マインクラフトJava Editionが1.13.2にアップデートされていました。バグ修正とパフォーマンス改善のアップデートということで新しい要素は何も追加されていませんが、どのような点が改善されたのか気になったので以前のバージョンからの変更点を調べてみました。

スポンサーリンク

改善されたパフォーマンス

今回のアップデートでは、次のような点が改善されています。

・ワールド更新のパフォーマンス
・カメの経路検索のパフォーマンス
・ゲームスタート時の読み込み時間
・mobスポーンのパフォーマンス
・その他、全体的なパフォーマンス

パフォーマンスが向上したのでユーザーにとっては嬉しいバージョンアップですが、見た目が変わったり動作が変わったりしたわけではなく、実際にプレイしているときに変化を実感するのは難しそうです。

修正されたバグは、次の9個です。

・プレイヤーが地上から125ブロック離れた上空など高いところにいるとき、下でMobがデスポーンとリスポーンを繰り返すことでラグが発生する
・古いバージョンのワールドを新しいバージョンに更新したときに、チャンクの境界に置かれたチェストの中身が消える
・ブロックエンティティの描画中にクラッシュする
・ブロックが高度限界(Y=255)付近に作られる高さでワールドを生成するとクラッシュする
・骨粉を持った状態でシュルカーボックスをShift+右クリックするとクラッシュする
・バージョン1.8で生成したワールドをバージョン1.13で読み込んだとき、本の中身が破損する
・ワールドを更新するときにConcurrentModificationExceptionが発生する
・敵対または中立Mobが、Z座標が正の場所でほとんどスポーンしない
・非公開のセキュリティについての問題

この記事を書いている時点では、Wikiの1.13.2日本語ページに「洞窟グモが水中で窒息ダメージを受けない」バグが修正されたと記載されていましたが、試してみたところ1.13.1でも普通に窒息ダメージを受けていました。

スポンサーリンク

以前のバージョンとの比較

実際に挙動がどう変わったのか、比較できそうな修正点について古いバージョンと比べてみました。

ワールド更新のパフォーマンス

ワールド選択画面でワールドを選択し、下の編集ボタン→ワールドを最適化ボタンと進むとワールドを新しいバージョンに最適化することができます。このパフォーマンスが改善されています。

ワールド最適化途中の画面。
ワールド最適化中

上画像は、バージョン1.13.2とバージョン1.13.1で同じワールドのセーブデータ(1.12.2)を最適化している様子です。左の画面がバージョン1.13.2、右の画面が1.13.1で、ほぼ同時に最適化を開始しています。1.13.1→1.13.2の順に最適化のボタンをクリックしましたが、1.13.2のほうが最適化が完了するまでの時間が短かったです。

ゲームスタート時の読み込み時間

同じワールドを一度それぞれのバージョンで読み込んでからいったんセーブして終了し、その後、再度ワールドを読み込んだときの起動時間を比べてみました。

左が1.13.2で、右が1.13.1です。
ゲームスタート時の比較

こちらも1.13.1のほうを先にスタートさせたのですが、1.13.2のほうが早くワールドが開かれました。1.13.2を遊ぶだけでは実感できない部分ですが、こうして比較するとだいぶ早くなっていると感じます。

Mobのスポーンとデスポーン

バージョン1.13.1までは、プレイヤーが上空に移動したときにプレイヤーから128ブロック以上離れた地面でモンスターが連続でスポーンとデスポーンを繰り返していました。

上空から地面を見下ろすと、モンスター(黒い影のように見える部分)がスポーンしては消えを繰り返しているのがわかります。
1.13.1のスポーン&デスポーン

1.13.2では、このスポーンとデスポーンが無くなっていました。
1.13.2のスポーン&デスポーン

限界高度付近でワールドを生成するとクラッシュする

バージョン1.13.1では、地面がY=250あたりになるようにスーパーフラットのワールドを生成すると、ワールドが開かれずにクラッシュしてしまいます。それが1.13.2ではクラッシュしないように改善されました。

村は限界高度より上の部分が削り取られています。
屋根の無い家

スーパーフラットで生成しているにもかかわらず、断崖絶壁が作られていました。
スーパーフラットの断崖絶壁

骨粉を持ってシュルカーボックスを右クリックすると・・

バージョン1.13.1では、骨粉を持った状態でシュルカーボックスを右クリックすると・・
シュルカーボックス

クラッシュします。
クラッシュ画面

このバグが、バージョン1.13.2では改善されています。実際にやってみてもクラッシュしませんでした。

1.8で作った本を開くと内容が破壊される

バージョン1.8で作成した本(著書)をバージョン1.13.1で開くと、本のタイトルと内容が壊れてしまいます。

1.8で書いた内容が、
1.8で書いた著書

1.13.1では読めません。
1.13.1で開いた著書

1.13.2で開くと、普通にタイトルと内容を確認することができました。

チェストの中身が消える!?

チャンクの境界線に置かれたラージチェストの中身が消えてしまうというバグがあったようです。

チャンクの境界線に置かれたラージチェスト。バージョン1.12.2です。
バージョン1.12.2で設置したラージチェスト

中身には石が満タンに入っています。
チェストの中身

これをバージョン1.13.1で読み込むと・・。

チェストの中身が半分消えてしまいました。
消えたチェストの中身

西側の境界線に置かれたラージチェストだけは中身が消えずに残っていましたが、他の3方向の境界線に置かれたチェストは中身が半分消えてしまっていました。普段からチャンクの境界線を意識している人は少ないと思うので、貴重なアイテムが消えてしまった人もいるかもしれませんね。1.13.2ではこのやばいバグも修正されているので一安心です。

ということで、バージョン1.13.2アップデート内容の紹介でした。ワールドの内容には直接的に影響を及ぼさないものの、マインクラフトがより快適になるアップデートでした。遊びやすくなったマインクラフトを、今後も楽しんでいきましょう!