ゾンビスポナーでトラップを作ることができるのと同じように、スケルトンスポナーでも経験値トラップを作ることができます。しかもスケルトンの場合は、子供バージョンやチキンジョッキーがスポーンしないためゾンビトラップよりも設備が簡略化でき、さらに経験値も全自動で入手することができます。今回はスケルトンスポナーを使った、全自動経験値トラップの作り方を紹介します。

スポンサーリンク

このトラップは、ゾンビのスポーンブロックを使ったトラップと仕組みがほぼ同じです。先に以下の記事を読んでおくと、理解が深まります。

バージョン1.13以降、アンデッドモンスターは水に沈むようになりました。この仕様変更により、以前のゾンビトラップが機能しなくなっています。そこで今回は、バージョン1.13でもうまく

スケルトントラップの仕組み

スケルトントラップは、ワールド内でたまに生成されている「ダンジョン」内にあるスケルトンスポナー(スケルトンのスポーンブロック)を使用して作る、経験値&骨粉収集トラップです。

完成するとこのようになります。
スケルトントラップの完成形

今回は仕分け機なども接続して、矢と骨粉を別々のチェストに回収できるようにしていますが、必要がなければ省略可能です。

設計図

スケルトントラップの設計図。
スケルトントラップの設計図

スポナーでスポーンしたスケルトンを水流によって一箇所に集め、バブルエレベーターで上に持ち上げます。バージョン1.12.2までは看板と水源を交互に重ねていく水流エレベーターを使っていましたが、バージョン1.13からアンデッドモンスターが水に沈むようになってしまったので、代わりにソウルサンドと水を使ったバブルエレベーターを使っています。

1.12.2までのバージョンなら、下画像の設備でもスケルトンを持ち上げることができます。
水流エレベーター

上に持ち上げたスケルトンは高さ22の位置から落下させて、瀕死のダメージを与えます。ここで普通にプレイヤーが剣で攻撃してもいいですが、今回は自動化するために「オオカミ」に活躍してもらいます。

オオカミで完全自動化

オオカミはスケルトンを見つけると襲いかかる習性があり、飼いならしたオオカミがスケルトンを倒した場合は経験値オーブが出現します(飼いならしていないと出現しません)。この仕組みを利用することで、経験値回収を完全に自動化することが可能です。自動化のために難しいレッドストーン回路なども一切必要ありません。

オオカミは、森林やタイガで発見することができます。
森の中のオオカミ

中立状態のオオカミに骨を与えると懐かせることができます。見つけたら、トラップを作るときのために捕まえておきましょう。

スポンサーリンク

スケルトントラップの建設手順

ではここから、スケルトントラップの建設手順を画像を使って解説していきます。使用している画像はクリエティブモードのものです。地下で発見したスケルトンスポナーを使って、トラップを作っていくことを想定しています。

スポーン部屋の整備

最初にスポナーの周囲を掘り広げ、スケルトンをスポーンさせる部屋を作っていきます。スポーン部屋の大きさは、スケルトンスポナーを中心に9×5×9(x,y,z)です。

スケルトンスポナーから前後左右に4マスずつ掘り広げ、上下も2マスずつ掘ります。
スポーン部屋

上の画像は、高さがわかるようにスポナーの上下のブロックをわざと残してあります。実際に作るときは取り除いてください。

スポナーの上にハーフブロックを置いておくと、スポナーの上にスケルトンがスポーンすることを防げます。
スポナーの上のハーフブロック

部屋の端の床を掘り下げ、水路を作ります。
水路

水流を延長できるように、途中で水路の床を一段下げておきます。
横から見た水路

この水路はスケルトンをバブルエレベーターへ運ぶためのものです。スポーン部屋の床には、水路とは反対側から水路方向に向かって水を流し、スポーンしたスケルトンをこの水路に落とします。水路に落ちたスケルトンは部屋の外へ運ばれ、バブルエレベーターで上に持ち上げられるという流れです。

バブルエレベーター

水路の先にバブルエレベーターを作っていきます。

水路の先を2ブロックの高さで、3ブロック分掘り進めます。
水路の先

掘り進めた先の床にソウルサンドを設置し、1ブロック手前の壁には看板を2つ貼り付けます。
ソウルサンドと看板

看板の上に、フェンスを設置していきます。
看板の上のフェンス

一番下のフェンスを設置したら、フェンスの上にのってジャンプしながら一つずつ設置していくと楽です。フェンスを設置しながら隣のブロック(水を入れる部分)も掘り、上へあがっていきましょう。

最上部はこのような形に掘って、
エレベーター最上部

落下地点の壁には看板を設置しておきます。
落下地点の看板

看板を設置したら、看板の下を掘り下げていきましょう。

22ブロックぶんの高さを掘り下げて、このような形を作ります。
落下地点まで掘り下げた状態

ここまでで、バブルエレベーターで持ち上げて落下させる部分の形は完成です。次は、落下地点の整備です。

落下地点の整備

経験値を回収するだけであれば、攻撃するための隙間をあけつつ落下地点にスケルトンを閉じ込め、オオカミを近くにつれてくれば完成です。

顔の高さをガラスブロックで塞ぎ、下はオオカミが入れるように隙間を作ります。
攻撃するための隙間

画像では落下地点を幅3ブロックで作っていますが、オオカミがいればスケルトンがたくさんたまることはないので、幅は広げなくても大丈夫です。

オオカミを連れてきましょう(稼働時はおすわりを解除します)。
落下地点のオオカミ

オオカミはブロックの向こう側にいるスケルトンにも反応してしまいます。スポーン部屋のほうへいってしまわないよう、一応フェンスにリードでつないでおきましょう。

このやり方ならスケルトンに落下ダメージを与える必要はないのでは?とも思いましたが、オオカミが一撃で倒せるくらいにスケルトンの体力を奪っておかないと、攻撃を受けたスケルトンがオオカミに反撃し始めて、放置している最中にオオカミがやられてしまうことがありました。オオカミが攻撃するための隙間を0.5ブロック分にすればダメージを受けにくくなりますが、落下ダメージがないとスケルトン一体をを倒すのに時間がかかるため、スケルトンがたまっていってしまいます。落下ダメージを与えておいたほうが、トラップの安定性は高いです。

最後に水の設置して、可動できる状態にしていきます。

水の設置

スポーン部屋と水路、バブルエレベーターに水を設置していきます。特にバブルエレベーター部分では間違って落下してしまわないように、注意しながら作業しましょう。

スポーン部屋の奥から、水路に向かって水を流します。壁際の9ブロック全てに水源を設置しましょう。
スポーン部屋の床

広さ9×9の床の1列を水路に使っているので、スポーン部屋の床は9×8になっています。水流が進むのは8ブロック分。壁際から流すと、上画像のようにちょうど水路の手前で途切れます。

水を設置したらこの部屋にはもう入らないので、この時点でスポーン部屋の明かりを取り除いておきましょう。これ以降は、一時的に難易度をピースフルにして作業したほうが安全です。

水路にも水を設置。スポーン部屋の端からソウルサンド方向に水が流れるようにします。
水の流れる水路

ソウルサンドの上に、水を設置していきます。水を置くと泡が発生し、その泡に触れたものは上へ持ち上げられます。
ソウルサンドの上の水

ソウルサンドの上は、1ブロックずつ水を設置していく必要があります。最上部に水源を設置すれば下に水流が降りてきてエレベーター部分が水で満たされますが、立ち上る泡が発生しないためスケルトンが持ち上がりません。

上まで水を設置しました。水入りバケツ23個を持って、泡で上昇しながら水を設置すると早いです。
最上部

エレベーターの最上部では、落とし穴に向かって水を流します。流されないように注意。
最上部の水流

ここまで設置できたら、全自動経験値トラップの完成です。難易度をノーマルにして機能するか確かめましょう。

スケルトンを倒すオオカミ。
スケルトンを倒すオオカミ

25分前後で、経験値レベルが30に到達します。プレイヤーが倒した場合と比べましたが、オオカミが倒したからといって得られる経験値が少なくなるということは無いようです。

スポンサーリンク

アイテム回収のための設備

落下地点にホッパーを設置しておけば、スケルトンが死んだときにドロップする骨粉や矢を回収することができます。しかしスケルトンは弓もドロップするため、普通にチェストにつなげただけだとすぐにチェストがいっぱいになってしまいます。そこで、落下地点にアイテム仕分け機を設置して骨粉と矢だけをチェストに保管し、弓はゴミ箱に捨てるという設備を作ってみました。

アイテム回収用のホッパーとチェスト。この形から改造していきます。
アイテム回収用のホッパーとチェスト

レッドストーン回路がよくわからない場合は、上画像のようにただホッパーとチェストをつなげておくだけでもいいと思います。チェストの容量をこまめにチェックするようにすれば大丈夫です。

アイテム仕分け機の接続

アイテム仕分け機については、以下の記事で詳しく解説しています。仕組みなどはこちらで確認してください。

持ちきれないアイテムはチェストで保管しておくことになりますが、チェスト内のアイテムをキレイに整理するのはなかなか手間がかかります。かといってそのままにしておくと、しだいにチェストの

落下地点のホッパーの下に、仕分け用のホッパーとレッドストーントーチを下画像のように設置します。
仕分け用ホッパーとトーチ

アイテム格納用のチェストを設置。一番下のホッパーがつながっています。片方が骨粉、もう片方が矢を入れるチェストです。
格納用チェスト

レッドストーントーチの裏側に、リピーターとレッドストーンを下画像のように設置します(リピーターはレッドストーントーチのほうに向けます)。
リピーターとレッドストーン

リピーターの上と、その隣(一番下のホッパーの隣)にブロックを設置し、その上にコンパレーターとレッドストーンを下画像のように設置します。
コンパレーターとレッドストーン

下から2段目のホッパーには、仕分けたいアイテムを下画像のように入れておきます。
仕分けアイテム

骨を仕分けるホッパーには骨を左のマスから18個、1個、1個、1個、1個と入れ、矢を仕分けるホッパーには矢を18個、1個、1個、1個、1個と入れます。

これで、仕分け部分は完成です。

ゴミ箱の設置

仕分けされないアイテム(耐久度の減った弓)は、ゴミ箱で処理します。

最上段のホッパーの先に、下向きのドロッパーを設置。その下にはサボテンを置きます。
ドロッパーとサボテン

サボテンの下は砂ブロックです。サボテンは前後左右がブロックで埋まっていると設置できないので、あからじめ取り除いておきましょう。

レッドストーン回路を、下画像のように作ります。
レッドストーン回路

この回路は、全自動鶏肉製造機で使っているのと同じクロック回路です。

鶏肉は満腹度の回復量が多く、ニワトリの繁殖も簡単(周囲の草を刈ることで手に入る「種」で誘導・繁殖が可能)なので、序盤の食料としてかなりオススメです。しかも、レッドストーン回路を使え

余計な穴を塞いだら、装置の増設は完了です。
装置の完成

ホッパーのくぼみに経験値オーブがはまってしまうことがあったので、落下地点のホッパーの上はハーフブロックで塞いでおいたほうが良さそうです。
設置されたハーフブロック

経験値レベルが30に達するくらいには、3スタック程度の骨粉と矢が手に入ります。
入手できる骨粉の量

ということで、スケルトントラップ(全自動経験値トラップ)の作り方の紹介でした。エンチャント付きの装備を作るためには、大量の経験値が必要になります。それが完全放置で手に入るというのは大きいです。スケルトンスポナーを見つけたら、ぜひ作ってみてください!