マイクラ用PCの推奨スペックを調査!基準となるスコアは?

マインクラフトはPCゲームの中では比較的軽いほうで、設定しだいで古いパソコンでもなんとかプレイできます。しかし設定でどうにかしても「なんとかプレイできる」というだけで、動物や村人を増やすとカクカクしたり、レッドストーン回路をたくさん作るとカクカクしたりと、快適にプレイできるまでにはなりません。それがなかなかイライラするもので、ゲームをしてるのにストレスを感じるなんていったい何をやってるんだということになってしまうわけです。

ちなみに設定についてはコチラで解説しています。
マイクラを軽くするための設定(比較画像付き)

スポンサーリンク

快適なプレイのためにはパソコンの買い換えも考えなければいけません。しかしいったいどの程度のパソコンを買えば快適にプレイできるようになるのかが謎。ということで、マインクラフトをプレイするために必要なスペック(性能)などを調べてみました。

マインクラフトの必要スペック

まずは公式に発表されている、PC版マインクラフトを動かすために必要なパソコンのスペックについて。

必要スペック
CPU Intel Pentium D または Athlon 64(K8) 2.6GHz
RAM 2GB
GPU
(オンボード)
Intel HD Graphics または AMD (formerly ATI) Radeon HD Graphics with OpenGL 2.1
GPU(ビデオカード) Nvidia GeForce 9600 GT または AMD Radeon HD 2400 with OpenGL 3.1
HDD 最低200MBの空き容量
Java Java 6 Release 45

これが必要最低限なスペックということで、これを満たしていればとりあえず動かすことはできるようです。このスペックとは別に「推奨スペック」というものも公表されています。

推奨スペック
CPU Intel Core i3 または AMD Athlon II (K10) 2.8 GHz
RAM 4GB
GPU GeForce 2xx Series または AMD Radeon HD 5xxx Series with OpenGL 3.3
HDD 1GB
Java Java 8の最新版

これを満たしていれば普通にプレイできますよということです。もちろんこれを満たしていなくても快適にプレイできる場合もあるでしょうし、MODなどを入れる場合は推奨スペックを満たしていても快適にプレイできない場合があります。

それぞれの項目は何を表しているのか

CPU、RAM、GPU?パソコンにあまり詳しくない人は何のことかわからないかもしれません。私も少し前まではサッパリでした。それぞれの項目について、簡単に説明していきます。

・CPU
cpu

CPUはパソコンの処理装置です。「脳」に例えられることが多く、CPUの性能が上がれば入力された命令の処理速度が向上します。パソコン用CPUはほとんどがIntel(インテル)製かAMD(エーエムディー)製です。Intelは「インテル、入ってる」のCMでお馴染みですね。

・RAM
ram

RAMはデータの記録や取り出しができる装置で、メモリと言われることが多いです。作業を行う机の広さに例えられることが多く、メモリの量が多くなるとより多くの作業を同時に行うことができるようになります。

・GPU
gpu

GPUは映像の処理を行う装置で、ビデオカードとかグラフィックボード(グラボ)、VGAなどと言われることもあります。CPUが処理したデータを私たちが利用できるように映像化し、モニタに映し出してくれるのがGPUです。GPU単体でパーツになっているもの(グラフィックボード)と、パソコン内の基盤にもともとついているもの(オンボード)があります。

・HDD
HDDはハードディスクのことです。アプリや様々なファイルを保存しておく装置で、本棚などに例えられることが多いです。ゲーム機やテレビの録画機にも使われていますよね。ハードディスクの容量が大きくなれば、より多くのデータを保存しておけるようになります。

・Java
Javaはプログラミング言語の一つですが、ここではJavaで作られたプログラムが動くための動作環境のことを意味しています。マインクラフトはJavaで作られているので、JavaをインストールしていないPC(Javaの動作環境が無いPC)ではプレイすることができません。Javaのインストールはインターネットを通じて無料で行えます。

スポンサーリンク

買うときはCPU、RAM、GPUをチェック

HDD(ハードディスク)についてはあまり深く考えなくても大丈夫です。現在売られているほとんどのパソコンには数百ギガのものがついているので、十分に余裕があります。

RAM(メモリ)は4ギガあれば十分です。ただ、マインクラフトと同時にブラウザを立ち上げたりスカイプなど他のソフトを起動しておいたりするなら、8ギガあると快適かもしれません。

問題はCPUとGPUです。種類が多い上にどれがどういう性能なのかさっぱりわかりません。そこで種類と性能のチェック方法について調べてみました。

CPUのチェック

CPUの種類には次のようなものがあります。

IntelのCPUの種類
Xeon 企業向け
Core i7 ハイエンド
Core i5 一般向け高機能
Core i3 標準的な性能
Core 2 Quad i7以前のモデル
Core 2 Duo i5とQuad以前のモデル
Pentium i3より低機能・低価格
Celeron 廉価版
Atom 機能を抑え省電力
AMDのCPUの種類
Opteron 企業向け
FX 8コアCPU
APU(Fusion) グラフィック統合型
Athlon
Turion モバイル
Phenom
Sempron ローエンド

同じ種類でも世代によって性能は異なり、新しいもののほうが高性能です。インテルのCore i7、Core i5、Core i3は「Core i3-560」などのように三桁の数字がついているものが第1世代で、それ以降は四桁の数字がついています。数字の先頭の数が大きい物ほど世代が新しいです(Core i3-2130よりもCore i3-4370のほうが新しい)。また、○GHzの○の数字が大きいほど高性能です。

CPUの性能比較を、こちらのサイトで見ることができます。
PassMark Software – CPU Benchmark Charts

cpu2

「High End CPU Chart」とか「High to Mid Range CPU Chart」というところをクリックするとスコアの比較が見れます。ノートパソコンの場合は「Laptop/Portable~」というページです。

マインクラフトの推奨CPUはCore i3です。「High to Mid Range CPU Chart」のページにあるCore i3-530のスコアが2588なので、そのあたりが一つの目安になりそうです。

購入予定のパソコンについているCPUの型番をチェックして、CPU Benchmark Chartsで検索(Ctrlキー+Fキーでページ内検索ができます)。スコアが2500以上ならOKですね。

GPUのチェック

GPUはオンボードのものも使えますが、推奨はされていないので、グラフィックボードがついているパソコンを選ぶことになります。まず購入予定のパソコンにグラフィックボードが付いているかどうかをチェックです。

グラフィックボードにはNVIDIA製のGeForceとAMD製のRadeonというものがあり、それぞれで様々なシリーズがあります。

・GeForce

シリーズ名 製品名 年代
900 GeForce GTX 950など 2014年
700 GeForce GTX 750など 2013年
600 GeForce GT 610など 2012年
500 GeForce GT 520など 2010年
400 GeForce GTS 450など 2010年
300 GeForce GT 330Mなど 2009年
200 GeForce GTX 260など 2008年
9 GeForce 9800 GTなど 2008年
8 GeForce 8600 GTなど 2006年
7 GeForce 7800 GSなど 2005年

同じ世代間では数字が大きいほど高性能です(GeForce GTX 770とGeForce GTX 750なら、GoForce GTX 770のほうが高性能)。また付いているアルファベットによっても性能が違っていて、だいたいGTX>GT>GTS>GS>G>記載無し、という感じになっています。

・Radeon

シリーズ名 製品名 年代
R9、R7 Radeon R7 250など 2013年
HD8000 Radeon HD 8570など 2013年
HD7000 Radeon HD 7950など 2011年
HD6000 Radeon HD 6750など 2010年
HD5000 Radeon HD 5850など 2009年
HD4000 Radeon HD 4850など 2008年
HD3000 Radeon HD 3450など 2007年
HD2000 Radeon HD 2400 Proなど 2007年
X1000 Radeon X1300など 2005年

こちらもルールはだいたい同じ。Radeon HD 8990とRadeon HD 8760なら、Radeon HD 8990のほうが高性能です。

GPUの性能比較はこちら。

PassMark Software – Video Card (GPU) Benchmark Charts

「High to Mid Range Video Card Chart」のページを見ると、必要スペックのGeForce 9600 GTのスコアは750です。推奨はGeForce 2xxシリーズで、「High End Video Card Chart」内のGeForce GTX 295のスコアが1037。GeForce GTX260のスコアが1119、GeForce GTX 280のスコアが1196です。スコア1000~1200あたりが一つの目安になると思います。

ただ、GPUはケチらずにいいものにしておいたほうが、あとあと後悔せずにすむかもしれません。MODを入れたりするときは当然もっと高性能なビデオカードが必要になりますし、MODを入れないにしてもGPUに余力があれば負荷の高い設定でもプレイできたりしますから、予算が許すなら一つランクを上げておいたほうがいいでしょう。

それぞれのバランス

CPUがめちゃくちゃ高性能でもGPUの性能が低いと快適にプレイできず、逆にGPUだけが高性能でもCPUがダメだと快適にはなりません。WikiにもCPUとRAMとGPUのバランスが重要だという記載があるので、安いからといってメモリが2ギガしかないパソコンを買ったり、CPUやGPUが古いパソコンを買ったりしないほうがいいです。

また「ゲーム用」として売られていないパソコンは、グラフィックボードがついていないことも多いです。グラフィックボードが搭載されているかどうかをきちんと確認しつつ、搭載されているならその型番は推奨スペック以上の性能を持っているのかどうかを調べたほうがいいでしょう。

MODを入れて遊びたいなら

影MODなど、MODを入れて遊びたいという場合は、Core i5とGeForce GTX 750あたりが快適プレイの目安になるようです。先ほどのサイトで言うとどちらもスコアは3200以上くらい。もちろん入れるMODの種類や画面の大きさなどによって快適度が変わってくると思いますが、Core i5以上のCPU、GeForce GTX 750以上のGPUだと安心できそうです。

影MODを入れるとこうなります↓

一気にリアルな感じになりますね。雲は実物のように見えるし、雨雲も本物みたいです。夜のグロウストーンもめちゃくちゃキレイ。

ということで、推奨スペックと基準のスコアの確認でした。実際にインストールしてみないと快適に動くかどうかはハッキリと断言できないのですが、参考にはできると思います。狙っているPCのCPUやGPUがどの程度の性能なのか、ぜひチェックしてみてください。

スポンサーリンク

One Response to “マイクラ用PCの推奨スペックを調査!基準となるスコアは?”

  1. PCKK より:

    自分は、CPU1.8Ghz、メモリー4GB、インテル グラフィックス HD 4000です。
    CPU以外は、必要スペックです。
    CPUが必要スペック以下ですが、バニラは快適です。軽量化モッドを入れ、設定で軽量化をしています。
    モッドは、60個いれてます。時々重くなります。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ