マインクラフトで最も攻撃力の高い剣はダイヤの剣ですが、そのダイヤの剣でもゾンビを倒すためには3回の攻撃が必要です。しかし、エンチャントを活用することでゾンビを一撃で倒すことができるようになります。今回はエンチャントのやり方や全エンチャントの効果など、エンチャントに関する情報を徹底的に解説したいと思います。

スポンサーリンク

エンチャントとは何か

エンチャントというのは簡単に言うと、装備や道具をパワーアップすることができる仕組みのことです。例えば、剣で与えるダメージを多くしたり、ツルハシで掘る早さを早くしたり、防具で受けるダメージを軽減したりすることができます。また、水中で長く息が続くようになるエンチャントや、海面を凍らせて上を歩くことができるエンチャントなどもあります。

エンチャントされたアイテムはキラキラと光ります。下画像の右手に持っているのがエンチャントされた鉄の剣、左手は普通の鉄の剣です。
エンチャントされた鉄の剣と普通の鉄の剣

アイテムにエンチャントをつけるには、2つの方法があります。一つはエンチャントテーブルを使う方法、そしてもう一つはエンチャントの本とアイテムを金床で合成する方法です。エンチャントテーブルでのエンチャントにはラピスラズリと経験値が、金床を使うやり方にはエンチャントの本と経験値が必要です。どちらの方法でも、エンチャントするときに経験値レベルを消費するので、モンスタートラップなどでためておきましょう。

エンチャントテーブルでエンチャントする方法

エンチャントテーブルというアイテムを使用することで、装備や道具、本などにエンチャントをつけることが可能です。低ランクのエンチャントなら少ない消費経験値でおこなえるので、とりあえず武器や道具を強化したいというときには使えます。ただし、どのエンチャントが出現するかはランダムで、特定のエンチャントをつけたい場合は手間がかかります。

エンチャントテーブルの作り方

エンチャントテーブルは作業台でクラフトすることができます。材料は黒曜石4つとダイヤモンド2つ、そして本が一冊です。

エンチャントテーブルのレシピ。
エンチャントテーブルのレシピ

黒曜石は、溶岩と水を触れさせると生成することができます。洞窟内のマグマや、地表近くにあるマグマの湖を使って作っておきましょう。クラフトのために黒曜石をアイテムとして入手する必要があるので、ダイヤのツルハシも作らなければいけません。ダイヤモンドはエンチャントテーブルの材料としても使うので、Y=11前後の高度でブランチマイニングをしてダイヤを集めておきましょう。エンチャントするときに消費するラピスラズリも集められて、一石二鳥です。

本は、革と紙からクラフトすることができます。革はウシを倒して、紙はサトウキビからクラフトして手に入れておきましょう。

本のレシピ。
本のレシピ

エンチャントテーブルの使い方

設置されたエンチャントテーブルを右クリックすると、下のような画面が表示されます。
エンチャントテーブルのウインドウ

左側にはアイテムを入れることができるマスが、2つ用意されています。上画像1のマスにはエンチャントしたいアイテムを、2のマスにはラピスラズリをセットします。3の欄は、付与されるエンチャントが表示される場所です。

アイテムをセットしてエンチャントを確認したら、ラピスラズリをセットしましょう。
ラピスラズリをセット

エンチャントしたいアイテムをセットした時点で、3の欄に付与されるエンチャントが表示されます。その時点ではまだ3の欄は暗いままですが、マウスカーソルを合わせればエンチャント名を確認可能です。

ラピスラズリを置いてからエンチャントが表示されている部分をクリックすると、その瞬間に経験値とラピスラズリが消費されてアイテムがエンチャントされます。運が良ければ複数の効果が付くことも。エンチャントされたアイテムはインベントリやアイテムスロットでキラキラ光るようになり、エンチャントテーブルでは追加のエンチャントができなくなります(同じアイテムに複数のエンチャントをつけたいときは、後述する金床による合成を利用します)。

消費経験値量とラピスラズリ

エンチャントテーブルによるエンチャントは、ラピスラズリと経験値を消費します。それぞれの消費量は、エンチャントの画面で確認することができます。

経験値とラピスラズリの消費量

画面中央付近にある経験値オーブが、エンチャントレベルを表しています。レベルには1、2、3があり、1よりも2、2よりも3の欄ほうがより高ランクのエンチャントが表示されやすくなっています。

このエンチャントレベルの数字がそのまま、エンチャントしたときに消費される経験値とラピスラズリを表しています。例えばエンチャントレベル3のエンチャントをするなら、経験値レベル3とラピスラズリ3つを消費することになります。この数値は付与されるエンチャントの種類によって変わることはなく、常に一定です。

エンチャント名の右側にも、緑色の数字が表示されています。この数値は、そのエンチャントを実行するためにたまっていなければいけない経験値レベルを表しています。上の画像で言うと、エンチャントレベル3のエンチャントをするためには、レベル30まで経験値がたまっていなければいけません。この数値は付与されるエンチャントの種類によって変わり、高ランクのエンチャントほど必要経験値レベルが多くなります。

捨てエンチャント

エンチャントテーブルに表示されるエンチャントはランダムに決定され、一度表示されたエンチャントは実際にエンチャントを行うまで変更されません。アイテムを一度エンチャントテーブルから外したとしても、再度置いたときには同じものが表示されます。エンチャントテーブルを破壊後に再設置しても同じです。

もしアイテムを置いたときにほしいエンチャントが表示されなかったら、他のアイテムをエンチャントして表示されるエンチャントを変更しましょう。これを、「捨てエンチャント」と言います。一度エンチャントしたアイテムは二度とエンチャントテーブルでエンチャントできないので、捨てエンチャントには木の剣などのいらないアイテムを使うといいでしょう。

どのエンチャントがどれだけの割合で付くのかは、以下の記事が参考になります。

より強力なエンチャントをつける方法

エンチャントテーブルの周りに「本棚」を設置すると、より高ランクのエンチャントを付与できるようになります。

本棚のレシピ。
本棚のレシピ

本棚はエンチャントテーブルから1ブロック離れていなければならず、かつエンチャントテーブルと同じか1段上の高さである必要があります。また、本棚とエンチャントテーブルとの間に他の設置物があると、本棚によるエンチャント強化の効果を得ることができません。

それを踏まえると、下画像のような設置方法が考えられます。
15個の本棚

この形でちょうど15個です。本棚とテーブルの間に松明をおけば、出てくるエンチャントのレベル(強さ)もある程度コントロール可能です。

二段重ねなら、このような形。
二段重ねの本棚

重ねておく方法だと、設置スペースをかなり節約することができます。

設置する本棚の数が少ないと、低ランクのエンチャントでもより多くの経験値が必要になる場合があります。基本的には15個並べて使うのがいいでしょう。

本棚の数と出てくるエンチャント

本棚の数によって出てくるエンチャントがどう変化するのか調べてみました。

本棚の数 レベル エンチャント 必要経験値
0 1 アンデッド特効Ⅰ 1
2 ダメージ増加Ⅰ 5
3 ノックバックⅠ 6
1 1 アンデッド特効Ⅰ 1
2 ダメージ増加Ⅱ 6
3 ノックバックⅠ 6
2 1 アンデッド特効Ⅰ 2
2 ダメージ増加Ⅱ 6
3 ダメージ増加Ⅰ 9
3 1 アンデッド特効Ⅰ 2
2 ダメージ増加Ⅱ 7
3 ノックバックⅠ 7
5 1 アンデッド特効Ⅰ 3
2 ノックバックⅠ 9
3 ノックバックⅠ 13
10 1 ノックバックⅠ 5
2 ノックバックⅠ 9
3 虫特効Ⅲ 21
15 1 ノックバックⅠ 6
2 ダメージ増加Ⅲ 17
3 虫特効Ⅳ 30

本棚が15個の時はノックバックⅠに6の経験値レベルが必要ですが、本棚が5個の時はノックバックⅠに9の経験値レベルが必要になっています。こういうことが起こるので、あえて少ない数の本棚を設置するメリットはほとんどありません。普通に本棚を15個並べておいて、低レベルのエンチャントをしたいときは、エンチャントテーブルと本棚との間に松明を置くなどして対応したほうがいいでしょう。

置く松明の数を調整すれば、エンチャントのレベルもある程度調整できます。
松明によるエンチャントレベルの調整

レッドストーン回路を使って本棚を動かして、エンチャントのレベルを調整する仕組みを作っても、面白いかもしれません。

エンチャントテーブルでエンチャントできるアイテム

鉄の剣 鉄の斧 弓 鉄のツルハシ 鉄のシャベル 鉄のヘルメット 鉄のチェストプレート 鉄のレギンス 鉄のブーツ 釣り竿 本 カメの甲羅 トライデント

エンチャントテーブルでエンチャントができるアイテムは、剣、弓、斧、トライデント、各種防具、ツルハシ、シャベル、釣竿、本です。本もエンチャントすることが可能で、エンチャントされた本は金床でアイテムと合成することができます。今はいらないけどあとから使うかもしれないというエンチャントが出たら、とりあえず本につけておくというのも一つの手です。

エンチャントテーブルでのエンチャントは、一つのアイテムにつき一回しかできないですが、エンチャントの本と金床を利用することで、一度エンチャントしたアイテムにさらに効果をつけることが可能になります。該当するエンチャントの本さえ手に入れば、ダメージ増加+火属性(モンスターを燃やす)という強力な剣や、耐久力+効率強化のついた便利なツルハシなどを狙って作ることができます。

スポンサーリンク

エンチャントの本とアイテムを合成する方法

エンチャントテーブルを使う他に、金床でアイテムとエンチャントの本を合成することでもアイテムをエンチャントすることが可能です。ダンジョン内のチェストや村人との取引でエンチャントの本を手に入れたら、この方法でアイテムと合成しましょう。

金床の作り方

金床は、鉄ブロック3つと鉄インゴット4つを材料にして、クラフトします。
金床の作り方

金床のクラフトには非常に多くの鉄を使います。しかも使っていくうちに少しずつ壊れていくので、積極的に洞窟探検をして鉄をたくさん集めておきましょう。アイアンゴーレムトラップを一つ作っておくと便利です。

金床の使い方

金床にはエンチャントの本とアイテムを合成することの他に、アイテム同士を合成したりアイテムに名前をつけたりする使い方もあります。

エンチャントの本とアイテムを合成

金床を適当な場所に設置して右クリックすると、下のような画面がでてきます。
金床の画面

1のマスにエンチャントしたいアイテムを置いて2のマスにエンチャントの本を置くと(逆の配置は不可)、3のマスに合成されたアイテムが表示されます。そのアイテムを取り出すとエンチャントされたアイテムが入手でき、同時に経験値が消費されます。アイテムを取り出す前に4の欄に文字列を入力しておくと、アイテムに名前をつけることが可能です。

左と中央のマスにアイテムを置くと、右側のマスに合成後のアイテムが表示されます。
合成後のアイテム

「エンチャントのコスト」で表示されている数値が、合成に必要な経験値レベルです。この数値はエンチャントするアイテムや、合成するエンチャントの種類によって変わります。また、同じアイテムに繰り返しエンチャントするときや、複数のエンチャントがついた道具にさらにエンチャントするときは、より多くの経験値が必要になります。

アイテムとアイテムの合成

エンチャントされていない普通のアイテムに、エンチャントされた同じ素材の同じアイテムを合成すると、アイテムの耐久値が回復する(修理される)と同時にエンチャントが付与されます。

アイテムとアイテムの合成。
アイテムとアイテムの合成

例:ダイヤのツルハシ + ダイヤのツルハシ(耐久力Ⅱ) → ダイヤのツルハシ(耐久力Ⅱ)

この場合は、並べ方を逆にしても同じようにエンチャントが合成されます。また、金床に置くアイテムに両方にエンチャントがついていた場合は、一定のルールにしたがってエンチャントが合成されます。

エンチャントの競合

エンチャントされたアイテムに別のエンチャントされたアイテムを合成すると、それぞれのエンチャントが競合していない限りは両方のエンチャントがついたアイテムを作ることができます。

例:ダイヤのツルハシ(効率強化Ⅱ) + ダイヤのツルハシ(耐久力Ⅰ) → ダイヤのツルハシ(効率強化Ⅱ、耐久力Ⅰ)

この方法を使えば、複数のエンチャントがついた強力な武器や防具を作ることが可能です。

一方、付与するエンチャントの効果が競合している場合は、左側に置いたアイテムについているエンチャントが優先的に残り、右側に置いたアイテムについていたエンチャントは消滅してしまいます。

例:鉄の剣(ダメージ増加Ⅱ) + 鉄の剣(アンデッド特効Ⅰ) → 鉄の剣(ダメージ増加Ⅱ)

ダメージ増加とアンデッド特攻は競合する(同時に付与できない)ので、上の例では左側のダメージ増加だけが残っています。競合するエンチャントは、以下のようになっています。

競合するエンチャント
剣・斧 ダメージ増加、アンデッド特攻、虫特攻
トライデント 激流、忠誠、召雷
修繕、無限
道具 シルクタッチ、幸運
防具 ダメージ軽減、爆発耐性、火炎耐性、飛び道具耐性
防具 水中歩行、氷渡り
高レベル優先

同じ効果でレベルの違うエンチャントを合成した場合は、レベルが高いほうが残ります。

例:木の剣(ダメージ増加Ⅱ) + 木の剣(ダメージ増加Ⅰ) → 木の剣(ダメージ増加Ⅱ)

ダメージ増加Ⅱにダメージ増加Ⅰを合成するとダメージ増加Ⅲになりそうな感じがしますが、そうはならずレベルの高い方だけが残ります。じゃあレベルを上げることはできないのかというとそんなことはなく、同じレベルのものを合成すると1レベルだけレベルを上げることが可能です。

例:金の剣(虫特効Ⅱ) + 金の剣(虫特効Ⅱ) → 金の剣(虫特効Ⅲ)

2と2なので足して4と今でもたまに考えてしまうのですが、上がるレベルは1なので3レベルになります。

本と本の合成

エンチャントの本+エンチャントの本という合成も可能です。同じレベルのエンチャントの本を複数持っているなら、合成を繰り返すことで高レベルのエンチャントの本も作ることができます。

例:エンチャントの本(ダメージ軽減Ⅰ) + エンチャントの本(ダメージ軽減Ⅰ) → エンチャントの本(ダメージ軽減Ⅱ)

例:エンチャントの本(ダメージ軽減Ⅱ) + エンチャントの本(ダメージ軽減Ⅱ) → エンチャントの本(ダメージ軽減Ⅲ)

一つの本に複数のエンチャントをつけることも可能です。

例:エンチャントの本(火炎耐性Ⅰ) + エンチャントの本(落下耐性Ⅰ) → エンチャントの本(火炎耐性Ⅰ、落下耐性Ⅰ)

例えば効率強化と耐久力など、セットでつけることが多いエンチャントがあるときは本を1冊にまとめておくと便利です。

エンチャントの本と金床を使うことで、エンチャントテーブルではエンチャントできないアイテムにもエンチャントの効果を付与することができます。盾やクワ、火打石と打ち金、ニンジンつきの棒などに耐久力のエンチャントをつけることも可能です。

スポンサーリンク

全34種エンチャント徹底解説

ここからは、エンチャントによって得られる追加効果について、詳しく見ていきます。

防具のエンチャント一覧

鉄のヘルメット 鉄のチェストプレート 鉄のレギンス 鉄のブーツ カメの甲羅

防具につける軽減系のエンチャントは、同時に装備しているヘルメット、チェストプレート、レギンス、ブーツに同じエンチャントがついていた場合、効果のランクが合算されてダメージが計算されます。

例えば、チェストプレートにダメージ軽減Ⅱがついていて、レギンスにダメージ軽減Ⅲがついていたとすると、全体でダメージ軽減5レベル分の効果が得られます。ただし、合計ランクの上限は10になっていて、ダメージ軽減Ⅳを4つ装備していたとしても16レベル分ではなく10レベル分の効果しか得ることができません。

防具のエンチャント一覧は、次のとおり。「最大」の項目は、最大ランクがいくつかを表しています。

エンチャント 最大 効果
ダメージ軽減 敵からのダメージはもちろんのこと、炎や毒によるダメージや落下のダメージも軽減することができるエンチャントです。軽減されるダメージ量は、ランク×4%~ランク×8%。例えば、ダメージ軽減Ⅱのヘルメットとダメージ軽減Ⅲのレギンスを装備していたら、合計ランクが5なので20%~40%軽減されます。
火炎耐性 炎や雷、溶岩によるダメージを減らしてくれます。軽減されるダメージ量は、ランク×6%~ランク×8%です。火炎耐性Ⅱと火炎耐性Ⅳを持っていたら、36%~48%軽減されるということになります。また、燃えているときのスリップダメージも一定確率で無効化してくれます。その確率は、ランク×6%~ランク×8%です。
爆発耐性 爆発によるダメージを減らしてくれます。軽減されるダメージ量は、ランク×6%~ランク×8%です。ランクMAX(10)で、60%~80%のダメージを減らしてくれます。これだけ減らせたらクリーパーの爆発も怖くないですね。
飛び道具耐性 スケルトンの矢や、ガストやブレイズの火の玉によるダメージを減らしてくれます。軽減されるダメージ量はランク×6%~ランク×8%なので、最大で60%~80%のダメージをカットすることができます。
水中呼吸 ヘルメット専用エンチャント。水中で息の続く時間が、ランク×15秒増えます。また、窒息ダメージの発生間隔も長くなり、もともと1秒だったダメージを受ける間隔がランク×1秒増え、最大で4秒に。おまけに、水中で周囲が明るく見える効果もあり、ランクが高くなるほど明るく見えるようになります(ただし、水中呼吸のポーションを利用するとこの効果は失われます)。クリエイティブモードでは、金床とエンチャントの本を使うことで、ヘルメット以外の装備にもつけることが可能です(サバイバルでは不可)。レギンスに水中呼吸をつけて、効果があることを確認しています。
水中採掘 ヘルメット専用エンチャント。水中でも地上と同じ早さで、採掘することができるようになるエンチャントです。海底神殿の攻略に必須。こちらも、クリエイティブモードでは、金床とエンチャントの本で、ヘルメット以外の装備にもつけることができます。レギンスにつけて効果があることを確認済み。
棘の鎧 チェストプレート専用エンチャント。攻撃を受けた時にランク×15%の確率でハート0.5~2個分のダメージを与え、ダメージを与えたときに防具の耐久値を3消費します。同時に装備している複数の防具に棘の鎧が付いている場合は、耐久値の減る防具はランダムに選択されます。エンチャントテーブルではチェストプレートにしか付与できませんが、エンチャントの本と金床を使えば他の防具にもつけることが可能です(サバイバルでも可)。
落下耐性 ブーツ専用エンチャント。落下したときに受けるダメージを、軽減してくれます。減らせるダメージ量は、ランク×ハート0.5個。MAXでハート2個分のダメージをカットすることができます。ダメージを軽減するエンチャントですが、他のダメージ軽減系エンチャントと競合しないため、ダメージ軽減と一緒につけることも可能です。クリエイティブの場合は、金床とエンチャントの本を使うことでブーツ以外にもつけることができます(サバイバル不可)。チェストプレートにつけても効果があることを確認済み。
水中歩行 ブーツ専用。水中の移動速度低下を、軽減してくれるエンチャント。ランクごとに1/3ずつ軽減され、ランクⅢだと地上と同じ速さで歩くことができます。氷渡りと競合するので、どちらか一方しかつけられません。クリエイティブの場合は、金床とエンチャントの本を使うことで、チェストプレートなどにもつけることができ、効果も発揮してくれます(サバイバル不可)。
氷渡り ブーツ専用エンチャント。プレイヤーの足元の水ブロックを、一時的に氷ブロックに変えるという非常に便利なエンチャントです。Ⅰで半径2ブロックの範囲を、Ⅱで半径4ブロックの範囲を凍らせます。水中歩行と競合するので、どちらか一方しかつけられません。氷渡りはトレジャーエンチャントと呼ばれるエンチャントで、エンチャントテーブルでは付与することができません。ダンジョンやエンドシティ、砂漠の寺院、廃坑、要塞などのチェストから入手するか、釣りや村人との取引で入手できるエンチャントの本で付与することができます。ブーツ以外の装備にもつけることができますが、効果は発動しないようです。

武器のエンチャント一覧

金の剣 金の斧 弓 トライデント

剣、斧、弓には攻撃力を高めるエンチャントの他に、攻撃と同時に相手を吹き飛ばすエンチャントや、相手を燃やすエンチャントをつけることができます。

エンチャント 最大 効果
ダメージ増加 剣・斧専用エンチャント。レベルⅠでハート0.5個分のダメージを追加し、ランクが一つあがるとハート0.25個分のダメージが追加されます。ランクⅤで最大ハート1.5個分のダメージを増加します。最大ランクはⅤですが、エンチャントテーブルで付与できるのはⅣまでで、Ⅴを作るには金床での合成が必要になります。
アンデッド特攻 剣・斧専用エンチャント。ゾンビ、スケルトン、ゾンビピッグマン、ウィザースケルトン、ウィザーへの攻撃がかなり強くなるエンチャントです。ランクが増えるごとにハート1.25個分のダメージが追加されていき、ランクⅤではハート6.25個分のダメージを追加した強力な攻撃をすることができます。
虫特攻 剣・斧専用エンチャント。クモや洞窟グモ、シルバーフィッシュに与えるダメージが多くなるエンチャントです。ランクが増えるごとにハート1.25個分のダメージが追加されていき、ランクⅤではハート6.25個分のダメージを追加した強力な攻撃をすることができます。また、相手の移動速度を低下させる追加効果もあります。
ノックバック 剣専用エンチャント。攻撃した相手をふっとばすエンチャント。対クリーパーでは距離を取れるので爆発を防ぐことができますが、対スケルトンだと相手に有利な間合いになってしまうので注意が必要です。また、走りながらの攻撃でも効果が発揮されません。ランクⅠで2倍、Ⅱで3倍吹き飛ばすことができます。
火属性 剣専用エンチャント。攻撃した相手を、燃やすエンチャントです。ランクⅠで0.5ダメージ×3秒、ランクⅡで0.5ダメージ×7秒のダメージを与えることができます。かなりかっこいいエンチャントなのですが、火属性によって火がついたモンスターに触れると、こちらも燃えてしまうことがあるので注意が必要です。
ドロップ増加 剣専用エンチャント。ドロップするアイテムの数が増えるエンチャント。高ランクになるほど、より多くのアイテムがドロップするようになります。ドロップ増加の剣で倒したときはもちろんのこと、モンスターが倒れる瞬間にドロップ増加の剣に持ち替えただけでも、効果が発揮されます。跳ね返したガストの火の玉にも適用されます。
範囲ダメージ増加 剣専用エンチャント。バージョン1.11.2で追加された、スウィープ攻撃(なぎ払い)の攻撃力が増加するエンチャントです。以前は「スウィープの刃」というエンチャント名でした。最高ランクのⅢレベルになると、スウィープ攻撃が通常攻撃と同じだけの攻撃力になり、かなり強力です。エンチャントテーブルで付与可能。
射撃ダメージ増加 弓専用エンチャント。ランクⅠでダメージ量は50%増え、ランクⅡで+75%、ランクⅢで+100%、ランクⅣで+125%、ランクⅤで+150%となります。
パンチ 弓専用エンチャント。弓で射た矢があたったときに、相手を吹き飛ばすことができるエンチャントです。Ⅰで2倍、Ⅱで3倍吹き飛ばすことができます。ノックバックの弓バージョンですね。
フレイム 弓専用エンチャント。矢が火矢に変わって、当たった相手を燃やすことができるエンチャントです。TNTに着火することができますが、火矢が木製のブロックにあたっても燃えることはありません。
無限 弓専用エンチャント。矢を最低一本持っていれば、弓で攻撃し続けることができるというエンチャント。いくら射ても矢は減りませんが、弓の耐久力は減っていくため、実際は無限に射ることは不可能です。修繕のエンチャントと競合します。
水生特攻 トライデント専用エンチャント。Ⅰランクごとに水生のMobに与えるダメージが2.5(ハート1.25個ぶん)増加するエンチャントです。イルカ、カメ、イカ、ガーディアン、エルダーガーディアンに効果があり、ドラウンドにはききません。
忠誠 トライデント専用エンチャント。投げたトライデントがプレイヤーのところに戻ってくるようになるエンチャントです。レベルが上がるごとに戻ってくるスピードが速くなります。激流のエンチャントと競合します。
激流 トライデント専用エンチャント。雨が降っているときや水中にいるときに、トライデントを投げた方向にプレイヤーも飛んでいくというエンチャントです。レベルが高くなると、より遠くまで飛んでいくことができます。忠誠、召雷のエンチャントと競合します。
召雷 トライデント専用エンチャント。天候が雷雨のとき、このエンチャントが付与されたトライデントが当たったMobに雷を落とすエンチャントです。激流のエンチャントと競合します。

道具につけるエンチャント

ダイヤのシャベル ダイヤのツルハシ ダイヤの斧

ツルハシ、シャベル、斧といった道具は、エンチャントで強化することで、非常に効率的に採掘やアイテム回収を行うことができるようになります。

エンチャント 最大 効果
効率強化 採掘速度が速くなるエンチャント。ランクⅠで+50%、ランクⅤだと+250%の速さになります。ダイヤのツルハシを効率強化すればブランチマイニングがめちゃくちゃ速くなり、ダイヤのシャベルに効率強化をつけると掘るのが速すぎて制御しきれなくなります。ランクⅤは金床を使ったエンチャントの合成でのみ作ることができます。
シルクタッチ 通常はアイテムとして回収できないものを回収できるようにするエンチャント。草ブロックや菌糸、氷、キノコブロック、雪ブロックなどをアイテム化することができます。またシルクタッチのついたツルハシでダイヤモンド鉱石を掘ると鉱石のまま持ち替えることができるので、拠点で幸運のツルハシを使って破壊するということも可能になります。幸運のエンチャントと競合します。
幸運 ブロックを破壊した時にドロップするアイテムの数が増えるエンチャントです。ダイヤモンド鉱石を破壊するときに幸運のついたツルハシを使えば、手に入るダイヤを増やすことができます。ランクⅠで+1の確率が33%、+2の確率が0%、+3の確率が0%。ランクⅡで+1の確率が25%、+2の確率が25%、+3の確率が0%。ランクⅢで+1の確率が20%、+2の確率が20%、+3の確率が20%です。石炭鉱石、レッドストーン、ラピスラズリ、ダイヤ、エメラルド、ネザー水晶、雑草(種)、小麦、ニンジン、ジャガイモ、スイカ、火打石(Ⅲでドロップ100%)などが、ドロップ数の増えるアイテム。ニンジン、ジャガイモなどは幸運のついた道具で掘ると、なんと耐久度を減らさずにドロップ数を増やすことができます。シルクタッチのエンチャントと競合します。

釣竿につけるエンチャント

釣竿

釣竿にもエンチャントをつけることができ、よりお宝アイテムを釣れやすくしたりすることができます。

エンチャント 最大 効果
宝釣り 釣竿専用エンチャント。お宝アイテムの獲得率を増加させて、ゴミアイテムの獲得率を下げることができます。ランクⅠでゴミ獲得率-2.5%、宝獲得率+1%。ランクⅡでゴミ獲得率-5%、宝獲得率+2%。ランクⅢでゴミ獲得率-7.5%、宝獲得率+3%です。
入れ食い 釣竿専用エンチャント。釣れるまでの時間を短くすることができるエンチャントです。以前は魚が釣れやすくなる=宝が釣れにくくなるという効果があったため宝釣りと相反していましたが、バージョン1.9からは釣れるまでの時間にだけ影響が出るように変更されています。ランクⅠで食いつくまでの時間-5秒、ランクⅡで-10秒、ランクⅢで-15秒です。

耐久値のあるアイテムにつけるエンチャント

ハサミ 火打石と打ち金 石のクワ ニンジン付きの棒

耐久値のあるアイテム全てにつけることができるエンチャントです。耐久値を減りにくくしたり、回復したりすることができます。

エンチャント 最大 効果
耐久力 道具には耐久値が設定されていて、一回使用すると耐久値が100%の確率で1減少するようになっています。耐久力Ⅰをつけると、その耐久値減少の確率を50%に、Ⅱで33%に、Ⅲで25%にすることができます。確率25%だとすると4回使って耐久値が1減ることになるので、もとの4倍くらいの回数使うことができるようになります。
修繕 経験値オーブを入手した時に、耐久値を回復することができるエンチャントです。メインハンド、オフハンド、防具スロットのいずれかに修繕がついたアイテムがあるときに効果が発揮されます。複数のアイテムに修繕のエンチャントがついている場合は、回復するアイテムはランダムに決められます。無限と競合します。このエンチャントもトレジャーエンチャントなので、エンチャントテーブルでは付与することができません。

呪いのエンチャント

バージョン1.11で2種類の呪いのエンチャントが追加されました。どちらもトレジャーエンチャントで、エンチャントテーブルによっては付与されません。

エンチャント名が赤字で表示されます。

エンチャント 最大 効果
束縛の呪い 死ぬまで防具を外すことができなくなるエンチャントです。インベントリでクリックしてもその防具を持つことができなくなり、死んだときは他のアイテムと一緒にその場に飛び散ります。剣にも付与することができますが、剣はインベントリ内を普通に動かすことが可能です。
消滅の呪い 死んだときにアイテムが消滅してしまうエンチャントです。通常は死ぬとその場にアイテムが飛び散るので、すぐに戻ればアイテムを失わずにすみますが、このエンチャントがついているアイテムは飛び散らずに消えてしまいます。

アイテム別エンチャント早見表

アイテムごとにつけられるエンチャントを表にしてみました。同じマスに書かれたエンチャントは、どれか一つしかつけられません。

アイテム別エンチャント早見表です。クリックすると少し大きい画像が表示されます。
エンチャント早見表

この表に書かれていないエンチャントも、例えばニンジン付きの棒に火炎耐性のエンチャントをつけたり、棒に火属性やノックバックをつけたりすることもできますが(クリエイティブのみ)、ここではエンチャントする意味がありそうなものだけを記載しています。

おすすめエンチャント

せっかく経験値やラピスラズリを消費するのですから、できればエンチャントした道具は長く使いたいです。となると、エンチャントするのは耐久値がずば抜けて多いダイヤの道具や装備が中心になってきます。さらに耐久力や、修繕のエンチャントをつけることができれば、かなり壊れにくくすることができます。

剣につけたいエンチャント

個人的に、剣はアンデッド特効+耐久力で作ることが多いです。ダメージ増加も悪く無いですが、アンデッド特効の威力が高いという印象があります。普通のマップで冒険するならゾンビやスケルトンと戦うことが多いと思うので、十分に恩恵を受けることができるはず。

ノックバックは、スケルトンと戦いづらくなるのでほとんどつけません。火属性がついていると攻撃した時にモンスターが燃えてカッコイイです。ドロップ増加がついた剣も一本用意しておくと、特定のアイテムを集めたいときなどに便利です。

ツルハシにつけたいエンチャント

道具系は、耐久力+効率強化が基本ですが、ダイヤのツルハシに効率強化をつけると短時間で大量に掘れてしまうので、耐久力がついていたとしてもすぐに壊れそうになってしまいます。そこでつけたいのが、修繕のエンチャント。修繕のついたダイヤのツルハシでブランチマイニングすれば、耐久値の心配をしなくてよくなります。

シルクタッチや幸運もほしいですが、それらは採掘用とは別で作っておき、必要になった時に持ち替えて使うようにしたほうがいいでしょう。

防具につけたいエンチャント

普段から身に付けておく防具には、ダメージ軽減をつけることが多いです。合計ランクが10まで有効なので、余った装備には飛び道具耐性を。棘の鎧の効果がカッコイイのですが、あまりに耐久値の消費が激しいので、つけないようにしています。

海底神殿に乗り込むときは、水中呼吸や水中採掘のついたヘルメット、水中歩行のついたブーツが必須です。

幸運の道具で収穫量アップ

幸運のついたツルハシ(またはシャベルやクワ、斧でも可)でニンジンやジャガイモを掘ると、収穫量を増やすことができます。しかも、いくら収穫しても耐久値が減りません。普通に道具を使用するのと同じように、ニンジンやジャガイモに向かって左クリックをすると収穫することができます。

狭い面積の畑でも、幸運で収穫するかしないかで収穫量に結構な差が生じます。まだ収穫を自動化していなくて手作業で掘っているという場合は、ぜひ幸運のついた道具を使って掘ってみてください。

おまけ 盾へのエンチャント

1.9で新しく追加された盾にも、エンチャントの本を使えば耐久力や修繕といったエンチャントをつけることができます。実際にためしてみると、耐久力をつけた盾でモンスターの攻撃をガードした時の、耐久値の減少が少ないことが確認できました(減る頻度が少なくなっているのか、それとも減る値が少なくなるのかは確かめていません)。修繕がついていれば耐久値を回復することもできるので、うまく利用できると一つの盾を長く使い続けられそうです。

盾にダメージ軽減や爆発耐性をつけてクリーパーの爆発をガードするという実験もやってみましたが、エンチャントのついていない盾と比べてダメージ量に変化はなさそうでした。付ける意味はなさそうです。

近くで爆発させるのはドキドキします。
近くのクリーパーを爆発させる

※バージョン1.11から、盾でガードしたときに、クリーパーの爆発やゾンビの攻撃でダメージを受けなくなっています。

以上、エンチャントについての解説でした。一度に全部覚えるのは難しいですが、実際にアイテムをエンチャントしているうちに少しずつ理解できてくると思います。わかる範囲から、取り組んでみてください!