ネザーゲートで長距離移動!天空へつながる仕組みもわかりやすく解説

ネザーへ行き、最初のゲートから離れた位置にネザーゲートを作り通常世界に戻ると、通常世界ではネザーで移動した距離の8倍の距離を移動しています。この性質を利用すると、通常世界で10000メートルくらい離れた場所でも短い時間で移動することが可能です。今回は、ネザーゲートを利用した長距離移動のやり方を紹介したいと思います。

スポンサーリンク

ネザーと通常世界の座標の関係

通常世界でネザーゲートを作ると、ネザー側の対応する座標にもゲートが作られます。この「対応する座標」の数値は、通常世界の座標のだいたい8分の1になります。例えば通常世界でX座標が800でZ座標が80の位置にネザーゲートを作ったのなら、ネザーではX座標100、Z座標10の位置にゲートが作られます。(Y座標は対応した座標になるとは限らず、生成されるゲートの高さはバラバラなことが多いです)

通常世界のX762、Y63、Z612の高さでネザーゲートを使ったら、
2016-09-12_00-12-06a

ネザーでX94、Y34、Z76の位置に出ました。
2016-09-12_00-12-20a

X、Z座標がだいたい8分の1になっています(もし対応する座標が溶岩の海だったり地中だったりした場合は、近くの陸地にゲートが生成されて座標がズレることもあります)。通常世界でのゲートの設置場所は好きな場所にすればいいのですが、そのゲートの座標を確認して計算すれば、ネザーに行く前にゲートが生成される位置をだいたい割り出すことが可能です。

ネザーゲートで移動時間を短縮する方法

例えばメサバイオームや氷原バイオームなどを見つけた時に、その位置が拠点から10000メートル離れていたりすると移動がかなり大変です。トロッコで移動しようとしてもレールを敷くのが大変だし、馬でもかなりの時間がかかってしまいます。そんなときはネザーゲートを使って移動距離を短縮してしまいましょう。

通常世界で103、70、-105からネザーへ。
2016-09-12_00-33-06aa

そこから1000マス移動してゲートを作り、通常世界に戻ると8000の座標に移動しました。
2016-09-12_00-33-06ba

ネザーで1000マス移動するのもなかなか大変ですが、一度道を作ってしまいさえすれば通常世界での8000マスを1000マスにショートカットできて、移動時間を8分の1に短縮することができます。ネザーでレールを敷いてトロッコで移動するのもいいかもしれません。

移動先で洞窟内に出た場合

上の実験では通常世界に戻ったときにゲートの出現場所が地上ではなく地下の洞窟内でした。地上に出たかったのに洞窟内に出てしまった。そういう場合は、地上に出て同じX、Z座標で新たにゲートを作り(完全に同じ座標でなくても近くであれば大丈夫です)、地下のゲートを破壊してしまえば次からは地上のゲートにつながるようになります。

地下のゲートを破壊してから地上に出て、新しくゲートを作りました。
2016-09-12_00-48-11c

通常世界で地下から地上にゲートを移動したとしても、ネザー側から通常世界に戻るときに新しいゲートの位置をサーチしてくれて、きちんとその場所に出ることができます。

ネザーゲートの接続法則を検証

初めてネザーゲートを作った時は、もう一方の世界で対応する座標にゲートが新しく生成されますが、二回目以降は必ずしも新しいゲートが作られるとは限りません。ネザーゲートには、もう一方の世界ですでにゲートが近くに作られている場合は、新しいゲートを作らずにもともとあるゲートに繋がるという性質があります。

この位置からネザーへ。
2016-09-12_13-15-16a

するとこの座標に出ました。
2016-09-12_13-17-10a

それぞれの座標は対応しています。ここまではOK。このあと通常世界に戻って100マスほど移動、X-176、Z40にネザーゲートを作ってネザーへ移動するとします。ネザーでは通常世界の約8分の1の座標にゲートが生成されるので、この時ネザー側でゲートが生成される座標はおおよそX-22、Z5のあたりです。

しかしすでにネザー側ではX-10、Z6にゲートができていますから、10マス程度しか離れていないX-22、Z5のあたりには新しいゲートは生成されず、通常世界のX-176、Z40に作ったゲートはネザーのX-10、Z6につながります。

ではどれくらい離れていれば新しいゲートが作られるのかというと、128マス分の距離です。ネザー側のゲート生成予定座標がすでに存在しているゲートから128マス以上離れていれば新しくゲートが生成され、128マス以内になる場合は新しいゲートは生成されず最初に作ったゲートにつながります。

ネザー側のゲートの間隔が128マス以上必要ということは、通常世界では128×8=1024マス以上の間隔が必要ということです(実際は1060マスくらいの間隔がないと元のゲートにつながってしまいました)。1024マス以内の距離では、いくつゲートを建ててもネザー側では同じゲートに出てしまいます。

同じゲートに出たくない場合

通常世界1000マス以内の近距離で複数のゲートを作ったとき、ネザー側でいつも同じゲートに出てしまうのは不便。それぞれに対応する座標を出口にしたい。そんなときは、対応する座標に自分でゲートを作ってしまえばOKです。

通常世界のX80、Z80の位置にゲートを作ってネザーに行くと、だいたいX10、Z10の位置にゲートが作られます。その次に通常世界のX320、Z320の位置にゲートを作ってネザーに行った場合、最初はX10、Z10のゲートにつながってしまいますが、ネザー側でX40、Z40の位置に自分でゲートを建てると、X80、Z80のゲートはX10、Z10のゲートに、X320、Z320のゲートはX40、Z40のゲートにつながるようになります。

ゲートから128マス以内に複数のゲートがある場合は、対応する座標に最も近い位置にあるゲートが使用されます。通常世界X80、Z80のゲートからは、ネザーのX40、Z40よりもX10、Z10のほうが近いので、そちらにつながります。逆に通常世界のX320、Z320からは、ネザーのX10、Z10よりもX40、Z40のほうが近いので、そちらにつながります。

スポンサーリンク

地下から地上への移動

次はこんなゲートを作ってみました。
2016-09-12_13-20-07

通常世界X-76、Y67、Z40に作ったゲートを通ると、ネザーではX-10、Y112、Z6のゲートに出ました。そのX-76、Y67、Z40のゲートの真上に、高さがY=110くらいのゲートを新たに設置。X座標とZ座標は全く同じなので、どちらのゲートを通ってもネザーではX-10、Y112、Z6のゲートに出ることになります。では、そのゲートに入り直してネザーから通常世界に戻ってくるときは、上下どちらのゲートにつながるでしょうか。

正解は上のゲートです。X座標とZ座標が同じなので横方向の距離は一緒ですが、「高さ」には違いがあります。ネザー側のゲートの高さは112、通常世界のゲートの高さは、下が67で上が110です。ネザーから見たときに、どちらが「近い」ゲートになるのかといったら・・Y座標が同じくらいの上のゲートです(Y座標だけは、ネザーの座標も通常世界と同じ扱いで8分の1にはなりません)。

ブランチマイニング用の拠点から家へ

通常世界からは、どちらのゲートからでもネザー側の同じゲートにつながる。でもネザーから戻るときは、常に同じゲートにつながる。この仕組みを利用した、地下から地上へ移動するテクニックです。

まずは地上(ブランチマイニング用の拠点の真上など)にゲートを作り、ネザーへGO。
2016-09-12_15-35-50a

空中にゲートが生成されてしまいましたが、高さが70なのは都合がいいです。
2016-09-12_15-29-19a

いったん通常世界にもどり、ブランチマイニング用の拠点にゲートを作成。
2016-09-12_15-35-09a

ブランチマイニング用の拠点を地上のゲートの真下あたりに作っておき、ネザーゲートも設置します。このゲートは座標が地上のゲートとほぼ同じになるので、入るとネザー側ですでに作られているゲートに出ます。ネザー側のゲートはY=70の高さにありますから、出てきたゲートにもう一度入り直すと、今度は地上のゲートに出ます(ネザー側のゲートから見ると、地下のゲートより地上のゲートのほうが近い)。

aa

地下の拠点までまっすぐ穴を掘って着地点に水源を作っておくなどすれば、地下へ行くときは穴に落ちて一瞬で移動。地上へ戻ってくるときもゲートを通って一瞬で移動ということができるようになります。

もし最初に生成されたネザー側のゲートが地下のゲートに近いY座標の場合は、そのゲートを一旦破壊して、地上のゲートに近い高さでゲートを作りなおせば同じことができます。仮にY=64に地上のゲート、Y=11に地下のゲートを作った場合、中間はY=38あたりですから、ネザーのゲートを余裕を見てY=45以上の高さにしておけば、地上のゲートとつながってくれるはずです。

地上から天空への移動

先ほど紹介した仕組みを利用すれば地上から上にも移動できますが、天空トラップタワーなどのかなり高い位置にある建物に移動するためには一手間の工夫が必要です。

天空トラップタワーはY=192以上の高さに作ることが多いですが、そうなるとトラップタワーと地上との中間地点はY=128になります。理屈としては、ネザーでこの高さ以上の場所にゲートを作ることができれば、さきほど地下から地上に移動したのと同じように、地上からネザーへ、出てきたゲートに入り直して上空へという移動ができるのですが、実はネザーは高さ120を越えると岩盤が出てきて、それ以上は行けなくなっています。

そこで、次のようなやり方でゲートを配置していきます。
bb

上空のゲートを先に作っておき、座標をメモします。そのゲートには入らずいったん地上に飛び降りて(着地用の水源を下に作っておくといいです)、上空のゲートから140マス離れた位置に地上のゲートを作ります。128マス以上離したところであれば大丈夫だと思いますが、余裕を見て140マスくらい離しておきましょう。(上空のゲートから128マス以内範囲に地上のゲートを作ってしまうと、ネザー側のゲート2から見たときに常に地上のゲートのほうが近くなってしまい、上空のゲートにつながらなくなるので注意)

地上のゲートからネザーへ行ったら、上空のゲートに対応する位置(8分の1の座標)にゲート(ネザー側のゲート2)を作ります。座標を計算したときに、ネザー側のゲート1とネザー側のゲート2の距離が16マスより近くなってしまう場合は、ネザー側のゲート2が地上のゲートにつながってしまう可能性があるので距離を離しましょう。距離を離すときは方角(方向)を間違えないように、どちらのゲートも少しずつズラすようにします。20マスくらいあいていれば大丈夫だと思います。

ネザー側のゲート2を作ったら、ゲートに入って上空に移動することを確認しましょう。無事移動ができたら、ネザー側のゲート1は破壊してしまってもOKです。ネザー側のゲート1が破壊されると、地上のゲートはネザー側のゲート2につながるようになり、ネザー側のゲート2に入りなおすと、上空のゲートに移動できるようになります。

ネザー側のゲート1を破壊せずにそのまま残しておくなら、地上から上空へ行くだけでなく、上空から地上へもゲートを使って移動することができます。でも個人的には、上からなら水源に飛び込む形で降りたほうが楽ですね。

すでに拠点の近くにゲートを作ってしまっている場合は、そのゲートから140マス以上離れた位置にTT(上空のゲート)を作るようにすると、同じことができるようになります。トラップタワーを拠点の上に作ってしまった場合は、地上のゲートを拠点から離すようにすれば、同じことができます。

ということで、ネザーゲートを利用した長距離の移動方法でした。横方向の移動は全く問題ないのですが、上下の移動の仕組みがなかなか難しくて頭を悩ませながら記事を書きました。なんとか理解できたような気がします。参考にしていただければ。

スポンサーリンク

One Response to “ネザーゲートで長距離移動!天空へつながる仕組みもわかりやすく解説”

  1. 永野高英 より:

    現実世界の88 64 -32でゲートを作るとネザーの11 64 -4に出ますが、1.024km(実際は1.06kmですが、ややこしいので省きます。)以上離れないと同じ場所に出るのでかなりの距離を離しました。

コメントを残す

関連コンテンツ&スポンサーリンク

サブコンテンツ

このページの先頭へ