ネザーに行くにはネザーゲートを作る必要がありますが、ネザーゲートの材料である「黒曜石」は、ダイヤのツルハシが無ければアイテムとして手に入れることができません。しかし、水と溶岩を上手に使うことで、ダイヤのツルハシ無しでもネザーゲートを作ることができます。今回はそのやり方と、ネザーゲートの性質について詳しく紹介したいと思います。

スポンサーリンク

ネザーゲートとは

ネザーゲートとは、通常世界と別世界のネザーをつないでくれる、空間移動の装置のことです。ネザーポータルと言われることもあります(英語のWikiにはNether Portalと表現されているので、ネザーポータルが正式名称なのかもしれません)。黒曜石で作られた枠の中に紫色の膜が張ってあるような見た目をしていて、プレイヤーが紫色の部分に触れると、ネザーへワープすることができます。

これがネザーゲートです。
ネザーゲート

結構音がうるさく、起動したゲートの枠にはゾンビピッグマンがスポーンする可能性もあるので、拠点のすぐ近くには作らないほうがいいかもしれません。拠点からは少し離れた位置に作ってフェンスで囲んでおくのがいいと思います。

ゲートの枠(黒曜石)

ネザーゲートの枠に使われている黒曜石は、マインクラフトのワールドで最強の硬度を誇るブロックです(岩盤を除く)。溶岩が水流に触れたときに生成されるので、地下の洞窟を探検しているとたまにお目にかかることができます。

地下で生成されている黒曜石。
地下で生成されている黒曜石

黒曜石はダイヤのツルハシで破壊したときにだけ、アイテムとしてドロップします。他の素材のツルハシや素手でも破壊はできますが、アイテム化はしません。ちなみに素手での破壊には250秒という時間がかかり、ダイヤのツルハシでも破壊には9.4秒の時間が必要です。4分以上左クリックしっぱなしは、かなりキツイです。

ネザーゲートの作り方・使い方

材料さえ揃えることができれば、ネザーゲートを作ること自体は簡単です。

最も基本的なネザーゲート。
基本的なネザーゲートの大きさ

縦3横2の範囲を黒曜石でぐるりと囲めばOKです。枠を含めると、5×4の大きさになります。ゲートは枠が四角形になっていれば大きいものでも起動可能で、最大で21×21のゲートを起動させることができます(枠を含めると23×23)。

変わった形のゲート。
変わった形のゲート

枠が複雑な形をしているとゲートは起動しませんが、上画像のようにそれぞれのゲートが四角形になるように区切れば、起動させることができます。

ゲートの起動・停止方法

枠の内側に「火打石と打ち金」で火をつければ、ゲートが起動します(火打石と打ち金は、火打石と鉄インゴットでクラフト可能です)。

ここに着火します。
着火する場所

起動したゲートは、紫色の部分や枠を破壊すると停止させることができます。紫色のポータル部分は素手で殴っても破壊することができ、水流や溶岩流でも破壊することができます。枠さえ残っていれば、停止したゲートはもう一度着火すれば再起動可能です。ネザーに行くときは、再着火できるように火打石と打ち金を持っていきましょう(ネザー側のゲートはガストの火の玉によって停止してしまう可能性があるので、できれば丸石などの硬いブロックで覆っておくといいです)。

ゲートの使い方

プレイヤーがゲートの紫色の部分に触れると、ネザーの読み込みが始まります。ネザー側にもゲートが自動的に生成されていて、プレイヤーはネザー側のゲートの中に降り立ちます。

ネザーのゲート。通常世界で大きいゲートを作っても、ネザー側のゲートはいつもこの形です。
ネザー側のゲート

もとの世界に戻るときはこのゲートを使って戻るので、ネザーに行ったら一応ゲートの座標を確認しておきましょう。

ゲートのつながり方

作ったネザーゲートの位置が近い場合、もう一方の世界では複数のゲートは生成されず、最初に生成された一つのゲートにつながるという性質があります。例えば通常世界でA、B、Cという3つのゲートを作ったとしても、それぞれが近い位置にあると、どれを通ってもネザーではDという同じゲートに出てしまいます。

ゲートのつながり方についてはこちらの記事で詳しく解説しているので、ぜひ読んでみてください。

通常世界からネザーへ行き、ネザー側で生成されたゲートから、ある程度離れた位置にゲートを作って通常世界に戻ると、ネザーで移動した距離の8倍離れた位置に出ます。この性質を利用すると、通

また、対応する座標にゲートが存在しない場合は、もっとも近いゲートを探してそのゲートとつながるという面白い性質があります。この性質を上手に利用すると、地上から天空へすぐに移動することが可能になります。

スポンサーリンク

ダイヤ無しでゲートを作る方法

普通はダイヤのツルハシを使って黒曜石を採取しゲートを作っていくことになると思いますが、ダイヤがなかなか見つからない場合でも、溶岩と水を使うことでゲートを作ることができます。やり方を順に見ていってみましょう。

必要な材料

ダイヤのツルハシ無しでゲートを作るために、必要な材料は次のものです。

・溶岩源 10個
・空のバケツ 10個以上あると楽。最低1コ。
・水入りバケツ 1個
・土などのブロック 50個くらい

溶岩流が黒曜石になってくれれば溶岩源は1つあるだけでいいのですが、黒曜石が生成されるのは溶岩源が水流に触れたときなので、溶岩源が最低10個必要になります。地上に溶岩湖が生成されていれば、そこから持ってくるのが最も簡単。近くに溶岩湖がなかったら、高度Y=11あたりの地下に行って採取してきましょう。

バケツが10個以上あれば溶岩をバケツに入れて持っておけるので、作業が非常に楽になります。鉄不足でバケツを10個も作れないという場合は、10個ぶんの穴を掘って採取してきた溶岩を入れておくようにしましょう。間違って水を流してしまう可能性があるので、穴はブロックでガードしておいたほういいです。

水入りバケツは一つあればいいですが、水を消滅させてしまったときのために近くに無限水源を作っておくと安心です。

溶岩流や水流が広がって作業がしにくくならないように、型枠用のブロックを設置して、その中に溶岩や水を流すという方法でゲートを作っていきます。燃えなくて、あとから破壊しやすい土ブロックあたりが最適です。

ダイヤ無しで作るゲートの作成手順

ここからは、ゲートの作成手順を説明していきます。説明ではブロックの数が数えやすいように型枠用として磨かれた安山岩を使用していますが、通常は土ブロックを使えばOKです。

ゲートを建てる位置の地面を3マスぶん掘って端から水を流し、水流部分2マスに溶岩を流し込みます。
下枠の作り方

水源に直接溶岩を入れてしまうと、黒曜石は生成されるものの水源が消滅してしまうので、注意しましょう。何度も水を汲みに行くのは面倒です。

溶岩を入れると、黒曜石が生成されます。これがゲートの下枠です。水はバケツで回収し、穴は埋めておきましょう。
生成された下枠

次は左右の柱を作っていきます。型枠用のブロックを下画像のように設置。
型枠用ブロック

型枠内の真ん中から水を流します(真ん中の2マスならどちらからでもOK)。
真ん中からの水流

左右の端に溶岩を流し込み、黒曜石を生成します。
生成された黒曜石

バケツで水を回収したら黒曜石の間をブロックで埋めて、
黒曜石の間の型枠用ブロック

型枠用ブロックを同じ形で一段高くして、先ほどと同じ作業を行います。
一段高い型枠用ブロック

3ブロックぶんの黒曜石の柱ができるまで、これを繰り返します。

最上部は、型枠の端から水を流します。
最上部の水流

水源に遠い方から順に溶岩を流し込み、上の枠となる黒曜石を生成します。
上枠の黒曜石

最後に型枠用のブロックを取り除けば、枠の完成です。
完成した枠

角に黒曜石が無いですが、この形でも問題なく起動します。ゲート内側に火打石と打ち金で火をつけて、ネザーに行ってみましょう!

村人ゾンビを治療するためには、ポーションが必要です。そしてポーションの醸造に使う醸造台は、ブレイズロッドを材料として使用します。ブレイズロッドはネザー要塞の中でスポーンするブレイズ

ということで、ネザーゲートの基礎知識と、ダイヤのツルハシ無しでゲートを作る方法の紹介でした。本格的なネザーの探検はあとからやるとしても、早めにネザー水晶を手に入れておけばコンパレーターが使えるようになるので、様々な自動装置を作ることができます。バケツと溶岩と水さえあれば、序盤でもゲートを起動させることが可能なので、ぜひこのテクニックを使ってネザーゲートを作ってみてください。