全自動鶏肉製造機!完全放置でニワトリを鶏肉にできます

ニワトリは周囲の草を刈ることで簡単に手に入る「種」で誘導・繁殖することができ、さらにニワトリから得られる鶏肉は満腹度の回復量も多いので、食料としてかなりオススメです。今回はその鶏肉を全自動で生成するための装置を紹介したいと思います。

スポンサーリンク

全自動鶏肉製造機の仕組み

ニワトリが産む卵は手に持って右クリックすると投げることができて、割れた卵からたまにひな鳥が産まれます。この卵の回収をホッパーで、投げて割るのをディスペンサーで行うようにすると、完全自動でヒナを孵化させることが可能です。ニワトリに卵を産ませて(何もしなくても勝手に産んでくれます)、ホッパーで回収、回収した卵をディスペンサーで発射してひな鳥を孵化させて、成長したら倒して鶏肉へという流れです。

今回作る全自動鶏肉製造機。
2016-09-07_09.20.51

上の層でニワトリに卵を産んでもらい、下の層で孵化・成長させるという感じです。上画像の装置は下の層に比べて上の層を広くしていますが、ホッパーの数が足りなければ上の層を狭くして作ることもできます。

処理・回収層の作り方

鶏肉を格納するチェストを設置して、鶏肉回収用のホッパーをチェストにつなげます。
2016-09-07_08.25.42

今回は高さをおさえるために地面に埋める形で設置していますが、地面に置いて作っても大丈夫です。

ホッパーにハーフブロックで蓋をして、周りをぐるっとブロックで囲みます。
2016-09-07_08.26.35

中が見えたほうがいいと思ったので手前はガラスにしています。ガラスがなければ普通のブロックでも大丈夫ですが、その場合はチェストが開けられなくなるので、チェストの位置をもう1マス分手前に伸ばす必要があります。

後部中央をのぞいて、枠をもう一段積み上げます。
2016-09-07_08.26.56

ここにディスペンサーを設置。
2016-09-07_08.27.08

設置したディスペンサーの前をブロックで塞いでしまいます。
2016-09-07_08.27.14

窒息ダメージを与えるための水を入れます。
2016-09-07_08.27.26

水とハーフブロックの間に高さ0.5の空間ができます。
2016-09-07_08.27.36

ディスペンサーで発射された卵は、ディスペンサーの前のブロックにあたって割れます。生まれてくるヒナはブロックで一瞬窒息ダメージを受けますが、すぐに羽ばたきながらフヨフヨと下に落ちて水とハーフブロックの間に。ヒナ鳥のうちは高さが0.5以下なので生きていられますが、成長すると頭が水につかって窒息ダメージを受け消滅。そのときにドロップする鶏肉と羽を、ハーフブロックの下に設置したホッパーで吸い取り、チェストに格納するという流れです。

スポンサーリンク

飼育層と回路の作り方

ディスペンサーにホッパーをつないで、そのホッパーにつながるように水の上をホッパーで埋めていきます。
2016-09-07_08.28.33

ホッパーを横向きにつなげるには、Shiftキーを押しながらつなげたいホッパーに向かって右クリックです。ホッパーの数が少ない場合は、上画像くらいの大きさで作ってしまうのがいいかもしれません。

ホッパーの数(飼育層の面積)を増やす場合は、先に回路を作ってしまいましょう。

ディスペンサーの後ろ側に、3×3の範囲で土台を作ります。
2016-09-07_08.31.58

レッドストーンコンパレーター、レッドストンリピーター、レッドストーンを下画像のように配置します。
2016-09-07_08.32.25

ディスペンサーの中に卵が入ると、レッドストーンコンパレーターがそれを感知して信号を出します。その信号をディスペンサーに伝えれば、ディスペンサーが中の卵を発射してくれますが、ディスペンサーの中に複数の卵が入ってくるとコンパレーターが信号を出しっぱなしにしてしまって連続発射ができません。そこでON、OFFを切り替えて何度も信号を送ることができるクロック回路を作って卵を連射します。

コンパレーターが発した信号をリピーターで強めて横からコンパレーターに入力することで、コンパレーターの出力をOFFにします。しかしディスペンサーの中には卵があるので、また次の瞬間にはコンパレーターがONに。ONになるとその信号が再び横から入力されてOFFに・・を、ディスペンサーの中に卵があるかぎり繰り返します。それが、上画像でいうと右側のラインです。

左側はディスペンサーへ信号を入力するライン。ディスペンサーの横のブロックにつなげる形になっていますが、これでディスペンサーにも動力が伝わります。信号がディスペンサーに伝わるたびに、一発ずつ卵が発射されていきます。

この回路についてはコチラの記事でも詳しく説明しています。
全自動鶏肉製造機の回路解説!クロック回路を使って連続発射しています

飼育層の壁を2マスの高さで作り、
2016-09-07_08.36.08

内側のこの位置に脱出用のハシゴをつけておきます。
2016-09-07_08.36.30

飼育層は4×7の大きさで作っています。ひな鳥が成長するのに時間がかかるので、まとまった量の鶏肉を手に入れようと思ったら卵を産ませるニワトリも結構な数が必要。このくらいの大きさを確保しておけば食料としてだけでなく取引にも使えるだけの、十分な量の鶏肉が供給されます。

下からも登れるようにハシゴを設置。
2016-09-07_08.36.49

外から見えているホッパーを隠すようにブロックを設置して完成です。
2016-09-07_08.37.41

上の層にニワトリを入れます。
2016-09-07_08.40.38

サバイバルなら卵を飼育層の壁に投げつけてヒナを孵化させ、繁殖で増やしていくことになります。最初は増えるのに時間がかかりますが、ある程度の数になってくるとどんどん増えていくので面白いです。

ニワトリが卵を産むと回路に信号が走って、ポッと卵が発射されます。
2016-09-07_08.38.58

処理層にたまるひな鳥たち。
2016-09-07_08.39.12

飼育層のニワトリはたまに様子を見に行ったほうがいいです。ニワトリが壁際に集まるのでたまに窒息死して、いつの間にか数が減っていることがあります。減ってきたら繁殖させて増やしましょう。

大きさもそこそこ。レッドストーン回路を使うもののシンプル。ということで、意外と簡単に作れる装置です。序盤に作っておくととても便利だと思うので、ぜひ挑戦してみてください。

スポンサーリンク

6 Responses to “全自動鶏肉製造機!完全放置でニワトリを鶏肉にできます”

  1. 匿名 より:

    ニワトリ浮いてホッパー抜けて飼育槽に行って使えませんでした

  2. 匿名 より:

    処理槽のひながジャンプして水に入ってしまいます。
    水に入ったひなはそのまま窒息するので何も得られません(泣)

    全体的に丸石で作ってるのがいけないんですかねー

  3. nishi より:

    >匿名さん
    ヒナがジャンプすることもあるんですね。水を抜けて飼育槽までいくことを防ぎたい場合は、水の上にブロックの層を作るとホッパーの層にいかなくなると思います。

    PC版ですが、水の部分を普通のブロックにしても機能したので、水を通り抜けてしまう場合は試してみるといいかもしれません!

  4. beginner より:

    nishiさん
    私も孵ったヒナが飼育槽に戻り鶏肉ゲットならずでした…(当方peです)
    水の代わりに羊毛フェルトを置いた場合も飼育槽に舞い上がって行きました。
    水の上にブロック設置も試みたのですが、その場合は何故かタマゴから孵らなくなりまして、タマゴはポコポコ割れるばかりです(泣)

  5. もか より:

    記事通りに全てやったのですが、回路もあっていて卵が発射された時に割れるのは見えたのですがその後飼育層にヒナが入っていません(汗)PEでやっているのですがPEには対応しないのでしょうか、、。とても便利な装置なのでぜひ取っておきたいので( ´・ω・` )返信お待ちしております。

  6. nishi より:

    >beginnerさん、もかさん
    このままだとPE版ではうまくいかないみたいですね。雛を孵化させる部分と処理する部分を分けて作るといいのかもしれません。

コメントを残す

関連コンテンツ&スポンサーリンク

サブコンテンツ

このページの先頭へ