アップデートの頻度が高く、新しい要素がどんどん追加されるというのもマイクラの特徴の一つ。この記事ではマイクラが過去にどのようなアップデートを重ねてきたかをまとめています。「あのバージョンではどんな変更があったんだっけ?」とか「このシステムはどのバージョンからだったっけ?」と疑問に思ったときに見返すと便利です。




Java版のアップデート履歴

マインクラフトJava Edition(いわゆるPC版)のアップデート履歴です。私がマイクラを始めたのがバージョン1.8あたりだったので、バージョン1.9以降のアップデートについてまとめています。

JE1.15 (予定)

リリース日:未定
バージョン:1.15

ミツバチ

ミツバチが追加され、養蜂箱、巣板などミツバチ関連のアイテムも合わせて追加される予定です。

JE1.14 村と略奪アップデート

リリース日:2019/4/23
バージョン:1.14、1.14.1、1.14.2、1.14.3、1.14.4

略奪隊の砦

村の構造物や村人に大きな変更が加えられたアップデートです。村の構造物や村人の見た目がバイオームごとに変更され、溶鉱炉や製図台など村人が仕事に使うブロックが多数追加されました。

村人は朝起きてから仕事をしたり集会所に集まったりして日中を過ごし、夜はベッドに戻って眠るようになりました。取引システムも変更されていて、エメラルドを持って近づくと取引ウインドウを開かなくても取引可能なアイテムを見せてくれます。

ピリジャーとラヴェジャーという新しいモンスターも追加され、条件を満たすと村が襲撃されるイベントが発生するようになりました。ピリジャーが生息する「前哨基地」という構造物も生成されるようになり、中にはアイアンゴーレムが捕らわれています。

統合版ではバージョン1.11.0で村と略奪アップデートがおこなわれています。

ヴィレッジアンドピレッジアップデートについては、以下の記事でさらに詳しく解説しています。合わせて読んでみてください。

JE1.13 アクアティックアップデート

リリース日:2018/7/18
バージョン:1.13、1.13.1、1.13.2

サンゴ礁

サンゴやコンブなど海の中にこれまではなかったブロックが生成されるようになったアップデートです。難破船や海底遺跡などプレイヤーの冒険心をくすぐる構造物が追加されていて、それらから世界のどこかに埋められている財宝のありかが記された宝の地図を手に入れることができるようになりました。

イルカやカメや熱帯魚など、かわいらしい海の生物が追加されたのもこのバージョンです。子ガメが成長するときにドロップする「カメのウロコ」で新しい防具である「カメの甲羅」を作ることができるようになり、このカメの甲羅は装備したプレイヤーに10秒間の水中呼吸のステータスを付与してくれます。エンチャントしていなくてもステータス効果が得られるという、これまでにはなかったタイプのヘルメットです。

ドラウンドやトライデントが追加されたのもこのバージョンから。ゾンビが水に沈むようになってしまったので、1.13以降は以前のバージョンで動いていたゾンビトラップを改築する必要がありました。デバッグ画面に表示されるフォントも変更されています。

統合版ではバージョン1.14でアクアティックアップデートがおこなわれています。

アクアティックアップデートについては、以下の記事でさらに詳細に解説しています。合わせて読んでみてください。

JE1.12 色彩の世界アップデート

リリース日:2018/6/7
バージョン:1.12、1.12.1、1.12.2

カラフルなヒツジ

ゲーム内の「色彩」にフォーカスしたアップデートです。羊毛の色が鮮やかになり、コンクリートやコンクリートパウダー、彩釉テラコッタなど、色彩豊かなブロックが新たに追加されました。ベッドも赤色以外の色が使えるようになっています。

ゲーム内でレシピ本が採用されたのもこのバージョンです。条件を満たすとレシピのロックが解除され、ゲームの中で作り方を確認することができるようになりました。また、バージョン1.11までの「実績」システムが「進捗」に置き換えられ、JSONファイルを使ってユーザーがカスタマイズすることができるようになっています。

イリュージョナーとオウムが追加。イリュージョナーは最新バージョンでもまだサバイバルには登場していないモンスターです。

ワールドオブカラーアップデートについては、以下の記事でさらに詳細に解説しています。合わせて読んでみてください。

JE1.11 探検アップデート

リリース日:2016/11/14
バージョン:1.11、1.11.1、1.11.2

村が隣にある森の洋館

2016年11月14日リリース。覆われた森バイオームに「森の洋館」が生成されるようになり、ヴィンディケーター、エヴォーカー、ヴェックスという洋館の中に生息する新モンスターが追加されました(ヴェックスはエヴォーカーが召喚する)。エヴォーカーがドロップする新アイテム「不死のトーテム」は、プレイヤーのゲームオーバーを一度だけ身代わりしてくれるというアイテムです。

コマンド関連の変更も行われています。構造物を探せる/locateコマンドが追加され、天候をコントロールできるdoWeatherCycle、窒息ダメージを受けるMob数を指定できるmaxEntityCrammingというゲームルールも新たに追加されました。

エクスプロレーションアップデートについては、以下の記事でさらに詳細に解説しています。合わせて読んでみてください。

JE1.10 フロストバーンアップデート

リリース日:2016/6/8
バージョン:1.11、1.11.1、1.11.2

地下に埋まっている化石

2016年6月8日リリース。雪原にスポーンするスケルトンの亜種「ストレイ」や、砂漠にスポーンするゾンビの亜種「ハスク」が追加されたバージョンです。「シロクマ」や、砂漠や湿原バイオームの地下に生成される「化石」も追加されています。

ストラクチャーブロックという特殊なブロックをプレイヤーが使用できるようになりました。他のワールドで作った構造物を保存し、読み込むことが可能です。

ネザーにマグマブロックが生成されるようになりました。また、ネザーウォートからネザーウォートブロックが、ネザーウォートとネザーレンガから赤いネザーレンガがクラフト可能になっています。

メサの廃坑が追加されたのもこのバージョンです。

フロストバーンアップデートについては、以下の記事でさらに詳細に解説しています。合わせて読んでみてください。

JE1.9 コンバットアップデート

リリース日:2016/2/29
バージョン:1.9、1.9.1、1.9.2、1.9.3、1.9.4

エンドシップとエンドシティ

これまでとは戦闘のシステムが大きく変わったバージョンです。攻撃力変動のバーが登場し、メインハンドだけでなくオフハンドが使えるようになりました。

ジ・エンドでは離島が生成され、エンドシティやエンドシップといった構造物が発見できるようになりました。エンドシップでは「エリトラ」や「ドラゴンの頭」といったレアアイテムを手に入れることができ、エリトラを装備したプレイヤーは滑空して移動できます。

また、雪原バイオームにイグルーという構造物が追加されています。地下室がある場合は村人と村人ゾンビが格納されていて、村人ゾンビを治療して村を作っていくことが可能です。

コンバットアップデートについては、以下の記事でさらに詳細に解説しています。合わせて読んでみてください。




統合版(BE)のアップデート履歴

統合版マインクラフト(Bedrock Edition)のアップデート履歴です。Windows10 Edition、Switch、スマホのマイクラが該当します。統合版を使い始めたのは、たしかバージョン1.2くらいだったような。そのあたりからまとめています。

BE1.13.0 コマンド関連のアップデート(予定)

リリース日:2019/10/29
バージョン:1.13

キツネが追加され、ストラクチャーブロックやライトブロックなどワールド作成に役立つ機能が追加されました。またキャラクタークリエイターが実装され、プレイヤーのスキンをマイクラ上で作成できるようになりました。

BE1.12.0 コマンド関連のアップデート

リリース日:2019/7/9
バージョン:1.12

/particleコマンドの追加や、アドオン・マップ作成の機能拡張が行われました。コマンドブロックでもコマンドの自動補完ができるようになり、遅延のオプションも追加されています。

BE1.11.0 村と略奪アップデート

リリース日:2019/4/23
バージョン:1.11.0、1.11.1、1.11.2、1.11.3

新mobの「襲撃隊の隊長」が追加。プレイヤーが倒すと「不吉な予感」というステータス効果が付与され、その状態で村に入ると襲撃者、ラヴェジャー、ヴィンディケーター、エヴォーカー、ウィッチがランダムにスポーンして村を襲う襲撃イベントが起こるようになった。

BE1.10.0 村と略奪アップデート

リリース日:2019/3/19
バージョン:1.10.0、1.10.1

バージョン1.9では追加されなかった村と略奪アップデートの要素が追加されました。行商人やラヴェジャーが追加され、デフォルトのテクスチャもアップデートされています。

BE1.9.0 村と略奪アップデート

リリース日:2019/2/5
バージョン:1.9.0

村の構造物や村人の見た目が変わり、村人用の職業ブロックが追加されました。クロスボウを武器として使う「略奪者」が追加され、村人を見つけると襲いかかるようになりました。ハーフブロックや階段、壁に多くの種類が追加されています。

BE1.8.0 ホリデーアップデート

リリース日:2018/12/11
バージョン:1.8.0、1.8.1

新モブのパンダやネコ、そして竹、足場、クロスボウといったアイテムが追加されたアップデートです。ファントムはネコを怖がって急降下しなくなり、ヤマネコは飼いならすことができなくなりました。

BE1.7 スコアボードのアップデート

リリース日:2018/10/16
バージョン:1.7、1.7.1

統合版で/scoreboardコマンドが使えるようになったアップデート。ただしダミーオブジェクト(dummy)のみが使用可能。また、クリエイティブモードや難易度ピースであってもプレイヤーが食べ物を食べることができるようになっています。

BE1.6 ファントムのアップデート

リリース日:2018/8/28
バージョン:1.6、1.6.1、1.6.2

ファントムが追加され、ファントムの皮膜や低速落下のポーションなど、ファントム関連のアイテムが使えるようになりました。また、コマンドでのみ入手可能なバリアブロックも追加されています。

BE1.5 アクアティックアップデート

リリース日:2018/7/10
バージョン:1.5、1.5.1、1.5.2、1.5.3

2番目のアクアティックアップデート。コンジットや立ち上る泡、カメの卵などが追加されました。ハスクは水中にずっといるとゾンビに変化し、さらにドラウンドにも変化するようになりました。

BE1.4 アクアティックアップデート

リリース日:2018/5/16
バージョン:1.4、1.4.1、1.4.2、1.4.3、1.4.4

海の中が大きく変わるアップデート。統合版にはJava版よりも少し早くリリースされました。自然発生したドラウンドしかトライデントをドロップしないJava版に対して、統合版ではゾンビが水中でドラウンド化した場合もトライデントをドロップしたため、既存のゾンビトラップに少し変更を加えることでドラウンドトラップを作ることができました。

BE1.2 ベタートゥギャザーアップデート

リリース日:2017/9/20
バージョン:1.2、1.2.1、1.2.2、1.2.3、1.2.5、1.2.6、、1.2.6.1、1.2.7、1.2.8、1.2.9、1.2.10

マインクラフトPE(Pocket Edition)とマインクラフトWindows 10 EditionがXbox OneとNintendo Switchに移植され、iOS、Android、Windows 10、Nintendo Switchなどのマイクラが「Minecraft」というタイトルに統一されました。Java版は「マインクラフト」から「マインクラフト Java Edition」にタイトルが変更され、統合版とは区別できるようになっています。

アップデートのやり方

通常の設定ならマイクラのアップデートは自動的に行われるため、ユーザー側でなにかやる必要はありません。ネットにつながっている状態でマインクラフトを起動したときに、新しいバージョンが公開されていれば勝手にダウンロードが始まって新しいバージョンでマイクラが起動します。

アップデートしたくない場合

アップデートを回避する方法はありませんが、マイクラには過去のバージョンで起動できる機能が備わっています。MODを使っていてどうしても古いバージョンで起動しなければいけないときなどは、この機能を使えばOKです。

開発版での起動方法

マイクラは過去のバージョンだけでなく、現在開発中の開発版バージョンもプレイできるようになっています。正式リリース前の開発版なので不安定になることもありますが、最新要素をいち早く体験することができます。

開発版や古いバージョンでマイクラを起動する方法は、以下の記事で詳しく解説しています。合わせて読んでみてください。