スライムトラップの作り方!使い切れないほどスライムボールが入手可能

リードや粘着ピストンの材料に必要になる、スライムボール。スライム狩りをしても、まとまった量を手に入れるのは大変なので、一つスライムトラップを持っていると便利です。今回は、全自動でスライムボールを回収することができる、スライムトラップの作り方を紹介します。

スポンサーリンク

スライムが湧く条件

ゾンビやスケルトンなどのモンスターは明るさが7以下の空間にスポーンしますが、スライムは他のモンスターと少しだけ湧き条件が異なっています。スライムがスポーンするのは、次の条件を満たしたときです。

・スライムがスポーンするチャンク(スライムチャンク)である
・座標がY=39以下である
・3×2.5×3の空間がある(大スライムの場合)

・湿地帯で、明るさが7以下である(地上にもスポーンする)
・湿地帯で、新月ではない(満月だとたくさんスポーンする)

近くに湿地帯があれば、夜間スライム狩りをすることでスライムボールが集められます。しかし、他のモンスターも出現するため効率はあまり良くなく、時間をかけたわりにはそれほど多くのスライムボールを獲得できません。

そこで、「スライムチャンク」を利用したトラップを作っていきます。スライムは、湿地帯以外では「スライムチャンク」にしかスポーンしませんが(だから洞窟などを探検していてもなかなかお目にかかれないんですね)、他のモンスターと違って明るくてもスポーンしてくれるため、湧き潰しをしておけばスライムだけを大量にスポーンさせることができます。

チャンクとは

そもそもチャンクって何?という感じだと思うので簡単に説明すると、チャンクというのは16×256×16(x,y,z)の大きさの、マインクラフトの世界を分割する一つの単位のことです。ゲームを開始するとプレイヤーの周囲から順に、ある範囲ごとに世界が読み込まれていきますが、このときの一つの範囲が1チャンクです。

ゲーム開始直後の、ワールドが読み込まれていく瞬間。
ワールドが読み込まれていく様子

上画像、赤い四角の部分が1チャンクです。マイクラのワールドは、この単位で読み込まれていきます。

チャンクの境目を表示させた状態。
チャンクを境目を表示させた画面

F3キーを押しながらGキーを押すと、上画像のようにチャンクの範囲を可視化することができます。スライムトラップを作るときは、この機能も利用していきましょう。

スライムファインダーの使い方

では次は、スライムチャンクの探し方について説明していきます。スライムチャンク探しには、Slime Finder(スライムファインダー)というサイトを利用します。

Slime Finder

このスライムファインダーは、Seed値を入力するとスライムチャンクの位置(座標)を示してくれるという、非常に便利なツールです。スライムチャンクの位置はSeed値によって計算できるらしく、その結果を見やすい形で表示してくれます。英語表記のサイトですが、使い方は簡単です。以下、説明します。

Seed値の表示方法

まず、自分のワールドのシード値を調べる必要があります。チートがONの状態で、/seedと入力。すべて半角です。

下のチャット欄に表示されます。
表示されるシード値

サバイバルでプレイしていてコマンドが使用できない場合は、「ワールドの再生成」を利用します。

ワールドの選択画面で、再生成のボタンを押します。
ワールドの再生成ボタン

プレイしているワールドを選択した状態で、下の再生成のボタンを押すと、同じシード値のワールドを生成することができます。このとき、サバイバルからクリエイティブに変更してワールドを生成し、/seedコマンドでシード値を調べましょう。

シード値は、数字の羅列になっています。間違えないようにメモしてください。F2キーでスクリーンショットを撮っておくと確実だと思います。

スライムチャンクの探し方

では、実際にスライムファインダーを使って、スライムチャンクを探していきましょう。

スライムファインダーのページを開き、先程調べたシード値を入力します。
スライムファインダーに入力したシード値

タイトルのすぐ下の「Seed」と書かれたところに入力し、「Find Slimes!」のボタンをクリックします。すると、スライムチャンクの位置を表している図が、自分のワールドのものに変更されます。(PS4版などでプレイしている場合は、図の下にあるドロップダウンリストでXone/PS4を選択すると、スライムチャンクを調べることができます)

座標を確認します。
スライムファインダーに表示されている座標

この図は横軸がX座標を、縦軸がZ座標を表しています。緑色で塗りつぶされているところがスライムチャンクです。図は左クリックで掴んで動かすことができるので、スライムトラップを作る予定の座標近くまで動かして、近いスライムチャンクの座標を確認しましょう。

今回は、上画像の赤枠で囲ったチャンクが近いので、ここで作ることにします。狙うチャンクが決まったら、矢印で示した位置の座標をメモしておきましょう。この座標の範囲内で、Y=39以下の地下を掘っていきます。

スライムトラップタワーの作り方

作成するスライムトラップタワーは、地下に16×16の大きさの湧き層を3マス間隔で重ね、水流でスライムを運搬して処理する仕組みです。

設計図。
スライムトラップタワーの設計図

湧き層でスポーンしたスライムを、湧き層の周りの隙間から下の水路に落とします。落ちたスライムは水流で一箇所に集めて、まとめて処理します。

一番上の湧き層は、立ったときにY=39と表示される高さです。壁は自分で建てるのではなく、地下なので周囲のブロックをそのまま使用。各湧き層の間と、湧き層と壁との間を掘っていくという感じです。

スライムがスポーンするには大で3×2.5×3、中で3×2×3、小で1×2×1の範囲が必要で、巨大スライムをスポーンさせたほうがトラップタワーの効率が良くなるので、湧き層の間隔は3マスにします。設計図では湧き層を9層作っていますが、下のほうはマグマの処理などが面倒くさいので、上から6~8層くらいにしておくのがいいです。それでも、十分な量のスライムボールが集まります。

場所を決めたら湧きチェックをしよう

時間をかけてトラップタワーを作ったのに全く湧かない、なんていうことになったら大変です。このトラップタワーも大掛かりな装置になるので、実際にその場所にスライムが湧くことを確かめてから、本格的な作業に入りましょう。

上の階層を掘ってみて、湧くかどうか確かめます。下画像は高さ4マスで掘っていますが、3マスで大丈夫です。
湧きチェック用の湧き層

24マス以上離れてしばらく放置してみて(モンスターはプレイヤーから24~128マスの距離にスポーンします)、スライムが湧くことが確認できればOKです。

チャンクが間違っていないのに放置しても湧かない場合は、周囲に湧き潰しができていない空間がある可能性が高いです。周囲で他のモンスターがスポーンしていると、いくらスライムチャンクであってもスライムはなかなか湧きません。プレイヤーから128マスの距離までモンスターが湧くので、その範囲は全て湧き潰ししてあるのが理想。全ては難しくても、周囲の大きな空洞は湧き潰ししておく必要があります。周囲の湧き潰しができている可能性が高いであろう「拠点近く」で、スライムトラップを作るといいかもしれませんね。

湧き層の作成

スライムが湧くことが確認できたら、本格的に湧き層を作っていきます。スライムのスポーンに明るさは関係ないので、湧き層は全て松明で湧き潰しして下さい。

湧き潰しは、湧き層の四隅とその中間、湧き層の中央、中央と四隅の中間に松明を立てる形がいいと思います。
湧き層への松明の置き方

同じ層を、6~8層くらい作っていきます。
重なる湧き層

上画像ではわかりやすいように黄色の羊毛を使って湧き層を作っていますが、モンスターが湧くブロックであれば他のブロックでも構いません。羊毛は溶岩で燃えてしまうので、丸石などにしておいたほうが無難です。

Y=11以下の湧き層

Y=11以下に湧き層を作る場合は、溶岩溜まりを処理しながら作らなければいけません。今回はマグマを砂ブロックで地道に埋めていきました(砂利ブロックでも可能)。かなり手間がかかったので、無理にやらなくてもいいかも。周囲の湧き潰しがしっかりできていれば、湧き層が1、2層少なくてもスライムがたくさんスポーンしてくれるので、あまり問題にはならないです。

湧き層に使用している黄色の羊毛は、処理し忘れた溶岩のせいで延焼してしまいました。
延焼する羊毛

ブロックで塞がれている溶岩から、火の粉が飛び散って燃えうつりました。こうなってしまうと修正がかなり面倒くさいので、丸石などの燃えないブロックで作るようにしましょう。

スポンサーリンク

壁を掘る

湧き層を下まで作ったら、湧き層の周りを掘り下げていきます。
掘られた湧き層の周り

湧き層の周りをぐるりと掘り、湧き層が壁と接していない状態にします。ここはスライムを落とす穴になるので、大きなスライムでも引っかからないように3マス分の幅が必要です。周りを全部掘らなければいけないので、サバイバルではめちゃくちゃ大変(クリエイティブでも、コマンドを使わないとかなりの時間がかかります)。ダイヤのツルハシは必須です。根気強く、頑張りましょう。

一番下の層の周りには水を流すので、湧き層からさらに一段下げて掘っておきます。
スライムを一箇所に集めるための水路

一番下の湧き層の周りには、スライムを一箇所に集めるための水流を設置します。上から落ちてきたスライムは水のクッションでダメージを受けないまま着地し、流された先で処理されます。

水路と処理装置の作成

すべて掘り終わったら、スライムを処理する設備を作っていきます。

完成図はこんな感じ。
スライムを処理する溶岩と水

巨大なスライムは溶岩で焼いて中くらいのスライムに。中、小スライムは、溶岩のさらに奥の水中に誘導されて、中で窒息するという装置です。溶岩の位置を低くして中、小スライムも溶岩で焼くようにしても良かったのですが、アイテムの一部が燃えたり、回収できなかったりしていたので、この形にしています。アイテムが燃えるのが気にならない場合は、溶岩で焼く形のほうが作るのは簡単。入手できる量が多いので、どちらの形にしてもいいと思います。

まずは四隅のうちどこでもいいので、スライムを処理する場所を決めましょう。

場所を決めたら、2マスの高さで奥まで適当に掘っておきます。
処理部分

次に、掘った横穴の入り口部分に、下画像のように看板を設置していきます。
処理部分入り口に設置する看板

看板を設置する場所は、次の5箇所です。

1.掘った横穴1マス目の最下段
2.1の上
3.2の隣、水路側
4.3の斜め上、水路側
5.4の隣、壁

1~4の位置は、3枚重ねで看板を設置します(すでに設置してある看板にカーソルを合わせて、Shiftキーを押しながら設置すると、重ねて設置することができます)。この看板は、水や溶岩をせき止めるために使います。

看板の奥を3×3の範囲で1マス掘り下げ、ホッパーを設置します。
処理部分奥に敷き詰めるホッパー

これらのホッパーは、黄色い羊毛の位置につながるように設置しておきます。黄色い羊毛はあとからチェストに変更します。

ホッパーの上に水源を敷き詰めます。2段目の看板までの高さです。
処理部分に満たす水

中が見えるように、上はガラスブロックで覆いました。
水の上を覆うガラスブロック

黄色い羊毛を置いていた場所には、チェストを設置。
スライムボール格納用チェスト

チェストの上をガラスブロックにしておけば、中の水をせき止めつつチェストを開けることが可能。これで、窒息死したスライムがドロップするスライムボールをホッパーが吸い取り、チェストに格納してくれる仕組みの完成です。

次は、巨大スライムを中スライムに分裂させるための溶岩を、設置します。

下画像の位置に、溶岩を設置します。
処理部分入り口に設置される溶岩

溶岩が1×3の範囲に入るようにします。3マスのうちどれか1マスに入れて、他の2マスに流しておく形でもOKです。流されてきた巨大スライムは溶岩に触れて、中くらいのスライムに分裂してくれます。

この溶岩は、壁のラインから1マス飛び出ている形になります。溶岩を壁のラインに合わせて(現在の形より1マス引っ込めて)設置しても同じように機能させることができますが、その形だとなかなかスライムが溶岩に触れてくれませんでした(溶岩に触れるのに時間がかかる)。

最後に、水路の整備です。

処理装置のほうにスライムが流れていくように、看板を使いながら水流を設置していきます。
処理部分に向かって流れる水流

看板を重ねて設置して、その隣から水を流してやります。
重ねた看板から流れていく水

角はこんな感じで。
水路の角の看板と水の設置方法

水路全体に水流を設置したら、完成です。実際に動かしてみましょう。

巨大スライムは溶岩で燃えて、中・小スライムは水の中に入って窒息死します。
スライムが溶岩と水によって処理される様子

湧かない時のチェックポイント

いくら待ってもスライムが湧かない。そんなときは次の4つのポイントを確認してみましょう。

1.チャンク間違い
2.設定の問題
3.距離
4.周囲の湧き潰し
5.Y=40で作っている

1.スライムチャンクでは無い

スライムファインダーで座標を調べるときに、間違ったシード値を入力してしまうということが結構あるようです。マイナスを付け忘れてたり、数字の順番を間違えたりしていないか確認してみましょう。また、ワールド内で調べる座標(トラップを作る場所の座標)もマイナスがついていないか確認してみてください。

スライムファインダーが最新バージョンに対応していないのでは?というウワサもありますが、私は現在の最新バージョン(1.11.2)で普通に使えています。

湧き層がズレてしまっていたこともありました。
湧き層がズレているパターン

湧き層が右に1マス、下に1マスずれていたことがありました。1マス程度のズレならほとんど支障はないですが、層が多いので修正にはなかなか手間がかかります。

スライムファインダーで目盛りに表示されている座標と、実際のスライムチャンクの座標は1マスずれることになります。スライムファインダーで-80~-64の間がスライムチャンクと表示されていたとしたら、F3キーで表示されるプレイヤーの位置座標の、-64~-79までが範囲になります。Look atで表示される座標だと、-65~-80の範囲です。計算したり数えたりして大まかな場所がわかったら、必ずF3+Gキーでチャンクの線を表示させて確認するようにしましょう。

2.難易度とビデオ設定

難易度がピースフルだとモンスターがスポーンないので、当然スライムも発生しません。ピースフルになっていたらノーマルに戻してみましょう。また、バージョン1.8では表示チャンクを10以上に設定しないとモンスターが湧きにくくなるというバグがあったようなので、表示チャンクを12とか16とかに設定してみてください。

3.プレイヤーの立っている場所

スライムのスポーンを待つときは、トラップからの距離が24~128マスの範囲で待つようにしましょう。それ以上近づいても、離れても、モンスターはスポーンしなくなります。Y=63以上の高さであれば、トラップの真上の地表で待っているだけでもスポーンしてくれます。

4.周囲の湧き潰し

周辺の湧き潰しがしっかりできているか確認しましょう。モンスターがスポーンできる総数は決まっていて、スライムトラップとは他の場所にたくさんモンスターが沸いているとトラップ内でスライムが湧きにくくなってしまいます。

モンスターはプレイヤーから24~128マス離れた距離にスポーンするので、トラップから上下前後左右120マスくらいの範囲はすべて湧き潰しされていることが理想です。周囲に洞窟がいくつもあると思うので、見つけたところは手当たり次第に湧き潰しをしましょう。トラップを作ることよりもこちらのほうに時間がかかりますが、しっかりやっておくと短時間でも大量のスライムが湧くようになります。

Y=40で作っている

スライムはY=40以下の高さでスポーンするという情報もあったので、Y=40と表示される位置に湧き層を作って確かめてみました。

しばらく放置してみると・・。
Y=40ではスライムがスポーンしない様子

一番上の空間の床がY=40です。見事にこの空間にだけ、スライムが湧きませんでした。湧き層はY=39の高さから作っていくようにしましょう。

アイテムエレベーターと組み合わせることも可能です。
アイテムエレベーター

地上へのアイテム輸送システムを組み合わせれば地下に降りる必要も全くなくなり、地上で作業しているだけでどんどんスライムボールがたまっていきます。

アイテムエレベーターの詳しい作り方はコチラ。
ドロッパー式アイテムエレベーター!作り方と装置の仕組みを解説します

ということで、スライムトラップタワーの作り方の紹介でした。ここまで大規模なものでなくても、スライムの湧き部屋を3つくらい作るだけでかなり役立つと思います。ぜひ挑戦してみてください。

スポンサーリンク

23 Responses to “スライムトラップの作り方!使い切れないほどスライムボールが入手可能”

  1. sora より:

    すごく参考になりました!
    動画とかではスライムトラップ作ってる人見てたんですけど
    練習としてクリエイティブで作ってるんですけど
    クリエイティブでも意外に時間がかかるし
    スライムトラップってみたところ簡単に作れそうだなーって
    思ったけど本当にやってみるとヒカキンさんとかの気持ちがよーくわかりました。
    ありがとうございました。
    スライムトラップ作り頑張ります‼︎‼︎

  2. とも より:

    Slime Finder がリンク切れてます。
    ちなみに、アーカイブ挟んでも活用できました。

  3. nishi より:

    >soraさん
    作るのかなり大変ですよね。
    でもそのぶん達成感も!

    >ともさん
    ありがとうございます。修正しておきました!

  4. 匿名 より:

    シード値、神殿特定済み(あるいは特定前でもアイバグ覚悟の上)であれば、ワールド再生成からコピーした方が間違いがなくて楽かもですね。

    それと、「Y40以下」のくだりですが、おそらくその情報主さんは「以下」という言葉が、それを含まないものと思っておられるのではとおもいます。
    つまり、「Y39から下」のつもりで。
    「未満」「以下」「以上」など、「それを含むか含まないか」を理解しないで使う人多いですし。

  5. ゆう より:

    エディションがビータ版のときはスライムファインダーが使えないでどうすればいいですか?

  6. nishi より:

    >匿名さん
    そうかもしれないですね!

    >ゆうさん
    Vita版の場合はX360/PS3を選択するといいらしいです!

  7. より:

    看板のところマグマいれると燃えてしまうんですが( ´›ω‹`)

    • nishi より:

      >mさん
      PEだと溶岩に隣接する看板が燃えてしまうようですね。溶岩の下にある看板は燃えないみたいなので、溶岩の横の看板をトラップドアなどで置き換えられたらうまくいくかもしれません。

  8. ロングフラミンゴ より:

    wiiu版だったらスライムファインダー何に設定すればよいのですか?

  9. ロングフラミンゴ より:

    二回目のコメントすいません。
    スライムを見たいのですが待機所はどう作ればいいのでしょうか??
    良かった教えていただくと助かります。
    ぐぐってものってないのです・・・。
    ちなみにwiiuでやっています。

    • nishi より:

      >ロングフラミンゴさん
      wiiuの場合もX360/PS3を選択するという情報を見つけたので、試してみてください。待機場所はトラップからある程度離れた位置に作らないとスライムがわかなくなってしまいます。ただ、離れるとよく見えなくなるので難しいですね。

      • ロングフラミンゴ より:

        ありがとうございます!試したいと思います!
        このサイトのおかげでマイクラが発展してゆく♪

  10. v3q より:

    コメント失礼します。
    自分は、最新バージョン1.11.2でマイクラをやっています。一昨日から作っているスライムトラップですが、湧き潰し、チャンク、高さなど共にすべてあっていますし、やっています。
    なのに1匹たりともスライムが湧きません。
    これについてわかるからいましたら、返信いただけると嬉しいです!

    • おぬ より:

      失礼します。
      私も同じ現象に悩んでいます。
      seed値、チャンク位置共に間違いなく、地上の待機地点からの沸き潰しも処理済
      しかし一切沸きません
      アプデで仕様が変わったのでしょうか??

      • かまくら より:

        スペクターモードを使って、他の洞窟や空洞が無いか、調べるのはどうでしょうか?ちなみに1.11.2でも手順どうりに作れば沸きましたよ。

  11. nishi より:

    >v3qさん、おぬさん
    最新バージョンで試してみましたが、スライムファインダーで表示されるチャンクでスライムは湧きました。過去にスライムチャンクが間違っている、そもそも調べたシード値が間違っている、難易度がピースフルになっている、他の場所にモンスターがたくさん湧いている、というミスで沸かなかったことがあるので、そのあたりを確かめてみるといいかもしれません。かまくらさんの言うとおりに、スペクテイターモードで周囲に洞窟が無いか確認してみるといいと思います。かまくらさん、ありがとうございます!

  12. かまくら より:

    追伸です。
    コメントした後作ってみました。どうやら、間が4ブロック以上ないと沸かないらしいです。4ブロック開けて作ったら、ちゃんと沸きました。

  13. nishi より:

    >かまくらさん
    情報ありがとうございます!私ももう一度試してみましたが、PC版最新バージョンだと層の間隔が3ブロックでも、巨大なスライムがスポーンしました。PS4版などでは4ブロック必要なのかもしれません。

  14. しょーゆ より:

    ニンテンドースイッチ版だと、何基準になるとかわかりますか?
    スライムファインダーで調べたところまだスイッチって名前は出てなかったと思うので。

  15. はは より:

    高さ40の地点でも湧きますよ

    Y=40で湧いたスライム

  16. ガーディアンくん より:

    スライムの湧き層の壁にスライムから見えるようにアイアンゴーレムを召喚するとスライムがよって来て効率が上がりますよ!

  17. とも より:

    スイッチ版でやってるんですがどうすればいいんですか?

コメントを残す

関連コンテンツ&スポンサーリンク

サブコンテンツ

このページの先頭へ