マイクラの鉱石9種類の入手方法と使い道をまとめています。どの高さにどれだけ生成されているかも調査済み。生成されやすい場所を確認して、より効率的に鉱石を集めていきましょう。




鉱石の種類と使い道

マイクラの世界では多くの鉱石が生成されます。貴重鉱石のほとんどは地下深くに埋まっているので見つけるのは簡単ではありませんが、手に入れることができればプレイヤーの冒険の大きな助けとなってくれます。

地下の鉱石。160×160の広さを岩盤までくり抜いています。
地下の鉱石

こうしてみるとかなりの量が埋まっていますが、洞窟で見つけられるのはこれらのうち空洞に露出したものだけ。全ての鉱石を手に入れようと思ったら、一定区画を露天掘りするしかありません。

深いところには貴重鉱石が。
貴重鉱石

高いところ(地表に近いところ)には石炭鉱石と鉄鉱石があり、低いところにいくとレッドストーンやラピスラズリ、金、ダイヤが存在しています。詳しい個数は後述していますが、手に入れやすい鉱石ほど多く生成されています。

マイクラに存在する鉱石は、次の9種類です。

鉱石 アイテム
石炭鉱石 石炭
鉄鉱石 鉄インゴット
金鉱石 金インゴット
ラピスラズリ鉱石 ラピスラズリ
レッドストーン鉱石 レッドストーンダスト
ダイヤモンド鉱石 ダイヤモンド
エメラルド鉱石 エメラルド
ネザークォーツ鉱石 ネザークォーツ
古代の残骸 ネザライトの欠片

以下で紹介する生成高度などは、公式Wikiの情報を参考にしています。

石炭鉱石

石炭鉱石は、かまどの燃料や松明の材料として使う「石炭」を取り出すことができる鉱石です。生成されるのはY=131以下の高度。木のツルハシがあれば破壊できます。

石炭鉱石。地表に近いところでもよく発見できるので、見つけたらツルハシで破壊しましょう。
石炭鉱石

まとまって生成されているので、一箇所で10個以上の石炭を入手できることも。採掘しているとすぐインベントリを圧迫するので、石炭ブロックにして持ち運ぶのがおすすめです。ツルハシで破壊すれば石炭をドロップしますが(一つの石炭鉱石から一つの石炭)、かまどで精錬しても石炭を取り出すことができます。

鉄鉱石

鉄鉱石は、鉄製の道具やホッパーなどを作るために必要な「鉄インゴット」を取り出すことができる鉱石です。生成されるのはY=67以下の高度。破壊には石以上のツルハシが必要です(木のツルハシでも破壊できますがアイテムとしてドロップしません)。

鉄鉱石。木のツルハシで壊すと消えてしまうので注意しましょう。
鉄鉱石

鉄鉱石は、石以上のツルハシで破壊するとそのまま鉄鉱石としてドロップします。鉄インゴットを取り出すにはかまどや溶鉱炉での精錬が必要です。ホッパーや鉄装備などにたくさん使うことになるので、見つけたら確実に採取しておきましょう。

金鉱石

金鉱石は、金製の道具や装備品を作るために必要な「金インゴット」を取り出すことができる鉱石です。生成されるのはY=33以下の高度。メサバイオーム(荒野)のみ、Y=79まで生成されます。破壊には鉄以上のツルハシが必要です。

金鉱石。メサの廃坑では坑道に露出したものが多く発見できます。
金鉱石

金鉱石も鉄鉱石と同じく、ツルハシで破壊すると鉱石のままドロップします。金インゴットを取り出すには精錬しなければいけません。

金製の装備品は攻撃力・防御力・耐久値どれをとってもイマイチですが、ネザーに生息するピグリンを敵対化させないために必要になります。ネザライトインゴットやきらめくスイカの薄切りの材料としても使うので、ある程度ストックしておくと安心です。

ラピスラズリ鉱石

ラピスラズリ鉱石は、エンチャントテーブルを使うために必要な「ラピスラズリ」を取り出すことができる鉱石です。生成されるのはY=33以下の高度。採掘には石以上のツルハシが必要です。

ラピスラズリ鉱石。エンチャントテーブルでエンチャントするならたくさん集めておきたいです。
ラピスラズリ鉱石

ラピスラズリ鉱石をツルハシで破壊すると、1つの鉱石から4~9個のラピスラズリがドロップします。精錬も可能ですが精錬では一つのラピスラズリしか入手できません。ラピスラズリ鉱石やレッドストーン鉱石など複数のアイテムがドロップする鉱石は、ツルハシで破壊したほうが圧倒的にお得です。

nishi

全ての鉱石は精錬が可能。しかし精錬によって入手量が減る鉱石もあるので、鉄・金・古代の残骸以外は基本ツルハシで破壊してアイテムをドロップさせるのがおすすめです。

レッドストーン鉱石

レッドストーン鉱石は、レッドストーン回路に欠かせない「レッドストーンダスト」を取り出すことができる鉱石です。生成されるのはY=15以下の高度。鉱石の破壊には鉄以上のツルハシが必要です。

レッドストーン鉱石。回路づくりに大量に必要になります。
レッドストーン鉱石

レッドストーン鉱石を破壊したときにドロップするレッドストーンダストは、リピーター、オブザーバー、ピストンなど、レッドストーン回路に使うアイテムのクラフトに必要になります。1つのレッドストーン鉱石から4~5個のレッドストーンダストがドロップするので集めるのはダイヤほど難しくありませんが、使いたいときにかぎって切らしてしまうのでたくさん確保しておきましょう。

ダイヤモンド鉱石

ダイヤモンド鉱石は、ダイヤ製の道具・装備品を作るために必要なダイヤモンドを取り出すことができる鉱石です。生成されるのはY=15以下の高度。破壊には鉄以上のツルハシが必要です。

ダイヤモンド鉱石。見つけるとかなり嬉しいです。
ダイヤモンド鉱石

鉱石の生成数が少ない上に、一つの鉱石から一つしかダイヤモンドがドロップしません。ストックを増やしたいなら、できるだけ幸運のエンチャントがついたツルハシで破壊したいところ。無限増殖の裏技などもよく研究される鉱石です。

エメラルド鉱石

エメラルド鉱石は、村人との取引に使えるエメラルドを取り出すことができる鉱石です。山岳バイオーム(亜種含む)のY=32以下の高度でのみ生成されます。採掘には鉄以上のツルハシが必要です。

エメラルド鉱石。数は少ないです。
エメラルド鉱石

取引で使えるだけの数を採掘によって手に入れるのは非常に難しいです。見つけたらラッキーくらいに思っておいたほうがいいでしょう。

ネザークォーツ鉱石

ネザークォーツ鉱石は、レッドストーン回路にかかせないコンパレーターやオブザーバーの材料となるネザークォーツを取り出すことができる鉱石です。オーバーワールド(通常世界)には存在せず、ネザーでのみ生成されます。生成高度はY=7~125。木のツルハシでも破壊することができます。

ネザークォーツ鉱石。生成数は鉄インゴット並で、ネザーに行けばよく見かけることができます。
ネザークォーツ鉱石

ネザークォーツは回路の部品を作るために使うことが多いですが、ネザークォーツからクラフトできるクォーツ系ブロックは見た目がとてもキレイなので建築に使うブロックとしてオススメです。たくさん集めておくといいでしょう。

古代の残骸

古代の残骸は、ネザライトインゴットの材料になる「ネザライトの欠片」を取り出すことができる鉱石です。オーバーワールド(通常世界)には存在せず、ネザーでのみ生成されます。生成高度はY=6~119。破壊にはダイヤのツルハシが必要です。

古代の残骸。生成数はダイヤ以上に少ないです。
古代の残骸

古代の残骸はダイヤのツルハシで破壊するとブロックのままドロップし、かまどで精錬することでネザライトの欠片にすることができます。他の鉱石と違って空間に露出することがなく、数が少ないこともあって発見が非常に困難です。




鉱石分布と埋蔵量

Wikiには鉱石がたくさん生成される高度が紹介されていますが、実際にどれだけの鉱石が生成されるかを各高度ごとに調べてみました。Java版1.15.2(一部1.16のスナップショット20w07a)での調査です。

生成された鉱石の数は、/fillコマンドを使って調べています。例えば以下のようなコマンドを実行すると、プレイヤーが現在立っている高度のダイヤモンド鉱石が空気に置き換えられ、チャット欄に置き換えられたブロックの個数が表示されます。

/fill ~ ~ ~ ~159 ~ ~159 minecraft:air replace minecraft:diamond_ore

チャット欄の表示。
チャット欄の表示

チャット欄の表示された文章はlogsフォルダに保存されているので、そこから数字を取り出して記録。異なるA~Tの20地点それぞれで10チャンクの範囲(160×160)に生成される鉱石の数を調べています。グラフの縦軸は鉱石の個数、横軸は高度を表しています。160×160なので、一層あたりのブロックの総数は25600個です。

石炭

石炭鉱石の分布。
石炭鉱石の分布

Wikiによると石炭鉱石の頻出高度はY=5~52となっています。Y=30~63が海の場合は生成される数が少なくなりますが、そうでなければY=51以下ならどの高さでも300個前後の鉱石が生成されています。地表に近づくとやや個数が少なくなり、Y=64以上になると大きく減少します(地表にでるため)。山などがあればY=131まで生成される可能性があり、私もY=127の高さで見つけることができました。

石炭鉱石の散らばり。
石炭鉱石の散らばり

上の画像を見ると、かなりたくさんの鉱石が埋まっていることがわかります。また一箇所ごとのかたまりも大きいです。これだけの数があると、適当に掘り進めているだけでもかなりの量を採掘することができます。

鉄鉱石の分布。
鉄鉱石の分布

鉄鉱石も石炭鉱石と似たようなグラフになっていますが、個数が200個前後と石炭よりも少なくなっています。Wikiに記載されていた頻出高度はY=5~54。今回の調査では海のないY=5~30あたりで多くの鉄鉱石が見つかっています。

鉱石の散らばり。
鉄鉱石の散らばり

鉄鉱石も石炭鉱石なみにたくさん埋まっています。ただし一箇所ごとのかたまりが石炭よりも小さく、そのせいで発見できる個数が少なくなっているという感じです。

金鉱石の分布。メサバイオームの場合は高度が高くても金が生成されますが、今回の調査では除外しています。
金鉱石の分布

金鉱石はY=31以下で見つけることができ、Y=6~28でもっともよく生成されていました。しかしそれでも発見できるのは40個弱。ラピスラズリやレッドストーンと違って一つの金鉱石から一つの金インゴットしか得られないので、入手できる数はかなり少なくなります。ダイヤ並に貴重な鉱石です。

鉱石の散らばり。
金鉱石の散らばり

石炭や鉄と違って高い位置には生成されていません。数もかなり少ないので、これらを狙って掘り当てるのは難しいです。

ラピスラズリ

ラピスラズリ鉱石の分布。
ラピスラズリの分布

ラピスラズリ鉱石は、Y=13あたりを頂点とする山のような形のグラフになりました。Y=12~16あたりが頻出高度と言えそうです。しかしその高度でも、生成された数は25個弱。かなり貴重な鉱石と言えます。ただラピスラズリは1つの鉱石からは4~9個ドロップするので、手に入る総数はダイヤや金に比べると多くなります。

鉱石の散らばり。
ラピスラズリ鉱石の散らばり

鉄鉱石や石炭鉱石に比べるとかなりスカスカです。4つの塊もけっこうあるので、取り逃しのないようにしたいですね。

レッドストーン

レッドストーン鉱石の分布。
レッドストーン鉱石の分布

レッドストーンはY=15以下の階層に生成され、頻出高度はY=5~12。生成される個数はかなり多くて、Y=5~12なら埋蔵量の変化もあまりありません。Y=12以下であればどこを掘っても見つけられそうです。

鉱石の散らばり。
レッドストーン鉱石の散らばり

金やラピスラズリに比べるとだいぶ多いです。高いところに生成されないだけで、散らばり方は石炭鉱石や鉄鉱石に似ていますね。

ダイヤモンド

ダイヤモンド鉱石の分布。
ダイヤモンド鉱石の分布

ダイヤもレッドストーンと同じくY=15以下の層に生成されますが、発見できるのは30個前後とレッドストーンよりもかなり少なくなっています。Y=5~12でよく発見され、その範囲なら埋蔵量もだいたい同じくらいです。

鉱石の散らばり。
ダイヤモンド鉱石の散らばり

もっとも貴重な鉱石というイメージが強いダイヤモンドですが、鉱石の数だけを見るとラピスラズリと同じくらいは生成されているようです。

エメラルド

エメラルド鉱石の分布。
エメラルド鉱石の分布

エメラルド鉱石はY=1~31の高さであれば、どの高さでもだいたい15個前後発見することができます。ただこれだけの数を手に入れるために時間をかけて採掘するのは効率が悪いので、エメラルドがほしいときは村人との取引で手に入れたほうがいいでしょう。

鉱石の散らばり。
エメラルド鉱石の散らばり

けっこう散らばっているように見えますが、かたまりになって生成されないので坑道を掘りながら見つけるのは難しいです。

ネザークォーツ鉱石

ネザークォーツ鉱石の分布。
ネザークォーツ鉱石の分布

ネザークォーツ鉱石はネザーのY=7~117あたりに生成され、Y=6~21でもっともよく発見することができます。建築に使うためにたくさん使うなら地下を狙って採掘するのがいいかもしれませんが、溶岩に出会うリスクもあるので注意しましょう。コンパレーターやオブザーバーの材料に使うだけであれば、地表に露出しているものを集めるだけでも十分です。

鉱石の散らばり。
ネザークォーツ鉱石の散らばり

けっこうたくさん生成されていて、かたまりも大きいです。一つ見つけたら芋づる式に発見できるので、集めるのはそう難しくありません。

古代の残骸

古代の残骸の分布。
古代の残骸の分布

古代の残骸はネザーのあらゆる高さに生成され、Y=15前後でもっとも多く発見することができます。あらゆる高さに生成されるといってもほとんどの高さで生成数が25600ブロック中1~2個なので、見つけるのは非常に困難です。探すときはY=15あたりを狙って掘るのがいいでしょう。

鉱石の散らばり。
古代の残骸の散らばり

古代の残骸は生成数がかなり少ないだけでなく空間に露出することがないため(溶岩やブロックで囲まれた状態で生成される)、最も集めるのが難しい鉱石です。塊ではほとんど生成されませんが、斜めの位置に並んで生成されることがあるので一つ見つけたら周りも掘ってみましょう。

鉱石の集め方

鉱石を集めるときに注意したいのは、使うツルハシによっては破壊に結構な時間がかかってしまうということです。鉱石にカーソルを向けたままツルハシを一定時間動かし続けなければいけないので、モンスターから見たら背中ががら空き。採掘に集中しすぎると後ろに迫っているクリーパーにも気づけません。

貴重鉱石の採掘は十分な装備をした状態で行いましょう。
鉄のフル装備をしたプレイヤー

クリーパーの爆発でゲームオーバーになってしまうと、最悪それまで集めたダイヤモンドを全ロストしてしまいます。モンスターの攻撃によって溶岩に落ちてしまうのもよくあるパターン。地下深くで貴重鉱石を採掘するときは、できれば壁を作るなどして安全を確保してから掘るようにしたいです。

地表付近に生成された鉄鉱石。
地表付近に生成された鉄鉱石

石炭鉱石や鉄鉱石であれば、地表にかなり近いところでも発見することができます。拠点の周りで探してみましょう。慣れるまではこういう鉱石だけを狙って集めるのもいいですね。

効率のよい掘り方

洞窟の壁に露出しているものだけを集めてもたいした数は集まりません。本気で集めるときはブランチマイニングをしましょう。ブランチマイニングとはプレイヤーが坑道を掘りながら鉱石を探す採掘方法で、やみくもに掘るよりもかなり効率よく鉱石を集めることができます。詳しくは以下の記事で解説しているので合わせて読んでみてください。

自分で掘った坑道で湧き潰ししながら作業するので、実は広い空間で採掘するよりも安全です。序盤でも採掘用の鉄のツルハシが何本か用意できたら、Y=11まで降りてブランチマイニングを始めてみましょう。

効率のよい高度

オーバーワールドの鉱石分布。
オーバーワールドの鉱石分布

全種類の鉱石が多く生成されているのはY=5~13あたりなので、そこを狙って鉱石を採掘するといいでしょう。Y=10以下は溶岩も多く生成されるので、Y=11の高さに立って掘り進めていくのが一般的です。

鉱石の総数。
鉱石の総数

(石炭+鉄+金+ラピスラズリ+レッドストーン+ダイヤ)の個数でグラフを作ると、上のようになります。こちらを見てもY=5~13で一気に鉱石が増えているので、この高さなら効率的に鉱石が集められそうです。

ということでマイクラの鉱石の種類と使い道、それぞれの鉱石がよく発見できる場所の紹介でした。何も考えずにただ掘り続けるのも楽しいっちゃ楽しいですが、どうせなら効率よく鉱石を集めたい。ぜひこの記事を参考にしながら、鉱石集めに挑戦してみてください。