マイクラJava版1.15アップデートの変更点や追加要素をまとめています。ミツバチやハチの巣ブロックが追加され、平原での生活がより楽しいものになりました。




1.15Buzzy Beesアップデートの概要

Java版1.15はBuzzy Beesアップデートと呼ばれていて、新しいMobの「ミツバチ」が追加されました。ミツバチは平原・ヒマワリ平原・花の森バイオームの木に生成される「ミツバチの巣」の周辺にスポーンします。

ハチの巣と飛び回るミツバチ。繁殖のエサは花です。
ハチの巣

新しいブロックなど

ミツバチは花の蜜を集めて「ミツバチの巣」に持ち帰ります。ミツバチの巣には集めたミツが少しずつたまっていき、MAXまでたまった巣からはハチミツが採取可能です。

ミツバチの巣と同じ機能を持つ養蜂箱(ようほうばこ)。
養蜂箱

ハニカム3つを木材3つで上下から挟むとクラフトできます。
養蜂箱の作り方

材料のハニカムはハチミツがたまったミツバチの巣に、ハサミを使うと入手できるアイテムです。一回でハニカム3つを採取可能。この「養蜂箱(ようほうばこ)」を作れば、好きな場所でハチの巣と同じようにハチミツを集めることができます。ミツバチの巣を採取するにはシルクタッチが必要なので、なければ養蜂箱をクラフトすることを考えましょう。

ハチの巣や巣箱にたまったハチミツはガラス瓶で採取できますが、そのまま取るとミツバチが敵対化してしまいます。それを防ぐのが焚き火。巣の下から煙をあててやれば、ミツバチがおとなしくなります。

忘れずに設置しておきましょう。
煙であぶられるハチの巣

採取したハチミツは飲むと満腹度が6(隠し満腹度2.4)回復し、毒を消してくれます。はちみつ入りの瓶1つから砂糖が3つクラフト可能です。

ハニカムブロック。
ハニカムブロック

ハニカムブロックは、ハニカム4つで作ることができるブロックです。ハチの巣のような模様がついている装飾用のブロックです。

ハチミツブロック。
ハチミツブロック

ハチミツブロックは、ハチミツ入りの瓶4つからクラフトできるブロックです。スライムブロックのように機能しますが、スライムブロックよりも粘着力が高く、ブロックの上ではプレイヤーのジャンプ力や移動スピードが大きく減少します(ダッシュ不可)。

コマンド

コマンドも新しいものが追加されていますが、ここでは個人的に使う機会の多い「/gameruleコマンド」に追加された要素について紹介します。ファントムのスポーンを制御できるのはかなり嬉しいですね。

コマンド デフォルト 説明
doInsomnia true falseにすると夜になってもファントムがスポーンしない。
doImmediateRespawn false trueにするとゲームオーバー画面が表示されず即リスポーンする。
drowningDamage true falseにすると水中で酸素ゲージがなくなってもダメージを受けなくなる。
fallDamage true falseにすると落下ダメージを受けなくなる。
fireDamage true falseにすると炎によるダメージを受けなくなる。

進捗

追加された進捗

農業タブに「大切なお客様」と「完全な引っ越し」が、冒険タブに「べとべとな状況」が追加されました。いずれもミツバチ関連の進捗です。

操作

設定→アクセシビリティ設定で、スニークとダッシュの操作方法が「切り替え」と「固定」のいずれかに変更できるようになりました。デフォルトでは「固定」になっています。

変更ボタン。
キー操作の変更

例えばスニークが「切り替え」の状態でShiftキーを押すと、Shiftキーを離してもスニーク状態が維持されます(もう一度シフトキーを押せば解除できます)。「固定」なら、キーを押している間だけスニーク状態になります。

ダッシュのほうはCtrlキーで同じように操作できます。




変更された要素

既存のブロックやMobにも変更が加えられています。

ブロックやアイテムの変更

ディスペンサーができることが増えました。
ディスペンサー

ディスペンサーにハサミを格納することで、ミツバチの巣や養蜂箱からハニカムを収穫できるようになりました。ガラス瓶を格納すればはちみつ入りの瓶も収集できます。いずれの回収もミツバチを敵対化させないところがポイント。

また水に向けてガラス瓶を発射することで、水入り瓶を作ることができるようになりました。醸造に役立ちます。さらに、これまでは水平方向に発射口が向いた状態でロケット花火が発射されると真上に飛んでいましたが、水平方向にも発射できるようになりました。

コンポスターのレシピに変更あり。
コンポスターの作り方

コンポスターの材料が、フェンス4つと木材3つから木材のハーフブロック7つに変更されました。Java版でも統合版(BE)と同じレシピで作ることができます。

鐘がレッドストーン信号で鳴るようになっています。
鐘とレバー

焚き火がシャベルで消化可能に。
消えた焚き火

ダークプリズマリンをクラフトする際に、イカスミではなく黒色の染料が必要になりました。
ダークプリズマリン

鉄のドアがツルハシ以外でドロップしなくなりました。
鉄のドア

大きなシダを破壊すると種をドロップするようになりました。
大きなシダ

スイカやカボチャの茎(最大レベルまで成長したもの)を破壊したときに、たまに種がドロップするようになりました。
茎からドロップした種

足場をかまどの燃料として使ったときの燃焼時間が長くなりました。
かまどに入った足場

樹皮を剥いだ原木4つから、樹皮を剥いだ木を3つ作れるようになりました。
樹皮を剥いだ木のレシピ

濡れたスポンジをネザーに置くと乾くようになりました。ジューッと音を立てて一瞬で水分が蒸発します。
ネザーに置かれたスポンジ

ボートをかまどや溶鉱炉の燃料として使ったときに、6つのアイテムを精錬できるようになりました(今までは1つ)。

Mobの変更点

アイアンゴーレムがダメージを受けると少しずつ壊れていくようになりました。

壊れたアイアンゴーレム。
壊れたアイアンゴーレム

ヒビの入ったアイアンゴーレムは、鉄インゴットを使うと修理することができます。鉄インゴット4つで体力MAXまで回復可能です。

オウムがエンティティにのっているプレイヤーの肩にも乗れるようになりました。
プレイヤーの肩にのるオウム

キツネが亜種も含めてすべてのタイガバイオームにスポーンするようになりました。

その他の変更点

ベッドを使用したときに、「リスポーン地点が設定されました」というメッセージが表示されるようになりました。ベッドに寝ることができない時間にベッドを使ったときも、リスポーン地点がセットされます。

表示されるメッセージ。
リスポーン地点が設定されました

また村人が寝ているベッドにプレイヤーが寝ようとしたとき、村人がどかされてベッドが使えるようになりました(今までは使えなかった)。

覆われた森にシラカバの木が再び生成されるようになりました。
覆われた森

スイートベリーの低木が巨大樹のタイガバイオームに生成されるようになりました。

エリトラが落下したときだけでなく上昇しているときにも開くようになりました。
エリトラ

スライムブロックで高くはずむときにも飛行状態に入れます(頂点に到達してから滑空開始)。

クリエイティブモードでも食料を食べることができるようになりました。
クリエイティブで食料を食べる

司書の取引内容が一部変更になりました。
司書の取引内容

「エメラルド6つ → 本棚3つ」が、「エメラルド9つ → 本棚1つ」での取引に変更されています。

バージョン1.15.xマイナーアップデートについて

バージョン1.15は、1.15.1へマイナーアップデートしています。1.15.1の変更点は以下の通りです。

1.15.1の主な変更点

1.15からのバグ修正とパフォーマンスの改善が行われたアップデートです。

ということで、マイクラJava版1.15 Buzzy Beesアップデートの詳細まとめでした。ミツバチの見た目はかわいいし、ハチミツのたまる音や垂れる音もいい感じです。ぜひあなたのワールドでも探してみてください!