データのバックアップにDropbox!無料で容量を増やす7つの方法

無料で使えるのにとても便利なクラウドストレージサービス、Dropbox。マイクラのバックアップや、デスクトップPCとノートPCのデータの同期にも使えます。

私も一度全データの消去という痛い目にあっているので、マイクラのデータはDropboxに入れています。普段はデスクトップPCでプレイしていますが、ノートPCでマイクラをしたいなんて時にもこのデータは使え、デスクトップでプレイした続きをノートでプレイする、ノートでプレイした続きをデスクトップでプレイするということがなんの手間も無く簡単にできるので非常に便利です。

→自動でセーブデータのバックアップ!ノートPCと同期できます

スポンサーリンク

ドロップボックスの基本的な使い方

Dropboxというのは、指定したフォルダにあるファイルを様々なデバイスで同期してくれるという素敵なソフトです。例えば、PCとスマホとタブレットにそれぞれDropboxをインストールしておくと、共有フォルダ内にあるファイルがPC、スマホ、タブレットで勝手に同期されます。

PCで編集作業していたファイルをドロップボックスに保存。その後出かけた先で、ちょっと空き時間ができて作業したくなった。そんなときに、ノートPCやタブレットでドロップボックス内のファイルにアクセスし、先ほどの作業の続きから編集作業を続ける。編集が終わったらまたドロップボックス内に保存。するとPCにもファイルが同期されるので、帰宅してから編集後のファイルでさらに作業が進められる。

もちろん、手動でPCからノートPC、タブレットにファイルをコピーして、それを再びPCにコピーすれば同じことができますが、それが結構な手間だということを、Dropboxを使うようになってから実感しました。Dropboxはこちらが何もしなくても勝手に同期してくれているのでめちゃくちゃ楽です。

スマホのカメラで撮った写真を自動的にアップロードすることも可能で、この機能もよく使っています。「使っている」というか、ドロップボックスが勝手にアップロードしてくれているんですけどね。スマホからPCへいちいちコピーしなくても、スマホがWifi環境になった時に自動でアップロードしてくれるので、PCを立ち上げればスマホで撮った写真がそのまま編集可能になるという。かなり便利です。

ただ、無料会員だと容量が少ない

そんな素晴らしいサービスのドロップボックスですが、無料会員だと2ギガの容量しか使えません。扱うのがテキストファイルだけだったら2ギガあれば十分ですが、写真やちょっとした動画を扱うとなるとすぐに容量が一杯になってしまいます。マイクラのデータも結構サイズが大きくて、私の場合は800Mくらいありましたから、それだけでもう半分くらい埋まってしまうわけです。

しかし、4GBまでなら誰でも簡単に、裏ワザ的な要素を一切使うこと無く、容量を増やすことが可能です(昔はもっと増やせたみたいです)。その方法を紹介します。時間が経つとできなくなるものもあるので、ぜひすぐに挑戦してみてください。

無料で容量を増やす7つの作業

1.紹介リンクからの登録
2.スタートガイド(チュートリアル)を完了する
3.Facebookとリンクする
4.Twitterとリンク&フォローする
5.フィードバックを送信する
6.Mailboxをダウンロード、ログインする
7.ドロップボックスを紹介する

容量を増やす方法は上記のとおりです。順に見ていってみましょう。

1.紹介リンクからの登録

普通に登録すると容量は2GBになりますが、誰かの紹介リンクから登録するとそれだけで500MBの容量が追加されます。普通に登録しても紹介リンクで登録しても登録の手間は変わりませんから、どうせ登録するのならプラス500MBもらえる紹介リンクから登録しておきましょう。私の紹介リンクをのせておきますので、もしよかったら使ってください。

→ 紹介リンク

すでに登録してしまっている場合は、アカウントを削除してから紹介リンクを使って再登録すると+500MBもらえるかもしれません(そんな記事を見かけたような気がします)。新しいアドレスで登録してみるといいかもしれないですね。

次からの作業に関しては、ドロップボックスにログインしたあと次のページにアクセスすると、一覧で見ることができます。

容量を獲得するには – Dropbox

このページは、無料で容量を増やすためにやる作業が一覧になっています。それぞれの作業をクリアすると容量が追加され、この一覧ページからも一個ずつ消えていきます。

全て終わるとこんな感じに。容量を増やす手立てはもう3つしか残っていません。
12-600x357

この状態になれば、容量は4GB程度にアップしています。

スポンサーリンク

2.スタートガイド(チュートリアル)を完了する

ドロップボックスが用意しているチュートリアルを消化することで容量を増やせます。ドロップボックスへの理解を深められると同時に容量を増やすことができるので、登録後すぐにやっておきましょう。

・Dropboxツアーを開始
・コンピュータにDropboxをインストール
・Dropboxフォルダにファイルを保存
・お使いの他のコンピュータにDropboxをインストール
・友人や同僚とフォルダを共有
・Dropboxに友人を招待
・モバイルデバイスにDropboxをインストール

この7個のうち5個クリアすればOKです。Dropboxツアーは何枚かスライドを見るだけなので簡単にクリアできます。パソコンにインストールも、PCがあればすぐできますね。Dropboxフォルダにファイルを保存は、ドロップボックスのフォルダに適当なファイルを入れればOKだし、モバイルデバイスにインストールもスマホやタブレットにアプリをインストールしてログインすれば簡単に達成できます。

これで4つ。あとは簡単そうなのは友人や同僚とフォルダ共有ですね。ドロップボックスの中に適当なフォルダを作って、右クリックして「このフォルダを共有」を選択。共有メンバー招待画面で、適当なメールアドレスを入力。最後に「フォルダを共有」をクリックするとクリアできます。

これで250MBゲットです。

3.Facebookとリンクする

Facebookアカウントとリンクすると125MBもらえます。

リンクは数クリックで終了します。「Facebookアカウントとリンクする」をクリックすると、「○○(Facebookの名前)としてログイン」が出てくるので、OKをクリック。Dropboxがあなたの代わりに投稿する許可を求めていますという表示が出るので、公開したくない場合は「自分のみ」を選択して、OKをクリック。これで完了です。

ちなみにリンクの解除はアカウントページからいつでも可能です。容量が増えたあとすぐにリンクを解除しても、一度増えた容量は減りません。

4.Twitterとリンク&フォローする

こちらもFacebookと同じ感じで数クリックで終了します。Twitterとリンクすると+125MB、DropboxのTwitterをフォローすると+125MBです。こちらもアカウントページからいつでもリンクの解除が可能です。

5.フィードバックを送信する

ドロップボックスにフィードバックを送ると125MBもらえます。内容はなんでも構わないですし、ほんの一言でも大丈夫です。私は「安定してるし使いやすくて素敵です」的な内容を送りました。

6.Mailboxをダウンロード、ログインする

Mailboxというアプリをインストールし、ログインするとなんと1GBもの容量が貰えます。ただMailboxのサービスはすでに終了することが決まっていて、Mailboxのサイトには「Saying goodbye」と表示されています。おそらく近日中にこの容量アップのサービスはなくなると思うので、早めにやっておきましょう。

※少し前ならCarouselというアプリも、同じようにダウンロードしてログインすると3GBの容量がもらえたみたいですが、現在はインストールまではできるもののログインできなくなっています。Mailboxも同じような状況になることが考えられるので、早めに追加容量をもらっておくようにしましょう。

13-600x473

まだアプリのダウンロードとログインは可能なので、Google PlayストアなどでMailboxを検索して、インストールしてください。Mailboxでログインしてからドロップボックスの容量を確認すると、1GB増えています。アプリをアンインストールしても、一度増えた容量はなくなりません。

7.ドロップボックスを紹介する

ドロップボックスを紹介し、紹介された人がデスクトップ用のアプリをインストールしてアカウントを作成すると、1人につき500MB、最大で16GBまで追加容量がもらえます。紹介された人も最初から+500MBでアカウントが作れるというメリットがあるので、紹介しやすいですね。

少なくとも2.25GBの容量追加が自分一人で&無料でできる

紹介をのぞいた作業だけでも

・紹介リンクから登録 +500MB
・スタートガイド、FACEBOOK、Twitterとリンク +500MB
・Twitterフォロー、フィードバック +250MB
・Mailboxインストール +1GB

で、2.25GBの容量を追加することができます。2GBから4GBに増えるだけでもDropboxライフがかなり快適になります。全て無料でできますし、もう少しで終わってしまいそうなものもありますから、ぜひ早めに挑戦してみてください。

→ Dropbox

スポンサーリンク

コメントは受け付けていません。

関連コンテンツ&スポンサーリンク

サブコンテンツ

このページの先頭へ