鉱石分布を地道に調査!どの深さにどの鉱石がどれだけ生成されているのか

Y=11の高度でブランチマイニングをするといいと言われるのは、その高度であれば鉱石が効率よく採取できるためです。ダイヤモンドやレッドストーン、ラピスラズリなどの鉱石はそれぞれで生成されやすい高度が決まっていますが、上手に行えば1回のブランチマイニングで全種類の鉱石を採取することができます。

スポンサーリンク

地下に埋まる大量の鉱石

鉱石だけを残して、土や石を岩盤付近まで取り除いてみました。181×181の広さです。
地中に埋まっている大量の鉱石

地下にはこんな感じで鉱石が埋まっています。こうしてみるとかなりの量が埋まっていますが、洞窟で見つけられるのはこれらのうち空洞に露出したものだけ。取り逃しているものも多そうです。

深いところには貴重鉱石が。
地下深くの貴重鉱石

上の画像をよく見ると、高いところには石炭鉱石と鉄鉱石があり、低いところにいくとレッドストーンやラピスラズリ、金、ダイヤが存在していることがわかります。貴重鉱石は地下深くにしか生成されないので、手に入れたい場合は地下深くを掘って採取することになります。

逆に、地下の鉱石だけを無くしてみました。
鉱石だけを無くした地下

空洞になっているところは、もともとなんらかの鉱石があったところです。意外と隙間が少なく、ギッシリつまっているという感じ。

それぞれの鉱石分布

それぞれの鉱石が、どのくらいの高さに多く生成されているのか調べてみました。今回の調査では要塞、峡谷、洞窟、池、溶岩湖が生成されない設定にしてワールドを生成したので、普通に作ったワールドではこの結果と同じにはならないと思いますが、それぞれの鉱石がどの層にどれだけ分布しているかという点は参考にできると思います。

調査した広さは181×181マスの範囲で、深さはY=62~Y=1までです。調査地点A~K各箇所の距離は、1000マス以上離れています(全11箇所)。グラフは、縦軸が見つかった鉱石数の全ブロックに占める割合で、横軸が階層の深さ(Y座標)です。例えば石炭のF地点Y=53の層では625個の石炭鉱石が見つかったので、625÷32761(その層の全ブロック数)=0.019で、1.9%となっています。

石炭

石炭の割合

石炭は、Y=30以下ならどの階層でも、全体の1.3~1.4%ほど鉱石が存在していました。Y=30より高くなると徐々に平均値が下がっていくのは、調査地点のいくつかで、Y=30以上が海だったことが原因です。海ではない調査地点では、深さにかかわらず各階層でだいたい1.4%くらい存在していて、地表近くになると少なくなるという感じでした。

こちらは縦軸を個数で表したグラフ。
石炭の個数

32761ブロックあたり、450ブロックくらい見つかっていますね。

鉄の割合

こちらも石炭と同じような分布になりましたが、石炭よりも個数のムラが少ないような印象です。どの階層でも、安定的に0.8%前後の鉄鉱石が存在しています。海があった関係でY=30以上になると平均値が下がっていきますが、海ではなかった地形の場合は、地表近くまで地下深くと同じくらいの数の鉄鉱石が存在しています。

個数のグラフ。
鉄の個数

32761ブロックあたり、250ブロックくらいです。

金の割合

金鉱石はY=31~Y=1に生成されます(メサバイオームの場合は高度が高くても金が生成されますが、今回の調査ではメサバイオームを除外しています)。Y=6からY=28まではだいたい0.16%くらい含まれていました。金はラピスラズリやレッドストーンと違って一つの金鉱石から一つの金インゴットしか得られないので、入手できる数はかなり少なくなります。ダイヤ並に貴重な鉱石と言えると思います。

個数。
金の個数

32761ブロックあたり、50ブロックくらいしか生成されていません。

ラピスラズリ

ラピスラズリの割合

ラピスラズリはY=30以下に生成され、Y=13あたりを頂点に山のような形の分布になっています。鉱石の数は金鉱石よりもさらに少なく、今回の調査ではダイヤモンドよりも少し多いくらいの量になりました(Wikiによると、ダイヤモンドの1.1倍の量が存在するらしいです)。ただ、1つの鉱石ブロックからは4~8個のラピスラズリを入手することができるので、手に入る総数はダイヤや金に比べると多くなります。

個数のグラフ。
ラピスラズリの個数

ピークの高さでも40個ほど。その前後になると30個近くまで数が減ります。

レッドストーン

レッドストーンの割合

レッドストーンは、Y=15以下の階層に生成されています。生成される個数はかなり多くて、Y=12~Y=5あたりでは、どの層にも1.1%くらいの鉱石がありました。Y=11、12あたりがピークになっていますが、岩盤付近まで埋蔵量の変動はあまりなく、Y=12以下であればどこを掘っても見つけられそうです。

個数。
レッドストーンの個数

340~360個ほどの鉱石が見つけられました。金やラピスラズリに比べるとだいぶ多いです。

スポンサーリンク

ダイヤモンド

ダイヤモンドの割合

ダイヤもレッドストーンと同じくY=15以下の層に生成されますが、発見できる個数は全体の0.13%くらいと、レッドストーンよりもかなり少なくなっています。Y=13くらいで急激に増加、Y=11あたりをピークにY=5あたりまで緩やかに減少しています。

個数。
ダイヤモンドの個数

もっとも貴重な鉱石というイメージが強いダイヤモンドですが、鉱石の数だけを見ると極端に少ないということはなく、ラピスラズリと同じくらいは生成されているようです。

181×62×181の範囲で得られる鉱石の総数は次のようになっています。

個数(平均)
石炭 22721.7
13650.1
1411.5
ラピスラズリ 567.6
レッドストーン 3938.7
ダイヤモンド 488.0
エメラルド 595.6

11箇所の平均値です。ダイヤは1つの鉱石から1つしか入手できないので、鉱石の埋蔵量はそう変わらないとしても入手数がかなり少なくなります。

エメラルド

山岳バイオームでは、エメラルドも地下に生成されます。埋蔵量は多くないので村人との取引で入手したほうが効率がいいですが、一応調べてみました。Y=4~Y=31の高さで生成されるようです。

エメラルドの割合

割合は0.07%くらいとかなり低いですが、Y=4~31の範囲であれば高度に関わらず一定数存在しているようです。

個数。
エメラルドの個数

全鉱石の分布グラフ

全ての鉱石の分布を一つのグラフにまとめると、下のようになります(エメラルドは山岳バイオームにしか存在しないので除外しています)。
全鉱石の分布

石炭や鉄はY=30以上の浅いところでもたくさん発見できますが、金やラピスラズリはY=30以下で、ダイヤとレッドストーンはY=14以下で多く発見できます。全種類のピークが重なっているのはY=11~Y=13くらいなので、そのあたりを掘っていると全ての鉱石を効率よく入手することができます。

鉱石全体の割合。
鉱石全体の割合

↑上のグラフは、全ブロックに占める鉱石ブロック(石炭+鉄+金+ラピスラズリ+レッドストーン+ダイヤ)の割合を示しています。このグラフを見ると、Y=5~Y=13あたりで鉱石が3.5%にまで上昇しているので、ここでブランチマイニングをすると効率よく鉱石を手に入れることができます。逆にY=16以上になると徐々に得られる鉱石数が減っていくので、ブランチマイニングの効率は悪くなっていきます。やはり、ブランチマイニングはY=11で行うのが良さそうです。

スポンサーリンク

7 Responses to “鉱石分布を地道に調査!どの深さにどの鉱石がどれだけ生成されているのか”

  1. NEW_SPACE より:

    よくこんな調査するなぁ…多分自分だったら5分程度で諦めるよ…参考になりました!

  2. nishi より:

    >NEW_SPACEさん
    めちゃくちゃ大変でした!

  3. ニーカイ より:

    すばらしい調査で、とても参考になります。
    応援していますよ!

  4. 永野高英 より:

    エメラルドはどうしたんですか?

  5. 永野高英 より:

    全鉱石の分布にエメラルドを追加してください。

  6. 匿名 より:

    他のゲームの攻略もおねがいしかます

コメントを残す

関連コンテンツ&スポンサーリンク

サブコンテンツ

このページの先頭へ