廃坑で二度と迷わない方法!何時間も彷徨わなくてすみます

廃坑(炭鉱)は3×3のトンネルが交差しあうという構造になっています(天井はボコボコしているので高さ2の空間しかないこともある)。同じような道が何本も交差しながら存在しているので、何も考えずに探検してしまうとほぼ確実に迷います。

似たような通路が格子状に並んでいます。
スクリーンショット-2016-01-21-14.12.38-600x357 のコピー

廃坑だけならまだいいんですが、炭鉱っていうのはだいたい洞窟の奥にできてますから、洞窟まで入り組んでいたりすると悲惨です。始めたばかりの頃は、何時間も同じ道をぐるぐるとさまよっていたこともありました。

スポンサーリンク

迷子にならないために松明で目印を作る

大切なのは「来た方向がわかること」です。探検は奥に進むのは簡単なんですが、元の場所に戻るのが難しい。廃坑に限らず普通の洞窟でも、来た道がわからなくなると迷子になって長時間無駄にしてしまう危険性が一気に高まります。

例えば上下左右に入り組んだ洞窟の上側から階段状の足場を作って一段下段のフロアに降りてきた時に、その足場が見つけにくくなっていたりするとアウトです。奥を探検してきて戻った時に帰り道がわからなくなり、延々と同じ道をさまようはめになります。左右だけならなんとかなりますが、上下の移動も加わるので頭では覚えていられなくなるんですよね。

廃坑は同じような形の道しかないですから、普通の洞窟よりもさらに迷いやすくなっています。なので、洞窟で迷子にならない松明の置き方!で書いたように、松明を片方の壁にだけ置いて自分が進んできた方向をはっきりさせておくことは必須です。

道が広い場所や大きな空洞に出た場合は、湧き潰しのために地面にも松明を置くようにしますが、このとき右の壁においたりするとややこしくなるので注意。
スクリーンショット-2016-01-21-12.57.24-600x357 のコピー

さらに上に上がったり下がったりした場合は、上がってきた目印、下がってきた目印を付けておくといいと思います。

例えばこういう段差から下に降りる場合。
スクリーンショット-2016-01-21-11.56.19-600x357 のコピー

降りた位置にたくさん松明を置いて、目印をつけておきます。
スクリーンショット-2016-01-21-11.56.36-600x357 のコピー

こういう場所から上にのぼる場合も同じ。
スクリーンショット-2016-01-21-11.58.41-600x357 のコピー

登ったところに丸石と松明で目印をつけておきます。
スクリーンショット-2016-01-21-11.59.08-600x357 のコピー

目印は上りできたところなのか、下りできたところなのかわかるようにしておいたほうがいいです。上の画像では上り(下からあがってきた場合)はブロックの上の松明を置いていません。

分岐点にも目印を

道がいくつも分かれているときも、帰り道がわかるように目印を置いておくといいです。分岐の先にまた分岐があったりもするのでいちいちやるのは面倒くさいのですが、これやっておくと帰り道がわからなくなることはほぼなくなります。一度迷ってしまうととてつもない時間を消費してしまいますから、特に冒険に慣れないうちは丁寧にやるようにしたほうがいいでしょう。

例えば一本道から分岐がたくさんありそうな場所に出てきたら・・。(画像は渓谷に出た場面ですが、考え方は一緒です)
スクリーンショット-2016-01-21-12.34.39-600x357 のコピー

わかりやすい目印をつけておきます。
スクリーンショット-2016-01-21-12.34.49-600x357 のコピー

こっちから来たよってやつですね。

目印は自分がわかるものであればなんだっていいです。ジャック・オ・ランタンを置くというオシャレな人もいるし、レッドストーンダストやレッドストーントーチで方向を示す人もいます。方向さえわかれば、松明じゃなくて丸石とかでもいいですね。

スポンサーリンク

もう行かなくていい道は塞ぐ

分岐点を進んでいくと行き止まりで何もなかった、途中の鉱石も取りつくしたという場合は、道の入口を塞いでおくようにしましょう。完全に塞いでしまわなくても、ここはもう行かなくていいよということがわかればいいので、横に一列くらい丸石を並べて塞ぐといいでしょう。

ここから先はもう行く必要ないよ、という印です。
スクリーンショット-2016-01-19-09.33.16-600x357 のコピー

二段目に一列塞ぐブロックを置いておけば、奥でゾンビやスケルトンがスポーンしても閉じ込めることが可能です。

分かれ道を進んでいった結果、すでに通ったことがある場所に出ることがあります。そういう時はすでに通ったことがある場所への出口を塞ぎ、さらに入り口に戻って入り口も塞いでおくとあとから混乱せずに済みます。これをするだけでも迷子になる確率は劇的に減らせるはず。

たまにF3キーで現在位置を確認してみる

私の場合は、例えば探検の途中でダイヤを見つけたり、ゾンビスポナーを見つけたりした時は、F3キーを押して座標を表示させ、スクリーンショットを撮っておきます。一旦戻ってもう一度来るという時は、そのスクリーンショットがかなり役立ちます。

分岐の座標をスクリーンショットで撮っておく。目印となるようなもの(洞窟内に作った仮拠点など)の座標をスクリーンショットで撮っておく。そういうことをしておくと、迷子になった時、その場所に戻りやすくなります。

座標がわかっていればその方向に向かって壁を掘り進めていくこともできますし、なんとなくそっち方向に移動しているだけでも目的地につけたりしますからね。

スクリーンショットはF2キーでも撮れるし、Alt+Print Screenキーでも撮れます(Windows)。

木材を綺麗に撤去

廃坑に限って言うと、設置してあるオークの木材やフェンスを取り除くと、かなり見晴らしが良くなります。すべて取り尽くすのは相当な手間になりますが、ダイヤの斧を持っていてサクサク壊していけるなら、やってみるのもいいかもしれません。手に入る大量の木材は、仮拠点でも作ってチェストの中に入れておいて、あとから運び出せば建築にも使えます。

諦めて斜め堀り

戻る道がわからなくてさまよい続けそうになってしまったときは、早々に階段堀りで地表を目指すというのも一つの手です。帰り道を探すことに何時間も時間を使うのはもったいないですし、入り口からもう一度入れば道がしっかりと把握できるかもしれません。ただ階段堀りで地表を目指す場合は、たまに出てくる溶岩に注意する必要があります。

スポンサーリンク

コメントを残す

関連コンテンツ&スポンサーリンク

サブコンテンツ

このページの先頭へ