マイクラ本の制作に携わりました!本書にはダウンロード特典もあります

記事にするのが遅くなってしまいましたが、実は昨年末発売されたマイクラ本の制作に携わっていました。一部のパートを担当して原稿を書き、作品データを提供するという形で協力しています。本の制作に携わったのは人生で初めての経験で、出来上がってきた本に載っていたnishiという名前を見たときは感動しました。貴重な経験をさせてもらって、とてもありがたかったです。

スポンサーリンク

制作協力した本

制作に協力したのは、「そのままつむだけ!マインクラフト建築&インテリア完全ガイド」という本です。(ソシム株式会社発行、Project KK著)

マインクラフト建築・インテリア完全ガイドの表紙

内容はインテリアの紹介からレッドストーン回路まで盛りだくさんで、実はまだ私も全てを読めていません。チラッと見たインテリアのパートは、作ってみたくなるものがたくさん。ふすまとか、発想がスゴイです。たぶんどうやっても自分では思いつけないなぁ。

ページの最後には、私の画像も載っています。
協力者の画像

本に名前が載るなんて、感無量です。しかし、すごいメンバー。よくこの中に入れてもらえたなと思います。

解説画像がわかりやすいです

実は上の表紙の右下にどこかで見たような建築物が載っているのですが、私はトラップタワーやゾンビトラップなど、4つのパートを担当しました。私が担当したものの他にも、たくさんの建築物の作り方が紹介されています。

作り方のページでは、↓こんな感じで画像に番号がふってあり、手順を確かめながら作れるようになっています。
解説画像

画像をよく見るとわかると思いますが、解説に使われているブロックは通常のブロックと違い、1ブロックずつ黒い枠線が表示されています。いくつブロックを置けばいいのかを数えやすくなっているんですね。この工夫のおかげで、説明がとてもわかりやすくなっています。

スポンサーリンク

ダウンロード特典

巨大な建築物になると、ページ数・文字数が限られている書籍では細かく解説することが難しくなります(実際この本でも、大きな建築物に関しては作り方がわかりづらくなっている部分があります)。そんなときに使えるのが、この本に特典としてついている作品データ。専用サイトにアクセスすると建築物のデータをダウンロードすることができ、本の解説ではわからない部分も、実際に建物を見て構造を知ることができます。

mihuneさん作のスゴイ城(本の表紙になっている城)のデータも、ダウンロードできてしまいます。
スゴイ城

内装も細かく作られていて、城の中を歩き回るだけで楽しい。この労力、半端ないです。

もちろん、nishi作のトラップタワーのデータもダウンロード可能です。
nishi作トラップタワー

ワールドに入ってみたら、すでにモンスターがたまっている状態でした。実物を見ることができるので、文章の説明ではわかりにくくなってしまいがちな、レッドストーン回路部分などもバッチリ確認することができます。

ということで、私が制作に携わったマイクラ本の紹介でした。2017年6月30日までなら読者プレゼントにも応募できるようなので、興味があったら手にとってみてください。

↓この画像をクリックするとAmazonの販売ページにとびます。

スポンサーリンク

4 Responses to “マイクラ本の制作に携わりました!本書にはダウンロード特典もあります”

  1. げん より:

    出来おめでとうございます!
    なかなか充実した執筆陣ですね

  2. クロチョ より:

    凄いですね‼︎

  3. nishi より:

    >げんさん
    ありがとうございます。
    すごい方々の中にまぜてもらいました!

    >クロチョさん
    私もビックリです!

  4. m、m より:

    おめでとうございます。
    今度買おうかな。

コメントを残す

※コメントは承認後表示されます。詳しくはこちらをご覧ください。

関連コンテンツ&スポンサーリンク

サブコンテンツ

このページの先頭へ