全16色の染料の作り方一覧!ヒツジやガラスを好きな色に

マインクラフトには染料というアイテムがあって、それを使うと一部のアイテムを好きな色に染めることができます。設置するブロックにカラーバリエーションが増えると、建築の幅も広がるので、ぜひ活用していきたいアイテムです。今回はマイクラの世界に存在する染料の種類と、染めることができるブロックやアイテムについて見ていきたいと思います。

スポンサーリンク

全16色の入手方法・作り方一覧

作り出せる染料は、赤色、橙色、黄色、黄緑色、緑色、水色、青色、空色、紫色、赤紫色、桃色、白色、薄灰色、灰色、黒色、茶色の16種類です。それぞれの色で作り方が異なっていて、大きく分けて2つのパターンがあります。

1.花などから抽出する
2.染料を調合して作る

花などから抽出する場合は、作業台の上にアイテムを置くだけで染料にすることができます。植物からだけでなく、ビートルートからも赤の染料が抽出できます。サボテンだけはかまどを使用するので注意が必要です。

染料を調合する場合は、作業台に混ぜたい染料を置くことで別の色を作ることができます。このとき、どのマスにどの順番で材料を置いても大丈夫です。ただし一部の組み合わせでは、同じ色でも2つの枠に分けて置く必要があるので注意が必要です(例えば白+白+黒など)。

黒色(ブラック)



イカスミ

イカスミ(そのまま染料として使用可能です)

赤色(レッド)



赤色の染料のレシピ

ポピー、赤色のチューリップ、バラの低木(2つ作成可能)、ビートルート

緑色(グリーン)



緑色の染料のレシピ

サボテン(かまどで焼くと染料になります)

茶色(ブラウン)



カカオ豆

カカオ豆(そのまま染料として使用可能です)

青色(ブルー)



ラピスラズリ

ラピスラズリ(そのまま染料として使用可能です)

紫色(パープル)



紫色の染料のレシピ

赤色の染料+ラピスラズリ          

水色(シアン)



水色の染料のレシピ

緑色の染料+ラピスラズリ          

薄灰色(ライトグレー)



薄灰色の染料のレシピ

ヒナソウ、フランスギク、白色のチューリップ、灰色の染料+骨粉、イカスミ+骨粉+骨粉

灰色(グレー)



灰色の染料のレシピ

イカスミ+骨粉              

桃色(ピンク)



桃色の染料のレシピ

桃色のチューリップ、ボタン、赤色の染料+骨粉

黄緑色(ライム)



黄緑色の染料のレシピ

緑色の染料+骨粉             

黄色(イエロー)



黄色の染料のレシピ

タンポポ、ヒマワリ            

空色(ライトブルー)



空色の染料のレシピ

ヒスイラン、ラピスラズリ+骨粉     

赤紫色(マゼンタ)



赤紫色の染料のレシピ

アリウム(レンゲソウ)、ライラック、紫色の染料+桃色の染料(赤+赤+青+白でも可)

橙色(オレンジ)



橙色の染料のレシピ

橙色のチューリップ、赤色の染料+黄色の染料

白色(ホワイト)



白色の染料のレシピ

骨粉(そのまま染料として使用可能です) 

植物系の材料は周囲を探索していると見つけることができます。ヒマワリやヒナソウは草原でよく見かけるし、森林の中にはバラの低木が群生していることもあります。サボテンは砂漠に生えているし、ヒスイランは湿地帯でよく見かけます。骨はスケルトンを倒すと手に入ります。ラピスラズリは洞窟を探検して手に入れましょう。

染めることができるアイテムなど

染めることができるアイテムは、羊毛、テラコッタ(堅焼き粘土)、ガラス、革防具、羊、オオカミの首輪です。

色付き羊毛の作り方

作業台に染料と白の羊毛を1つずつ置くと、置いた羊毛を染料の色で染めることができます。
橙色

クラフトによって作った色付きの羊毛は、一度染めると他の色に染め直すことができません。他の色がほしい場合はもう一度白い羊毛を用意して、染料で染める必要があります。

羊毛を染めることで非常にカラフルなブロックを使うことができます。
2016-02-05_02.02.38-600x337

色付きガラス・色付きテラコッタの作り方

テラコッタ(堅焼き粘土)とガラスに色をつけたいときは、作業台の中央に染料を置き、その周りをテラコッタまたはガラスで囲みます。

テラコッタは羊毛よりも少し暗めの色に染まります。
色付きテラコッタの作り方

ガラスは透明なのでそれほどハッキリ色は出ません。
色付きガラスの作り方

透き通っているので、うまく利用するとスケルトン仕様のかっこいい建築物が作れそうです。
2016-02-05_02.07.58-600x337

羊毛はかなり鮮やかに染まっていましたが、こちらは落ち着いた色に染まります。
2016-02-05_02.11.00-600x337

羊の色も変えられます

羊毛を染色できたのと同じように、羊そのものも染料で染めて色を変えることができます。赤、青、緑、黄、茶、黒、白、橙、黄緑、水、空、桃、紫、赤紫、灰、薄灰の全16色。染料の数だけ色を変えることができます。

手に持った染料を右クリックで羊に塗りこむと、毛の色がカラフルに変わります。
2016-02-05_01.52.26-600x337

ハサミでこの羊の毛を刈ると、染色された状態の羊毛を手に入れることができます。毛を刈られた羊はしばらくすると草を食べて毛を復活させるので、いくらでも色付きの羊毛を手に入れることができます。また羊は何度でも染め直すことが可能です。全種類揃えるのもいいし、飽きたら色を変えてやるのもいいでしょう。

色のついた羊を繁殖させると、同色で繁殖させた場合は同色の羊が、違う色の羊で繁殖させた場合は混ざった色の羊が生まれます。

例えば緑と白の羊を繁殖させると・・
2016-02-05_04.12.25-600x337

黄緑色の羊が生まれます。
2016-02-05_04.12.26-600x337

調合の組み合わせがない色同士で繁殖させた場合は、どちらかの色が生まれます。

黄緑と空色だと・・
2016-02-05_04.13.53-600x337

空色が生まれました。
2016-02-05_04.14.02-600x337

スポンサーリンク

狼の首輪の色を変えることもできます

羊を染めるやり方と同じやり方で、狼の首輪の色も変えることができます。
2016-02-05_01.58.14-600x337

色がつく面積が小さいので、羊ほど目立たないですね。

革の防具を好きな色に染めることができます

革の防具と染料をクラフトすると、革の防具を好きな色に染めることができます。

元の色は濃い茶色でしたが、鮮やかに染まります。
革のぼうしを染色

染料は8色まで同時に使うことができるので、かなりのバリエーションがあります。
革のブーツの色を変える

フル装備してみました。
2016-02-05_04.24.49-600x337

革の防具は防御力があまり高くないので冒険には向きませんが、色を変えると自分だけのオリジナル装備という感じがしていいですね。遠出しないときなんかはこういう格好で過ごしていてもいいかもしれません。

一度染めた革装備は、大釜で洗うことができます。

色のついた防具を手に持って、大釜に向かって右クリック。
2016-02-05_04.27.26-600x337

すると元の茶色に戻すことができます。(大釜の水は減ります)
2016-02-05_04.27.44-600x337

花火もいろいろな色に変化させることができます

花火は火薬と染料を使って作りますが、染料を複数入れると花火の光の色を変えることができます。

四色入れると四色の花火ができあがります。
2016-02-05_04.40.59-600x337

打ち上げると、入れた染料と同じ光の花火になります。
2016-02-05_04.42.19-600x337

ということで、全16種類の染料の紹介でした。カラフルな羊たちも見ていて楽しいですが、個人的には革装備を染められるというのがいいなと思いました。上着は全部染まっちゃうけど、他の装備は染めても一部茶色が残るんですよね。そのおかげで装備が二色になってなんかいい感じです。これで防御力も高ければ最高なんですが、まぁ革なので仕方がないですね。

スポンサーリンク

2 Responses to “全16色の染料の作り方一覧!ヒツジやガラスを好きな色に”

  1. せな より:

    勉強に、なった!

  2. りゅうせい より:

    魚1000000000000000こてにいれた

コメントを残す

関連コンテンツ&スポンサーリンク

サブコンテンツ

このページの先頭へ