということらしいですが・・

アイテム欄のコンパスが右を向いている状態で統計情報を開くと、
2016-07-12_17.58.55

コンパスの矢印は上を向いたままです。
2016-07-12_17.59.06

バージョン1.8.1でやってみたところ、統計情報のコンパスが手に持ったコンパスと連動していました。最近のバージョンでできなくなったようです。

ということで、コンパスの使い方、作り方についてでした。座標を見ながらプレイするならあまり必要ないアイテムかもしれないですが、座標を見ないというしばりを設けてコンパスを見ながらプレイしてみるのも面白いかもしれません。

スポンサーリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ