1.12アップデート詳細!カラフルな新ブロックやオウムが追加

PC版マインクラフトの次期バージョンである1.12は、「World of Color Update」ということでカラフルな色彩ブロックの追加や、羊毛のテクスチャ変更など、色に関係するアップデートがメインになっています。現時点でわかっている追加要素や、前バージョンからの変更点をまとめました。いずれもスナップショットで試している内容で、新しい情報は追記していこうと思います。

スポンサーリンク

コンクリートの追加

全16色のコンクリート(Concrete)ブロックと、コンクリートブロックの原料になるコンクリートパウダー(Concrete Powder)が追加されました。

コンクリートパウダー(上段)とコンクリート(下段)。
コンクリートパウダーとコンクリート

コンクリートパウダーは粉だけあってザラザラした質感。
コンクリートパウダーの表面

コンクリートはよく見ると薄い部分もあったりしますが、ほぼ一色という感じ。
コンクリートの表面

コンクリートパウダーのレシピ。
コンクリートパウダーのレシピ

コンクリートパウダーは砂利と砂を4個ずつと染料でクラフトが可能です。材料を置く位置はどこでもかまいません。材料の砂と砂利の性質を受け継いでいて、設置すると重力の影響を受けて落下します。

コンクリートは、コンクリートパウダーが水に触れることで生成されます。コンクリートは重力の影響を受けないブロックなので、落下途中で水に触れた場合はその場にとどまります。

砂は海に落とすと海底まで沈んでいきますが、コンクリートパウダーは海に1マス浸かったところでコンクリートに変化し、ピタッと止まります。
水面で止まるコンクリートパウダー

彩釉テラコッタの追加

彩釉(さいゆう)テラコッタというブロックが追加されました。

これまでにない特殊な模様がついたブロックです。
彩釉テラコッタ

英語名は、Glazed Terracottaです。GlazedもTerracottaも知らない言葉だったので、グーグルで翻訳してみると・・

Glazed → 施釉、Terracotta → テラコッタ

と、訳しても全く意味がわかりません。調べてみるとテラコッタは装飾用の素焼きの陶器のことで、施釉(せゆう)は、陶磁器などに釉薬(うわぐすり・ゆうやく)を塗って耐水性やツヤを出すことを言うらしいです。釉薬によって模様が付けられた陶器という感じでしょうか。模様は全然陶器っぽくないですね。

4つ上手に並べると、こんな模様を作ることができます。
彩釉テラコッタの模様

4つで一つの模様が描けるように作られています。この模様は大きいので、空から見下ろしたときにキレイに見えそうです。

太陽の絵が書かれています。
太陽の模様

クリーパーの顔が描かれたものや、矢印が書かれたブロックもあります。入手するには、色付きの堅焼き粘土をかまどで精錬すればOK。

堅焼き粘土に色を付けたら、かまどでさらに焼きます。
彩釉テラコッタのレシピ

粘土から二度焼きする感じですね。

イリュージョナー(Illusioner)の追加

イリュージョナーという新しいモンスターが追加されました。幻術使い的な意味でしょうか。

ヴィンディケーターやエヴォーカーと同じような顔で、帽子をかぶっています。
イリュージョナー

イリュージョナーの武器は弓矢。盲目のステータスを付与してきて、暗闇から攻撃してきます。
イリュージョナーの盲目攻撃

こちらの攻撃が当たると、4体に分身します。
イリュージョナーの分身

プレイヤーを盲目状態にすると、すぐに暗闇に身を隠します。動きも速く、攻撃がなかなか当てられません。攻撃があたると見た目が全く同じ分身を3体出して、攻撃してきます(攻撃してくるのは本物だけ)。分身には攻撃が当たらず。かなり手ごわいです。

オウムの追加

友好的なMobのオウム(Parrot)が新しく追加されました。赤色、青色、緑色、水色、灰色の5種類がいて、クッキーで飼いならすことができます。

全種類がそろうと、かなりカラフルです。
オウム

飼いならしたオウムはプレイヤーについてきます。

歩いている状態だと下画像のようにパタパタと飛びながら近づいてきますが、クリエイティブモードで高速飛行したときは、瞬間移動するみたいに一瞬で近くに移動してきます。
プレイヤーについてくるオウム

クッキーを何回か与えるとハートマークが出現し、その場におすわり。
飼いならされたオウム

ハートマークが出たオウムをさらに素手で右クリックすると立たせることができ、立たせたオウムに近づくと肩に乗せることができます。
肩に乗ったオウム

肩に乗ったオウムはジャンプすると振り落とされてしまいます。また、スナップショット17w14aでは、立ち上がらせたオウムに近づいたときにオウムが消えてしまうことがありました。ジャンプするとパタパタとその場に出現したので、肩に乗った状態のものが描写されていなかったのだと思います(17w14aできちんと描写された場合もありました)。

オウムの近くでジュークボックスを鳴らすと、色を変えながら踊りだします。
踊るオウム

近くのMobにまとわりついて、鳴き声を真似するという性質もあります。ジャングルにスポーンするということですが、残念ながら探し回っても見つけられませんでした。スポーンする確率がかなり低いのかもしれません。

スポーンエッグも合わせて追加されています。クリーパーと同じ緑色の卵で、赤い斑点です。
オウムのスポーンエッグ

進捗の追加

実績(Achievements)のシステムが無くなり、代わりに進捗(Advancements)というものが追加されました。仕組みは実績とほとんど同じで、課題をクリアすると次々とさらなる課題が表示されていきます。

ゲームメニュー画面(Escキーを押すと表示される画面)の、実績のボタンがあった場所がAchievementsに変わっています。

クリックするとこの画面。ゲーム開始時は表示なしです。
進捗の画面

There doesn’t seem to be anything here…は、ここには何も無いようですといった意味。:(は顔文字(横向き)です。

作業台をクラフトすると、「Minecraft」というタイトルの進捗(土ブロックのアイコン)が表示され、クリアした印としてオレンジ色になります。続いて、他の課題も表示されます。
Minecraftが開放

課題をクリアすると、画面右上に表示が出ます。
進捗のポップアップ

Minecraftタブの内容を全てクリアした状態。
Minecraft内の全進捗

Mobを倒すとAdventureというタブが追加され、追加された紙のアイコンのタブをクリックすると、また違った内容が表示されます。
Adventureの進捗

このAdvancementsは、JSONファイルを使用してカスタムすることができるようです。JSONファイルってなんなのかまだ良くわかってないですが、Advancementsフォルダの中のJSONファイルの中身を見てみると、アイコンや各進捗のタイトル、クリアの条件などが記載されているようでした。

スポンサーリンク

ゲーム内レシピの追加

ゲーム内でアイテムのレシピが確認できるようになりました。作業台やインベントリを開いたときに、クラフトスペースの近くに緑色の本のアイコンが表示されるようになり、クリックすると、レシピを表示させることができるアイテムが一覧表示されます。

(本をクリックしなければ、レシピを表示させずにこれまでと同じような表示でクラフトすることができます)

インベントリ。
インベントリ内の緑の本

作業台。
作業台の緑の本

本のアイコンをクリックすると左側にウィンドウが表示され、中に表示されているアイテムのレシピを確認することができます。
ゲーム内レシピ

いきなり全てのアイテムのレシピを見ることができるわけではなく、アイテムそのものや、材料となるアイテムを入手したりすると見ることができるようになるようです。

ゲーム開始直後のレシピは空の状態です。
開始直後のゲーム内レシピ

左ウィンドウのアイコンをクリックすると、右のクラフトスペースにレシピが表示されます。アイコンの赤枠は手持ちの材料では作れないということを表していますが、クリックすればレシピだけは表示可能。左側のウインドウ上部の、×印のついた作業台のアイコンをクリックすれば、手持ちの材料でクラフトできるアイテムだけを表示させることもできます。

手持ちの材料でクラフトできる場合は、アイコンをクリックすると材料が勝手にクラフトスペースに移動して便利です。Shiftキーを押しながらクリックすることで全材料をクラフトスペースに移動することができ、一度に大量のアイテムがクラフトできます。

ツールバーが保存できるように

クリエイティブモードで、Ctrlキーと1~9キーのどれかを同時に押すと(Cmd+1~9)、ツールバー(ホットバー)の内容を保存できるようになりました。私は「さっき持ってたアイテムを使いたい!」となることが結構あるので、この機能はなかなか便利そうです。

コントロールキー+1キーを押すと、Item toolbar saved (restore with Shift+1)と表示されます。
ツールバーを保存

数字キーは1~9のいずれかが選べ、全部で9個のツールバーを保存しておけるようになっています。保存してあるツールバーの内容はインベントリの本棚のタブで確認でき、しかも他のセーブデータでも使用することができます。

下のツールバーと同じ内容が保存されています。
クリエイティブインベントリ内に保存されているツールバー

上から順に1キー、2キー、3キー・・となっていて、何も保存されていないところは紙が表示されています。ツールバーを復元するには、Shiftキー+復元したいツールバーの番号(1~9)です。

保存したツールバーを削除するには、空のツールバーで上書きするとのこと。ツールバーのすぐ隣にはオフハンドのマスも表示されますが、オフハンドのアイテムまでは保存されないようでした。

recipe、advancement、gameruleコマンドの追加

次のコマンドが追加されました。

/recipe [player] 指定したレシピを開放またはロックすることができるコマンド。
/advancement [criterion] プレイヤーの進捗を付与・確認したり、取り消すことができるコマンド。
/gamerule doLimitedCrafting trueにすると、レシピが開放されたアイテムしかクラフトできなくなります。デフォルトではfalse。

recipeコマンドでは、*を指定すると全てのレシピを一度に開放、またはロックすることができます。

入力例 /recipe give @p *
全てのレシピを開放

advancementコマンドでは、grantで進捗の付与、revokeで取り消し、testで付与されているかどうかの確認ができます。
進捗のコマンド

↑まだ完了していませんと表示されています。

ナレーター(Narrator)の追加

コントロールキー+Bキーで、ナレーションのオン・オフを切り替えられるようになったみたいです。チャットに入力した文章を読み上げてくれるらしいのですが、私の環境ではうまく機能せず、喋ってもらえませんでした。

NBTタグの追加

新しいNBTタグがいくつか追加されました。

ShoulderEntityLeft
ShoulderEntityRight
プレイヤーの肩にあるエンティティのデータを含むタグ
seenCredits エンドポータルで帰還すると1に変更されるタグ
recipeBook プレイヤーがこれまでに見てきたレシピのリスト(JSON形式)
Recipes 知識の本を使ったときに開放するレシピのリストを含むタグで、このタグが指定されていない知識の本は右クリックしても使うことができない

新Mobオウムや知識の本に関するタグですね。

知識の本の追加

コマンドでのみ入手可能な知識の本(Knowledge Book)が追加されました。

緑色の本です。
知識の本

NBTタグ(Recipes)が付いたこの本を右クリックで使うと、本が消費され、タグで指定されたアイテムのレシピが開放されます。NBTタグのついていない知識の本は、右クリックしても使用できません。

入力例 /give @p knowledge_book

上記コマンドを入力すると、NBTタグ無しの知識の本が手に入ります。

チュートリアルの追加

初めてサバイバルモードでプレイしたときに、画面右上にチュートリアル(ヒント)が表示されるようになりました。

チュートリアル

開始直後は、動き方が表示されています。木にカーソルを合わせると、破壊方法が表示されます。

羊毛の色が鮮やかに

羊毛のテクスチャが変更されて、より鮮やかな色合いになっています。

羊毛ブロックの変化。
羊毛ブロックの色の変化

個人的には以前の色合いも目に優しい感じで好きだったのですが、新しい色もハッキリと見えていいですね。カーペットや旗の色、ヒツジの色も、同じように変更されています。

旗の変化。
旗の色の変化

カラフルさがだいぶ向上しているような印象。並べると、元の色は結構くすんだ感じに見えます。

ヒツジの変化。
ヒツジの色の変化

ヒツジの色も微妙に変化しています。下段のヒツジたちを見比べると、色の違いがわかりやすいです。

シュルカーボックスの変化。
シュルカーボックスの色の変化

シュルカーボックスはかなり鮮やかになった印象です。

ベッドに色が付けられるように

これまでは赤いベッドしか使えませんでしたが、1.12からは全16色のベッドから選んで使用することができるようになりました。

染料と同じだけの種類があります。
ベッド全16色

色付きの羊毛を使ってクラフト。
ベッドのレシピ

色付きの羊毛を材料に使うと、その羊毛と同じ色のベッドを作ることができます。これまでは色の違う羊毛を組み合わせてもベッドをクラフトすることができていましたが、このバージョンからそれができなくなっています。

階段の仕様変更

階段の背面にフェンスやガラスがつながるようになりました。

階段とフェンス

松明も刺すことができるようになっています。これまでのバージョンでは、側面に刺そうとすると地面に刺さってしまっていました。逆さにした階段や、上付きのハーフブロックに雪を置くことができるようにもなっています。

その他の変更点

・作業台にアイテムを置いたままクラフトインターフェイスを閉じたときや、エンチャントテーブルにアイテムを置いたまま閉じたときに、アイテムが放り出されずにインベントリに移動するようになりました。
・エンチャントテーブルやビーコンにカーソルを合わせると、名前が表示されるように。

ビーコンは、ビームの色が少し暗く変更されています。
ビーコンのビームの色の変化

・敵対化していないゾンビピッグマンが近くにいても、ベッドで寝ることができるようになりました。
・マグマブロックについた火が、永遠に燃え続けるようになりました。
・スナップショットに必要なJavaのバージョンが8になりました。

スポンサーリンク

コメントを残す

関連コンテンツ&スポンサーリンク

サブコンテンツ

このページの先頭へ