PC版マイクラ(Java版)をプリペイドカードで購入し、実際にマイクラを起動するまでの手順を紹介しています。Amazonで代引きやコンビニ決済を利用すれば、クレジットカードがなくてもマイクラを購入することが可能です。

マイクラJava版の専用プリペイドカード

マイクラのJava版はAmazonで専用のプリペイドカードが販売されており、現在はそちらを購入するのがもっとも手軽で確実です。Amazonでは支払い方法を代引きやコンビニ払いにすることができるので、クレジットカードを持っていなくても問題なく購入することができます。

日本マイクロソフト

上のページではカテゴリーがニンテンドー3DSになってますが、購入できるのはPC用のJava版マインクラフトです。

クレジットカードやペイパルアカウントがあるなら、公式サイトで購入するのがもっとも安いです(3000円)。クレジットカードがないけどJava版がほしいときはAmazonを利用するといいでしょう。上記のカードが高額になっている場合は、以下のようにコードのみの販売もあります。

マイクラにはJava EditionとBedrock Editionがあり、Java版はPCで遊べるマイクラの元祖です。Bedrock Editionは多くの機種で遊べるマイクラで、機種ごとにわかれていたマイクラが統合した形になったことから「統合版」とも言われます。統合版のマイクラもAmazonで購入可能です。

Windows10

PCでも統合版マイクラで遊ぶことができます。統合版はJava版とは別物ですが、スイッチやPS4など他の機種とマルチプレイができるのが特徴です。

Nintendo Switch

Nintendo Switchでもマイクラが遊べます。こちらは統合版(Bedrock Edition)です。価格もJava版と同じくらい。

PS4

PS4でも統合版のマイクラが遊べます。統合版なら、他機種とマルチプレイが可能です。

スマホ

スマホでも統合版のマイクラが遊べます。以前はマインクラフトPE(Pocket Edition)と呼ばれていました。

Xbox One

Xbox Oneでも統合版のマイクラが遊べます。

統合版がついたマイクラのプリペイドカード

以前はJava版のプリペイドカードを購入すると、無料でWin10版(統合版)も入手できていました。現在は売り切れになっていたりor異常に高額になっていたりして、しかもWin10版も入手できなくなっています。

日本マイクロソフト

以下では私がこのカードを実際に購入し、Java版のマイクラを起動するまでの手順を紹介しています。今でもマイクラを起動するまでの手順はほぼ同じなので、参考にしてください。

公式プリカなら無料でマイクラ統合版も手に入る

※現在は統合版のコードが発行できないようです。詳しくは後述↓

プリペイドカードでJava版を購入すると、なんと統合版(Windows 10 Edition)のマイクラも追加料金なしでゲットできるようになっています。以前は公式サイトでの購入者にもWin10版のコードが無償配布されていましたが、そのキャンペーンは2018年10月で終了。しかしプリペイドカード購入者には、現在でもコードが配布され続けています。

カードの裏面にしっかり書かれています。
裏面の説明文

このゲームのエディションは、Minecraft:Java Editionで、通常Minecraftと呼ばれます。本ご購入には、カードを使用した際に提供されるMinecraft:Windows 10 Editionのご利用コードが含まれます。

「Windows 10 Edition」というのが統合版です。統合版のマイクラがあればPCでスイッチやPS4などともマルチプレイが可能になり、Java版と統合版のどちらのエディションでもマルチプレイに参加できる環境がつくれます。Windows10 Editionを単体で買うと3000円程度かかるので、それが無料で手に入るプリペイドカードはかなりお得です。

追記:Win10版のコードが発行されない?

※2020年5月現在、Windows10 Edition(統合版)のコードが発行できないようです。公式サイトには以下のような記事もあります。

2018 年 10 月 19 日より前に Minecraft: Java Edition を購入したみなさんは、Windows 10 版を無料で手に入れられることはご存知でしょうか?元々は数年前に終了したキャンペーンですが、その当時に Java 版を購入したあなたは、今でも無料で Windows 10 版をゲットできます!ただし 2020 年 4 月 20 日以降は 2018 年 10 月 19 日より前に Minecraft: Java Edition を購入していたとしても Windows 10 版を無料で手に入れるためのトークンコードを受け取ることができなくなってしまいますので、Minecraft: Java Edition を 2018 年 10 月 19 日以前に購入したあなたは、今のうちに Windows 10 版のトークンを受け取っておきましょう。

参考:JAVA 版をプレイしている皆さまへ

これがプリペイドカード購入者にも当てはまるのかは不明ですが、もしかしたら今後はコードが配布されないのかもしれません。これから購入する場合は注意してください。

2019年末から一時的にWindows 10 Editionのコードが発行できないエラーが発生していましたが、2020/1/19時点で無事にコードの発行ができるようになったという報告をコメントを含め数件いただいています(ご報告ありがとうございます!)。

今回のエラーは「一時的にコードが不足した」ということのようです。

アマゾンには「無償配布期間は終わっています」と書かれたレビューも存在していますが、終了しているのは公式サイトでの購入者への無償配布で、プリペイドカード購入者へは現在もコードが提供され続けています。ただ再びコードが不足しないともかぎらないので、早めに購入しておいたほうがいいでしょう。

プリペイドカードは店舗で買える?

イオンや一部の家電量販店では店頭販売しているという情報もありますが、地方在住の私は実店舗で見かけたことがありません。お住まいの地域によってはあるかもしれないですが、あちこち探し回らなければいけないようならアマゾンのほうが簡単です。

私もアマゾンで購入してみました。
マイクラのプリペイドカード

裏に「ここをコインで削ってください」と書かれている部分があります。
コインで削る部分

削ってみると購入用のコードが出てきます。
カード裏のコード

このコードをマインクラフト公式サイトで入力すれば、無料アカウントを購入済みアカウントにアップグレードできるというわけです。カードを買って、コードを登録するだけ。仕組みがわかりやすく、作業もそれほど難しくはありません。昔に比べたらかなり簡単にPC版マイクラを買うことができるようになっていますね。

プリペイドカード購入後の手順

ここからはカード購入後の作業手順を詳しく解説していきます。マイクラJava版のデモプレイをすでにやっていること(Mojangアカウントが作ってあること)を前提に説明しているので、まだの場合は以下の記事を参考にしてトライしておいてください。

初めてMojangアカウントを作ってマイクラを起動すると、自動的にデモ版がスタートしてしまいます(デモ版には時間制限があります)。製品版で遊ぶためには、公式サイトでプリペイドカードのコードを登録しなければいけません。

  1. マイクラ公式サイトでログイン
  2. 購入画面でコードの入力
  3. ランチャーを起動して再度ログイン

という作業をすることで、製品版のマイクラを起動できます。いずれも難しい操作は必要ないので、下の説明をみながらやってみてください。

公式サイトでログイン

※以下の説明は執筆時点でのやり方で、現在は若干変わっている可能性があります。しかしほぼ同じような手順でできるはずです。

カードが手元に用意できたらマインクラフトの公式サイトにアクセスし、中央の「MINECRAFTを購入」ボタンをクリックします。

購入ボタン。
購入ボタン

すると「MOJANGアカウントを作成」という画面が出てきます。すでにデモプレイを終えていればMojangアカウントは作成済みのはずなので、「ログインしましょう」をクリックします。

ここをクリック。
ログインのリンク

メールアドレスとパスワードを入力してログイン!購入画面に進みます。
ログインボタン

まだデモプレイをしていない場合はMojangアカウントの作成画面でメールアドレスやパスワード、生年月日を入力してアカウントを作成します。その後メールアドレスの認証を終えると、マイクラの購入画面を開くことができます。

購入画面でコードの入力

ログイン後に表示される「購入する時間」というページで、プレイヤー名の設定と購入手続きを行います。

プレイヤー名の入力欄。
プレイヤー名の入力欄

「Minecraft profile」と書かれている部分の下の入力欄に、プレイヤー名を半角英数字で入力します。好きな名前を入力しましょう(すでに他の人が使っている名前は使えません)。あとから変更することもできるので、気軽に決めてしまってOKです。

プレイヤー名が入力できたら、次はカードの裏に書かれたコードを入力していきます。

「支払い方法」と書かれた部分に「コードを交換する」があるのでクリックします。
コードを交換する

選択すると下に「ギフト・コードあるいはプリペイドカードと交換する」と表示され、コードの入力欄が出てきます。

この下の入力欄に、カード裏側のコードをハイフンを含めて入力します。
コード入力欄

入力して「交換する」ボタンをクリックすると「おめでとうございます!」と表示されます。
購入完了画面

マインクラフトのダウンロードボタンが表示されるので、まだしていなかったらダウンロードしましょう。すでにデモプレイをしている場合は、ダウンロードの必要はありません。そのままページを閉じてOKです。

マインクラフトランチャーで再ログイン

コードの入力が終わったらマインクラフトランチャーを起動し、製品版になっているか確認しましょう。

ランチャー下部のボタンをチェックします。
プレイボタン

ボタンに「プレイ」とだけ表示されていれば、ボタンをクリックしたときに製品版が起動します。ボタンに「デモ版をプレイ」と表示されている場合は、いったんログアウトしてから再度ログインしてみましょう。

ログアウトは、ランチャーの左上で行えます(下画像の赤枠で囲ってある部分)。
ログアウトボタン

ログインしなおすと、ボタンの表示が「プレイ」に変化するはずです。これでマイクラが時間制限なしでプレイできるようになりました。

Windows10版もダウンロードしよう

Windows 10を搭載したパソコンには、Java版とWindows10版の2種類のマイクラをインストールすることができます。Win10版をインストールしておけば、SwitchやPS4などで遊んでいる友達ともマルチプレイが可能(Java版はJava版とだけマルチプレイ可)。せっかくプリペイドカードを買ったのですから、Windows10版も合わせてダウンロードしておきましょう。

下のリンクをクリックして、Mojangアカウントのログイン画面を表示します。

https://account.mojang.com/login

ログイン画面が表示されたらマイクラ公式サイトのログインに使ったメールアドレスとパスワードを赤枠部分に入力し、「Log in」をクリックします。
MOJANGログイン画面

My Gamesという画面が表示されたら、Minecraft for Windows 10という見出しの下の「Claim your free copy」をクリックします。
コード発行ボタン

Microsoftアカウントのログイン画面が開くので、お使いのPCで使っているアカウントのメールアドレスを入力しログインします。
Microsoftアカウントのログイン画面

コードの入力画面が表示されます。赤枠部分にコードが自動的に入力されていることを確認し「次へ」をクリックします。
コードの入力画面

「取得できるものは以下の通りです」の画面が表示されるので、「確認」をクリックします。

「準備が整いました」と表示されます。赤枠のリンクをクリックしてストアにアクセスしましょう。
準備が整いましたという画面

マイクラの画像と「このゲームを所有しています」という文章が表示されればOKです。右の「インストール/プレイ」をクリックして、Windows10版をダウンロードしましょう。
ストアの表示

これでJava版とWin10版どちらもインストールされました。

ということで、プリペイドカードでマインクラフトを購入する方法の紹介でした。このカードが登場してくれたおかげで、マインクラフトを買うのがかなり楽になっています。1枚のカードでJava版と統合版をどちらも手に入れられるというのもありがたい。まだPC版を持っていないなら、ぜひこの機会に購入してみてください!

日本マイクロソフト