コンパクトな仮拠点の作り方!見事な豆腐ハウスが完成しました

本格的な冒険を始める前に、作っておきたい「家」。大きい家は後々作るとしても、簡易的な仮拠点を早めに作っておくと、安心して冒険を進めることができます。今回は、すぐに作れる仮拠点の作り方を紹介します。

スポンサーリンク

初期スポーン地点に仮拠点を

村人との取引を考えると、本格的な拠点は村の近くに作ったほうがいいかもしれません。しかし、初期スポーン地点の近くにも拠点を作っておけば、迷ったときにもコンパスをたよりに戻ってくることができます(座標を見ながらプレイしていたら関係ないけど)。最低限のアイテムが保管されている、物置小屋のようなものにしておくと便利です。

拠点に設置するもの

拠点には、次のようなものを設置します。

左からベッド、かまど、作業台、チェスト。
仮拠点に設置するアイテム

仮の拠点なので、とりあえず生活に最低限必要なものだけを揃えておきます。いずれは内装にもこだわった家を作ってみたいですが、材料が集まるまではこれらの設置物だけで十分。誰でも簡単に作れるように、コンパクトな仮拠点を目指します。

スポンサーリンク

仮拠点の作り方

マインクラフトの家を検索してみると、豪邸がたくさん出てくるのですが、材料も道具もスキルも無い序盤では、作るのが難しいです。そこで今回は、小さめの建物を作りたいと思います。

設計図

今回は5×6の範囲に、小さめな拠点を作ります。屋内のスペースは3×4という、省スペース設計です。

設計図らしきもの。
仮拠点の設計図

屋内の3×4のスペースに置かれているのは、設計図上ではベッドのみです。狭いので、作業台やかまど、チェストは壁に埋め込んでしまいます。もっと狭くしてもいいですが、追加でチェストなどを置けるように、このくらいの大きさにしておくといいと思います。

作成手順

では、実際に作っていきたいと思います。今回、建物の壁に使うのは、オークの木材です。

建てる場所を決めたら、下画像のように枠(壁)を設置します。
枠1段目

設置した壁の一部を取り払い、下画像のようにかまどなどを設置します。
かまどなどの設置

かまど、作業台は壁に埋め込んでも使うことができます(側面にカーソルを合わせて右クリック)。ラージチェストはたくさん置けるように、壁の位置で地面に埋め込んでしまいました。地面に埋め込んだチェストは、上に普通のブロックを置いてしまうと開けられなくなりますが、逆さまの階段を設置することで使うことができるようになります。

階段を逆さまに設置します。
逆さまの階段

壁とつなげた状態。
壁とつなげた状態

逆さまの階段は、上付きのハーフブロックでも代用することができます。ただ、隙間ができるので外から中が丸見えになります。

さらに壁を一段積み上げて、逆さまの階段の上にはラージチェストを設置します。
壁2段目

屋根をつければ、ほぼ完成です。簡単!
屋根をつけて完成

中にはベッドを設置します。
ベッド

上段のラージチェストの上も、逆さまの階段になっています。上付きのハーフブロックでもOKです。
上段のラージチェスト

ドアと松明を設置。
ドアと松明

屋根を湧き潰ししたら、
屋根の湧き潰し

完成です。
完成した仮拠点

完全なる「豆腐ハウス」ですが、実用性は高いです。

裏から見ると、むき出しになっているチェストやかまど。
むき出しのチェストやかまど

チェストやかまどが外からも見えてしまっているので、見た目はイマイチな気もしますが、実は「家の中に入らなくても使える」というメリットもあります。すぐに使いたいときは便利です。

ということで、仮拠点の作り方の紹介でした。こんな物置小屋のような家でも、作れば「自分の家」という感じがするし、帰る場所があることの安心感もあります。小さくても全然いいと思うので、ぜひあなたも自分なりの家を作ってみて下さい!

スポンサーリンク

コメントを残す

※コメントは承認後表示されます。詳しくはこちらをご覧ください。

関連コンテンツ&スポンサーリンク

サブコンテンツ

このページの先頭へ