レッドストーンリピーターの使い方!信号の遅延や延長ができます

レッドストーン回路をを作る際に必ずと言っていいほど必要になるレッドストーンリピーター。改めてリピーターについて調べてみたらリピーターのロックなど、知らなかったことがいくつかありました。

スポンサーリンク

リピーターの作り方

c032

レッドストーンリピーターはレッドストーンとレッドストーントーチ、そして石を素材にして作ることができます。

a058

丸石ではなく石であるところに注意。石は丸石をかまどで焼くと作ることができます。

リピーターの設置

リピーターは不透過ブロックの上に設置して使用し、回路につなぐと信号の遅延、延長などをすることができます。リピーターだけを空中に設置することはできません。リピーターを設置したブロックを破壊すると、リピーターも一緒にアイテム化してしまいます。

ドロッパーなどには設置できますが、ガラスブロックには設置できません。
2016-10-05_12-01-58

リピーターが設置された羊毛を破壊すると、リピーターもアイテム化しました。
2016-10-05_12-02-21

使い方1:信号の延長

レバーやボタンなどから発せられた信号は1マス進むごとに弱くなっていき、最大で15マス分しか進みません。しかし途中でリピーターを挟むと信号強度を15に増幅することができて、回路を延長することができます。

レバーからの信号は15マス分進みます。
2016-10-05_12-09-03

これ以上レッドストーンを伸ばすと、信号がピストンまで届かなくなります。

しかし途中でリピーターを挟むことによって、さらに15マス延長可能。
2016-10-05_12-11-35

15マス進んで強度が1になった信号も、リピーターに伝えれば強度15まで回復して発することができます。延長すると信号の伝わるタイミングに若干の遅延が起こってしまいますが、長さだけで言えばリピーターとレッドストーンがたくさんあればいくらでも伸ばしていくことが可能です。

使い方2:信号の遅延

設置したレッドストーンに信号が伝わるときは、動力源がONになった瞬間に回路全体に信号が伝わります。しかし途中にレッドストーンリピーターがあると、リピーターの先へは少し遅れて信号が伝わることになります。

この回路で、レバーをONにしてみます。
2016-10-05_12-42-14

左側のピストンには、0.4秒遅れて信号が伝わります(遅延を最大に設定しています)。
2016-10-05_12-42-29

リピーター無しならこの遅延は起こらないので、レバーをONにした瞬間にどちらのピストンも伸びます。

この遅延は設置されたレッドストーンリピーターを右クリックすることで、0.1~0.4秒の範囲で調整が可能です。(1redstonetick~4redstonetick(レッドストーンティック)の遅延という表現をするようです)

遅延の大きさはリピーター上のトーチで確認することができます。
2016-10-05_12-03-29

左のリピーターは遅延0.1秒(設置しただけで右クリック無し)。その右が遅延0.2秒(右クリック1回)、その右が0.3秒(右クリック2回)、一番右が0.4秒(右クリック3回)です。

リピーターを使ったクロック回路

リピーターを挟むと信号が遅延するという仕組みを利用すると、信号のON、OFFを切り替え続けることができるクロック回路というものを作ることができます。

リピーターを使ったクロック回路。
2016-10-05_12-30-27

ピストンが伸び縮みを繰り返す回路です。ブロックの側面に設置されたレッドストーントーチから出た信号が、レッドストーンを通じてピストンとリピーターに伝わります。リピーターは信号を遅延させますから、リピーターに信号が伝わった瞬間はまだ、リピーターより先の回路には信号が伝わっていません。

上画像では遅延を最大にしていたので、0.4秒遅れてリピーターの先に信号が伝わります。するとレッドストーントーチが設置されているブロックに信号が伝わって、レッドストーントーチがOFFに。ピストンが引っ込みます。

レッドストーントーチがOFFになればリピーターへの入力も無くなり、その先の信号も無くなるので再びレッドストーントーチはONに。その後はON、OFFをずっと繰り返します。

ただし、遅延を0.2秒以上にしないと回路が焼ききれて動かなくなります。しばらく放っておいたら復活しましたが、またすぐに焼き切れてしまいました。

スポンサーリンク

使い方3:方向の限定

リピーターは後ろからしか入力できず、前へしか信号を伝えません。そのため、レッドストーンがつながってほしくない場所と繋がってしまう場合などに、リピーターを設置することで伝えたい方向にだけ信号を伝えることができます。(リピーターを上からよく見ると、方向を表すマークが表示されていることがわかります。設置したときはそれを見て方向が間違っていないか確認しておきましょう)

2つ並べたピストンに信号を送りたい。
2016-10-05_12-16-26

レッドストーンだと勝手に隣のレッドストーンとつながってしまって、ピストンに信号が伝わりません。

そこで、片方をリピーターにします。
2016-10-05_12-16-57

レッドストーンはリピーターの前と後ろにしかつながらないので、リピーターの横のレッドストーンは無事にピストンにつながってくれました。

使い方4:ブロックを動力源に

リピーターを不透過ブロックに向かってつなげるとそのブロックを動力源にすることができ、ブロックからレッドストーンへ動力を伝えることができます。

レッドストーンでブロックに動力を伝えた場合。
2016-10-05_13-01-52

レッドストーンでもブロックに動力を伝えることはできますが、レッドストーンによって動力が伝えられたブロックはレッドストーンへは動力を伝えることができないため、上画像ではブロックの上のピストンだけが伸びています。

リピーターでブロックに動力を伝えた場合。
2016-10-05_13-02-10

リピーターで動力を伝えられたブロックはレッドストーンへ信号を伝えることができるので、ブロックより先のピストンも全て伸ばすことができました。

信号をロックすることができる

リピーターは横からの入力ができないと書きましたが、リピーターを使えば横から信号を入力することができます。横から動力を伝えられたリピーターはロックされて、ON、OFFの切り替えができなくなります。

手前のレバーをONにした状態で、奥のレバーをONにします。
2016-10-05_12-22-36

するとリピーターがロックされました。
2016-10-05_12-22-48

ロックされた状態で手前のレバーをOFFにしても、ピストンは伸びたままです。
2016-10-05_12-23-01

ロックされたリピーターは、ロックされたときの信号の状態を保持したままになるので、動力源がOFFになってもリピーターからは信号が出続けます。

逆にOFFの状態でリピーターをロックすると、いくら信号を入力してもONになりません。
2016-10-05_13-20-28

リピーターのロックは知らなかった機能です。使い道がパッと思い浮かばなかったのですが、少し調べてみたらスイッチを押すたびにON、OFFを切り替えるトグル回路というものを作るときにこの機能を使うようです。まだまだ知らないことがたくさん・・。回路の種類については機会があったらまとめてみたいと思います!

スポンサーリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ