木材は全6種類!効率のいい採集方法は?

冒険のあらゆる場面で必要になる木材。ドアやフェンスなど、木製の設置物の材料となるのはもちろんのこと、木材そのものを床や壁に使って、木造建築物を作るときにも使われます。今回は、木材の作り方や効率的な採集方法などを確認していきたいと思います。

スポンサーリンク

木材の作り方

木材は原木から作ります。原木1個を作業台に置くだけで4個の木材を作ることが可能です。他の道具と組み合わせたりしなくてもいいので簡単。置くマスは9マスのうちのいずれのマスでもOKです。

木材のレシピ

木材は全部で6種類ありますが、いずれも同じ方法で木材にすることができ、作られる木材のアイテム名は「○○(木の種類)の木材」という形になります。

カーソルを合わせると「アカシアの木材」と表示されます。
2016-02-12_16.43.39-600x337

木材の種類

木材には、原料として使う原木の種類によって、次の6種類があります。

オークの木材の色と使い道

原木 木材
オークの原木 オークの木材

オークの木から作れるのがオークの木材です。オークはいたるところに生えていて、ゲームを始めたらオークの木の前にスポーンしたなんていうことも珍しくありません。それだけマインクラフトの世界ではたくさん生えている木で、特に初期はこの木材を使用することが多くなると思います。

オークの木。草原や山にたくさん生えています。
2016-02-12_16.24.31-600x337

オークの木材の色は明るい茶色というか肌色のような色で、目に優しい感じ。木造建築の壁や床など、基礎素材としてに使われることも多いです。

オークの木材(ハーフブロックとフェンス)で作ったウッドデッキ風のもの。(中央がオーク)
2016-02-12_18.59.54-600x337

オークの木材の使用例。原木を柱にして、床と壁はオークの木材を使用しています。
スクリーンショット-2015-05-10-17.37.35-600x357

シラカバ(白樺)の木材の色と使い道

原木 木材
白樺の原木 シラカバの木材

白樺の木から得られるのがシラカバの木材です。そもそも白樺の木の色が白ですが、木材もオークの木に比べてかなり白っぽく、オークの木材とは全く違った印象を与えます。シラカバもオーク並にたくさん生えているので、スポーンした場所によっては序盤から多用することになる木材です。

白樺の木。白い幹から作られる木材もかなり白っぽくなります。
2016-02-12_16.25.29-600x337

白樺の木材で作ったウッドデッキ。隣のオークと比べるとかなり白いです。
2016-02-12_18.59.43-600x337

かなり色が白いので、遠目で見るとあまり木っぽくはないです。ただ、この明るさは色々と使いドコロがありそうです。

奥の家はシラカバの原木で柱を作り、屋根をシラカバの木の階段で作っています。
スクリーンショット-2015-05-10-23.26.30-600x357

ちなみに上の画像はブタに雷が落ちて、通常世界にゾンビピッグマンが大量発生した瞬間です。思わずスクリーンショットを撮ってしまいました。

マツ(松)の木材の色と使い道

原木 木材
松の原木 マツの木材

松の木から作られるマツの木材。オークに比べると濃い茶色ですが、マツの色が本来の「茶色」に近い色です。オークのほうが白っぽいので、オークが新品の木材でマツが時間が経ったもの、という風に見えなくもない。マツも群生しているので、針葉樹林が見つけられたら狭い範囲で大量に採取することができます。

松林。葉っぱの上ってキノコ生えるんですね。
2016-02-12_16.25.56-600x337

松の木材で作ったウッドデッキ(手前)。左にチラッと見えるオークと比べると濃いですが、普通の茶色という感じです。
2016-02-12_19.00.01-600x337

マツの原木を柱にして、マツの木材を壁に。
2016-02-13_00.31.36-600x337

ドアも松。牢獄の木のドアって感じで特徴的です。屋根はオークの木材で、比べると松のほうがオークよりも少し色が暗いのがわかります。

ダークオークの木材の色と使い道

原木 木材
ダークオークの原木 ダークオークの木材

ダークオークの木から作られる木材で、「ダーク」という名前の通りかなり濃い色です。マツの木材が茶色、オークの木材が薄茶色なら、ダークオークの木材が焦げ茶色という感じ。遠目で見ると「黒い」という印象で、一見「木」なのか他のブロックなのかわからなくなるくらいの色です。濃い色でメリハリをつけることができるので、木造建築でも縁をとったり柱にしたりするのに使われます。

ダークオークの木。幹が太く、植林での大量採取に向いています。
2016-02-12_16.26.33-600x337

ダークオークの木材で作ったウッドデッキ。マツのものよりもかなり濃い色です。
2016-02-12_19.00.19-600x337

柱にダークオークを使用した豆腐ハウス。
2016-02-13_12.42.45-600x337

アカシアの木材の色と使い道

原木 木材
アカシアの原木 アカシアの木材

他の木材よりもかなり赤っぽい色をしているのがアカシアの木材の特徴です。ちょうど赤砂と同じような色で、木造建築に色みを出したい時などに使えます。アカシアはサバンナバイオームに生えています。真っ直ぐではなくて斜めに生えていたりするので切るのが少し面倒くさく、大量採取にはあまり向いていません。

サバンナに生えているアカシアの木。斜めってます。
2016-02-12_16.33.21-600x337

アカシアの木材で作ったウッドデッキ。見るからに赤いです。オレンジ色ですね。
2016-02-12_18.59.34-600x337

マツの木材の一部をアカシアに変えて、床に模様を作成。
2016-02-13_00.50.38-600x337

スポンサーリンク

ジャングルの木材の色と使い道

原木 木材
ジャングルの原木 ジャングルの木材

ジャングルはなかなかレアなので、まだジャングルに遭遇したことが無いという初心者の方は扱ったことがない木材かもしれません。ジャングルの木はアカシアの木を薄くしたような色です。オークよりも赤みがかっていて、こちらのほうが肌色に近いような気もします。人によってはオークよりあたたかみを感じるかも。

ジャングルの木。めちゃくちゃ高くなります。
2016-02-01_16.16.49-600x337

ジャングルの木材で作ったウッドデッキ。色は濃くないですが、赤みがかっています。
2016-02-12_19.46.21-600x337

階段がジャングル、その外側がオーク、その外側がマツです。天井はマツ。
2016-02-13_12.33.25-600x337

全6色の比較

全6色を比べてみるとこんな感じ。
2016-02-12_20.05.03-600x337

シラカバ、オーク、マツ、ダークオークの順に暗くなり、オーク、ジャングル、アカシアの順に赤くなるような感じです。

どの木材でも、1種類だけを使った建築になるとのっぺりした印象になってしまいがちですが、原木を組み合わせるだけで結構いい感じになります。また、別の種類の木材のフェンスを利用するのもオススメ。3色くらい入っていると良さそうです。

オークのみで作った家。ちょっと微妙。
2016-02-13_19.43.31-600x337

マツの原木と、マツの木の階段、ダークオークのフェンスを組み合わせた家。
2016-02-13_19.51.51-600x337

形は全く同じですが、印象は全然違いますね。

木材の効率的な採集方法

何かと必要になる木材。原木から木炭を作って燃料にする場合や、フェンスを作る時などは大量の木材が必要ですから、周りに生えている木を切るだけでは全然足りません。必要な分を効率的に採集するためには、自分で木を育てて切り取る「植林」をする必要があります。ただ植林と言っても何も難しいことは無く、十分な明るさがある場所に苗木を植えれば木に成長してくれますから、シラカバやオークなど苗木が入手しやすい木で挑戦してみるといいと思います。

植林の木の植え方!木材確保に最適な間隔は?

冒険に慣れてきたら、ぜひダークオークの木を探して植林に挑戦してもらいたいです。ダークオークの木は苗木4本を四角く植えると2×2の太さで成長してくれ、一本の木から多くの原木を手に入れることができます。ジャングルの木も2×2の太さに成長しますが、ジャングルよりもダークオークのほうが高さが程よく、切り取るのが楽です。切ったあとに得られる苗木がそれほど多くないので、苗木を回収する仕組みを作る必要がありますが、オークやシラカバで植林するよりもだいぶ楽になります。オススメです。

スポンサーリンク

3 Responses to “木材は全6種類!効率のいい採集方法は?”

  1. 匿名 より:

    ダークオークとアカシアの原木画像が逆な気がするのは気のせい?

    • nishi より:

      >ダークオークとアカシアの原木画像が逆
      気のせいではありません。逆でした・・。
      修正しました!ありがとうございます!

  2. 匿名 より:

    ぶっちゃけ建築勢でなければ、ダークオークの苗木で植林せずとも、ダークオークの森を見つけるだけで原木不足は解決するんだよな・・・
    木こってたら原木がLC単位で集まるし

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ