Y=11から高さ3マスでブランチマイニングするとラピスラズリの入手量を増やせるか

Y=11の深さで高さ2マスのブランチマイニングをすることが多いですが、ラピスラズリの頻出高度がY=13~16なので、高さ3マスずつで掘るとラピスラズリの入手量を少し増やすことができそうです。高さ2マスのブランチマイニングで発見できるラピスラズリと、高さ3マスで発見できるラピスラズリの数を比較してみました。

スポンサーリンク

高さ3マス掘ると入手量が増える?

Y=11で高さ2マスのブランチマイニングをすると、地面のブロックがY=10、掘るのがY=11とY=12、天井がY=13のブロックになので、高さ4マス分のブロックを見ることになります。高さ3マスのブランチマイニングをする場合は、Y=10~14の高さ5マス分。それぞれの範囲にどれだけラピスラズリ鉱石が含まれているか、調べてみます。

広さは51マス×51マス。A地点Y=10から高さ4マス分に含まれるラピスラズリ鉱石の数と、A地点Y=10から高さ5マス分に含まれるラピスラズリ鉱石の数を比較しています。10箇所で試しました。地下要塞や溶岩湖などは生成されないように設定しています。

結果はこんな感じ。

地点 4マス 5マス 倍率
A 21 22 1 1.05
B 6 9 3 1.50
C 7 11 4 1.57
D 10 16 6 1.60
E 4 10 6 2.50
F 12 14 2 1.17
G 20 25 5 1.25
H 14 20 6 1.43
I 13 15 2 1.15
J 14 20 6 1.43
平均 12.1 16.2 4.1 1.46

試したすべての場所で、得られるラピスラズリの量は増えています。2ブロック掘るところ3ブロック掘ることになれば1.5倍の手間がかかることになりますが、得られる鉱石の数も今回の実験では1.46倍ということになったので、効率もそう悪くないです。

この数字は4マス分、5マス分の範囲に存在してる鉱石の数を表しているので、実際ブランチマイニングで見つけられる鉱石の数はもう少し多くなるかもしれません(範囲の1マス隣に鉱石が存在していれば)。

スポンサーリンク

ラピスラズリをたくさん入手できる高さ

ただ、効率が悪くないといっても掘る量が1.5倍になっているのに得られる鉱石の数が1.46倍であれば、わざわざ3マスずつ掘る意味がないような気もします。ではラピスラズリだけをターゲットにした場合、どの高さで掘るのが最も効率が良くなるのか。Wikiには鉱石の埋蔵量に関するグラフなどもありましたが、古いバージョンのもののようなので、これを書いている時点での最新バージョンである1.11で実際に埋蔵量を調べてみました。

181×181の広さで、Y=1~30までのそれぞれの層に、どれだけラピスラズリ鉱石が含まれているかという表です。こちらは11箇所で試しました。

階層 A B C D E F G H I J K 合計 割合
30 0 0 0 3 0 0 0 0 0 0 0 3 0.009%
29 0 0 3 3 0 4 0 1 0 0 0 11 0.034%
28 4 1 4 6 1 4 0 4 1 4 0 29 0.089%
27 13 4 4 8 3 5 3 5 7 2 0 54 0.165%
26 13 12 7 6 1 18 10 10 19 2 7 105 0.321%
25 12 8 4 9 9 11 5 8 14 5 15 100 0.305%
24 20 12 10 12 17 22 4 12 7 12 17 145 0.443%
23 11 20 20 20 11 15 5 13 16 25 11 167 0.510%
22 30 20 20 15 21 9 18 18 14 19 27 211 0.644%
21 17 25 18 20 24 10 21 23 14 11 44 227 0.693%
20 15 13 28 21 23 26 32 35 14 20 15 242 0.739%
19 27 14 18 15 24 21 42 31 21 27 16 256 0.781%
18 24 25 28 20 26 26 21 22 33 19 18 262 0.800%
17 32 26 44 28 17 20 34 18 31 17 9 276 0.842%
16 23 35 36 33 28 30 41 33 15 49 19 342 1.044%
15 32 49 30 30 34 34 35 50 27 50 47 418 1.276%
14 35 55 26 53 48 32 30 50 36 35 38 438 1.337%
13 46 48 25 41 51 47 24 42 40 36 61 461 1.407%
12 20 32 41 26 34 51 36 24 48 26 38 376 1.148%
11 28 30 38 40 33 44 43 28 18 14 18 334 1.020%
10 43 33 26 33 20 37 24 17 23 34 32 322 0.983%
9 31 35 41 24 32 32 7 19 26 30 32 309 0.943%
8 15 19 36 24 26 10 23 12 29 26 27 247 0.754%
7 30 9 29 22 18 12 20 6 17 16 27 206 0.629%
6 36 9 17 24 11 32 13 15 16 29 16 218 0.665%
5 18 16 7 24 14 26 20 14 18 24 13 194 0.592%
4 23 17 7 17 11 18 14 20 19 11 12 169 0.516%
3 10 4 5 2 5 4 10 4 5 10 4 63 0.192%
2 3 2 3 1 7 3 5 2 2 5 5 38 0.116%
1 0 0 2 1 1 2 3 2 4 3 3 21 0.064%
0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0

ちなみにこの数字は、一層ずつラピスラズリ鉱石を他のブロックに置き換えるコマンドを入力して、表示された個数を記録したものです。もっと簡単な方法があるのかもしれませんが、地道にカタカタ入力しました。パーセンテージは、その層の全ブロックに対する割合です。

今回の調査ではY=13の高さで最も多く生成されていました。Y=12、Y=14、Y=15も多いので、ラピスラズリだけを狙うのであればY=13と表示される高さに立って、地面がY=12、足の高さがY=13、頭の高さがY=14、天井がY=15という状態でブランチマイニングするのが効率が良さそうです。

結局Y=11で高さ3マス掘る意味は?

高さ2マス分のブランチマイニングでもY=13の高さを確認することができるし、上にも書いたように高さ3マス掘って入手量が増えたとしても掘る量も増えているわけなので、3マス堀りはやってもやらなくてもどちらでもいいという感じでしょうか。狭い範囲でラピスラズリの入手量が増やせれば、拠点から遠くまで行かなくてすむという点がメリットになり得るかもしれません。ただラピスラズリがたくさんほしいのであれば、掘り方を変えるよりも幸運のついたツルハシで破壊することを検討したほうが手軽かも。

スポンサーリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ