剣の作り方!クリティカル攻撃で与えるダメージを増やそう

襲ってくるモンスターたちを倒すために必要な剣。素手だと何度も殴らなければいけない相手でも、剣ならば3、4回の攻撃で倒してしまいます。今回は剣の作り方と、作った剣を強化する方法の紹介です。

スポンサーリンク

剣の作り方

h003

剣は木の棒1つと、素材を2つ組み合わせて作ります。縦に3マス必要になるので、作業台がなければ作れません。

a160

鉄インゴットの他に、木材、丸石、金インゴット、ダイヤモンドも材料として使うことができます。他の道具と同様に、剣は木の剣、石の剣、鉄の剣、金の剣、ダイヤの剣の5種類があり、木=金<石<鉄<ダイヤという感じで攻撃力が高くなっていきます。

h004 h007 h005 h003 h006

金は貴重なわりに攻撃力が高くなく(木の剣と一緒)、耐久力もかなり低いです(耐久力は木の剣よりも低い)。使用するのはほとんどの場合、石の剣、鉄の剣、ダイヤの剣になると思います。

剣はメインハンドに持って使いますが、オフハンドにも持つことができます。
2016-08-01_20.13.20

ただし持つことができるだけで、オフハンドの剣で攻撃することはできません。

スポンサーリンク

攻撃力変動のメーター

剣を持って左クリックすると、カーソルが合っている動物やモンスターを攻撃することができます。一度攻撃すると、カーソル(十字マーク)の下やアイテム欄(ホットバー)の横に剣のマークが出てきて、徐々にメーターがたまっていくアニメーションが表示されます。

クロスヘアでの表示。
2016-08-01_20.03.49

ホットバーでの表示。
2016-08-01_20.05.13

このメーターは攻撃力の変動を表していて、たまりきる前に攻撃すると与えるダメージが少なくなります。連続で何度も攻撃することは可能ですが、連続で左クリックしまくるような攻撃だと一回の攻撃で与えるダメージの量が少なくなって、何度も攻撃しなければいけなくなります。

メーターがたまりきった状態であれば、その武器が本来持っている攻撃力の100%の力でダメージを与えることができます。場合によってはメーターがたまり切る前に攻撃しなければいけないこともありますが、可能な限りたまり切ってから攻撃するようにしましょう。

この表示は、設定→ビデオ設定で変更が可能です。
2016-08-01 20.04.31

クリティカルとスウィープ

攻撃の直前にジャンプして、落ちる途中で斬りつけることができるとクリティカル攻撃となります。

クリティカル攻撃をするとキラキラマークが出ます。
2016-08-01_20.02.47

直前にジャンプするだけでいいので、比較的簡単にダメージ量を増やすことができます。モンスターが近すぎるとジャンプしている途中で攻撃されてしまいますが、少し遠目から一撃目を加える時などは、ジャンプ攻撃をしてみるといいかもしれません。

スニーク移動しているときか立ち止まっているときで、かつ攻撃力変動メーターがフルチャージの状態で攻撃すると、自動的にスウィープ攻撃が発動します。スウィープ攻撃は目の前のモンスターをなぎ払うような攻撃で、一度に複数のモンスターにダメージを与え、若干ノックバックさせることができます。

倒すのが面倒くさい小さいスライムなどは、一蹴することができます。
2016-08-01_20.01.50

スウィープ攻撃は、一度に複数のモンスターにダメージを与えることができるので囲まれた時などには非常に便利ですが、こちらの意思に関係なく勝手に発動してしまうため、ウシやブタを1匹だけ倒したいというときはちょっと不便です。そんなときはジャンプしてから攻撃するか、斧などを使って攻撃するなどすればスウィープ攻撃を発動させずにウシやブタを倒すことができます。

村人を見つけたら取引でダイヤの剣を

最強の剣であるダイヤの剣は、ダイヤを素材にして自分で作る他に、村人との取引でも手に入れることができます。もし村を発見していたら、取引で手に入れたほうが貴重なダイヤを消費せずに済むのでお得です。

ダイヤの剣を取引してくれるのは、黒い前掛けが目印の「武器鍛冶」です。
2016-08-01_20.05.40

エメラルド12~15個くらいで交換してくれます。しかも交換できる剣はすでにエンチャントされている剣なので、自分で作るよりもグレードの高い剣を入手することが可能。冒険がだいぶ楽になります。もし村に武器鍛冶の村人がいなかったら、生まれるまで村人を繁殖させましょう!

スポンサーリンク

One Response to “剣の作り方!クリティカル攻撃で与えるダメージを増やそう”

  1. 白玉 胡桃 より:

    マインクラフトのしかたヲオシエテー

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ