この記事ではマイクラで効率的に湧き潰しをする方法を解説しています。ムダのない松明の置き方や松明を使わない湧き潰し方法も紹介しているので、ぜひ参考にしてください。




松明での湧き潰し

「湧き潰し」は地面を松明などの光源で照らし、モンスターがスポーンしないようにすることです。モンスターは明るさレベルが7以下の地面にしかスポーンできないため、松明で照らしておけば夜でも全くモンスターがスポーンしなくなります。

松明で湧き潰しされた土地。この場所なら夜でも安全です。
湧き潰しされた土地

モンスターには光から遠ざかろうとする習性もあるので、松明などで明るくしておけばモンスターが寄り付きにくくなります(ただしプレイヤーを見つけたモンスターは襲い掛かってきます)。せめて拠点のまわりは、しっかりと松明を設置しておきましょう。

松明を作る

湧き潰しにはジャック・オ・ランタンやシーランタンなどの光源ブロックも使えますが、以下のような理由で松明を使うことが多いです。

  • 作りやすい
  • 邪魔にならない

松明は木炭と棒でクラフトできるので、序盤でも大量生産が可能です。また設置された松明には当たり判定がないので、地面に置いてもプレイヤーの邪魔になることはありません。

松明の作り方。4つのステップでクラフト可能です。
松明の作り方

原木から木材を作り、木材で棒をクラフト。その木材を燃料にしてかまどで原木を焼き、生成された木炭と棒を組み合わせれば松明を作ることができます。

上の画像では作業台を使って松明を作っていますが2×2のスペースがあれば作れるので、例えば洞窟で見つけた石炭と持ってきた棒を組み合わせれば、洞窟内で松明を作ることもできます。

設置された松明。
設置された松明

設置された松明には炎がゆらめき、ススのようなものも発生します。しかし火が木製のブロックに燃え移ることはなく、雨で火が消えることもありません。一度設置すればずっと周囲を照らし続けてくれます。

↓ちなみに松明はAmazonでも購入可能。普通に置くだけでなく、壁にもななめの角度で設置できてしまいます。

松明を設置する

松明を作ったら、地面の暗い部分がなくなるように間隔をあけて置いていきます。だいたい5マスくらいの間隔でおいていけば、多少段差があっても湧き潰しできるはず。整地されていない土地は松明を規則的におくことが難しいので、暗い場所を見つけたら松明を置くというやり方で湧き潰ししていくのがいいでしょう。

赤丸のように暗い場所があるとモンスターが湧きます。松明を追加しましょう。
暗いポイント

昼間は暗い場所がわからないので、松明の設置作業は夜に行います。夜ということでモンスターが気になりますが、プレイヤーの近くにはスポーンしないので直ちに危険になることはありません。心配なら一時的に難易度をピースフルして作業するといいです。

nishi

ビデオ設定で明るさを「明るい」に設定していると、夜でも暗い部分がわかりづらいです。湧き潰しをするときは「暗い」に設定するといいですよ。

家の中の松明。
家の中の松明

自分で作った建物があれば、屋内も忘れずに湧き潰ししておきましょう。Java版の古いバージョンではもともと村に生成されている家でも明るさが不十分なものがあるので、面倒でも一軒ずつ確認しておいたほうが安心です。

フェンスやホッパーの上にも設置可能

松明は一部の立方体型ではないブロック(階段やハーフブロックなど)にも設置可能です。

フェンスの上にもおけます。
フェンスの上の松明

フェンスの上や上付きのハーフブロック、逆さの階段にも設置できます。ただし松明は空中に置くことができないので、光源を空中に浮かせたい場合はジャック・オ・ランタンやシーランタンなどを使うようにしましょう。

松明が照らせる範囲

松明が照らせるのは、松明の前後左右6マス程度です。もっと遠いところにも明るさは届きますが、7マス以上離れた場所はモンスターがスポーンする明るさになります。

松明からの明るさの広がり。
松明の明るさの広がり

明るさには0~15のレベルがあり、光源から1ブロック離れるごとに1レベルずつ明るさが減少していきます。松明は14レベルの明るさを持っているので、6マス先まではモンスターがスポーンしないレベルの明るさ(明るさレベル8)を維持することができます。

壁に松明を設置した場合の明るさレベル。
壁に設置した場合

光源を壁に設置したときも光の広がり方は同じですが、注意しなければいけないのは床に直接置く場合に比べて床が暗くなってしまうということです。モンスターのスポーン判定は床の明るさをもとに行われているので、湧き潰し目的であれば床まで十分な光が届く位置(あまり高くない位置)に光源をおく必要があります。

例えば上の画像のように高さ4に松明を設置してしまうと、壁から4ブロックぶんしか湧き潰しできません(地面に直接置けば置いたマスも含めて7マス湧き潰せる)。地面から離れたところに設置するよりは、地面に近い位置に設置したほうが1つの光源で湧き潰しできる範囲が広くなります。

障害物があるときの明るさの広がり。
障害物があるときの明るさの広がり

光は光源から放射状に広がりますが、近くに石や木材などの光を通さないブロックがあると明るさの広がり方が変わってきます。例えば光源の2マス横に障害物(石ブロックなど)がある場合は、上の画像ように光が広がります。障害物があっても「隣のマスは明るさが1減少する」という原則は同じです。

範囲を決めて湧き潰ししよう

湧き潰しは、やろうとすれば際限なくできてしまいます。作業を効率化するためにも、最初に湧き潰しする範囲を決めておいたほうがいいでしょう。拠点や村なら、フェンスで囲ってしまうのがオススメ。モンスターの侵入も防ぐことができます。

村をぐるっとフェンスで囲みます。
村のフェンス

村も範囲がなかなか大きく、段差もあってフェンスの設置が大変です。最初は最低限の範囲で湧き潰しをしつつ、安全が確保された状態で徐々に範囲を広げていきましょう。「夜になったらすぐにベッドで寝る」ということを徹底していれば、あせって拠点や村を湧き潰しする必要はありません。




松明のベストな間隔

湧き潰しをするときは、あらかじめ松明の設置間隔を決めておいたほうが作業しやすいです。そこでいくつかの地形パターンでの松明の置き方について考えてみました。

整地済みの土地

まっ平らな地面(スーパーフラット)を湧き潰しするときは縦または横に11マスの間隔をあけて松明を置き、隣の列を斜めに5マスずらして松明を置いていくと、松明の消費が少なくわかりやすい並べ方で湧き潰しをすることができます。

黄色く塗りつぶされたマスが松明の位置。明るさ8の部分が重なります。
効率的な松明の置き方

実際に置くと、このような感じになります。
実際に松明を置いた状態

この置き方だと、松明の明かりがほとんど重ならないのでムダが少ないです。明るさレベル8のマスは結構暗く見えますが、これでもモンスターはスポーンしません。

斜め方向に間隔を数えるのが面倒くさい場合は、縦横6マス間隔で松明を設置していくと、同じように湧き潰しすることができます。

縦横6マス間隔の湧き潰し。肌色のマスが光が重なっている場所です。
縦横6マス間隔

この置き方は重なりが多くなるのでよりたくさんの松明が必要になりますが、間隔を数えるのが楽で設置作業がしやすいです。松明は大量生産が簡単なので、この程度のムダは気にする必要ないかも。私もこの置き方で湧き潰しをすることが多いです。

坑道

次は幅1マスの坑道を湧き潰しするパターンを考えてみます。1本の松明で6マス離れた位置まで湧き潰しできるので、松明を床に置くなら12マスおきに設置することで最小限の松明で湧き潰しすることができます。

坑道の湧き潰し例。
坑道の湧き潰し例

しかし松明から12マス掘り進めた先はほぼ暗闇になるので、実際は採掘に必要な明るさを確保するために6~8マス間隔で松明を設置するのがいいです。そのくらいの設置間隔であれば、高さ2の位置に松明を設置しても湧き潰しすることができます。

段差のある土地

整地された土地や坑道以外にも、段差のある土地を湧き潰ししなければいけないことがあります。土地がでこぼこしている場合は、平らな土地を湧き潰しするときに比べて届く光が弱くなってしまうので、きれいに整地してから湧き潰しするか、設置する松明の間隔をせまくする必要があります。

階段状の土地の、光の伝わり方。
階段状の土地の明るさレベル

上画像は階段状の土地の断面図で、最上部に松明が設置されています。松明の斜め下方向へは、明るさが2ずつ減少していくので、光源から下に4段目のブロックにはモンスターがスポーンしてしまいます。

下画像のような土地だとまた変わってきます。
段差での明るさの減少

こちらも段差がある部分で明るさが2減少します。平らな土地だと松明から縦横6マスの距離を湧き潰しできましたが、段差が一段あることで湧き潰しできる距離が5マスになります。

四段の土地を上から見た図。松明が設置してある場所が、最上段です。
上から見た状態

上画像のような土地を湧き潰しするときは、松明を斜め4マス間隔で配置すると、無駄なく全体を湧き潰ししていけそうです。

松明の設置例。
段差のある土地での設置例

縦横5マス間隔だとこんな感じ。松明のあいだに明るさ7の部分ができるので、このままだとモンスターがスポーンします。
5マス間隔

段差が1段しかない場合は、縦横5マス間隔で設置してもいけます。
段差が一段の場合の明るさ

段差が斜めのときも、5マス間隔でいけそうです。
斜めの段差

完璧に整地されていない土地を湧き潰しするときは、起伏が激しいところは多めに松明を設置しつつ、基本的に縦横5マス間隔で設置していくようにするとよさそうです。きれいに整地されている土地であれば6マス間隔でOK。2段以上の段差があるところは、4マスくらいに設置間隔を狭めるか、整地してから湧き潰しをするといいでしょう。




松明を使わない湧き潰し

松明を地面にたくさん並べると、どうしても見た目がゴチャゴチャしてしまいます。そこでここでは松明を使わない湧き潰しのやり方を紹介します。複数のブロックを組み合わせれば、おしゃれに湧き潰しすることも可能です。

モンスターがスポーンしないブロック

マイクラにはガラスや階段のように、モンスターがスポーンできないブロックがあります。そういったブロックを地面に敷き詰めれば、光源を置くことなく湧き潰しをすることができます。

例えば、以下のようなブロックが湧き潰しによく使われます。

  • ガラス
  • ハーフブロック(下付き)
  • カーペット

カーペットが敷き詰められた廊下。カーペットが敷かれていない部分にはモンスターがスポーンします。
カーペット

光源は置きたくないけどモンスターがスポーンしてほしくない場所には、カーペットをしいたり床をガラスブロックやハーフブロックにしたりしておきましょう。草の道ブロックや村の家の屋根に使われている階段、植木鉢やレールが置かれている場所にもモンスターはスポーンしないので(Java版の古いバージョンではレールが敷かれた地面も湧いていました)、上手に活用して湧き潰ししていきましょう。

光源ブロックの種類

マイクラには松明の他にも明かりを持つブロックがいくつもあります。それらを使えば松明を使うことなく湧き潰しすることが可能です。

明かりを持つブロックには、以下のようなものがあります。

明るさ ブロック
15 ビーコン
エンドゲートウェイ
エンドポータル
溶岩流
溶岩
グロウストーン
ジャック・オ・ランタン
レッドストーンランプ(点灯時)
シーランタン
シーピクルス×4
コンジット
ランタン
焚き火
14 松明
エンドロッド
13 かまど(燃焼時)
溶鉱炉(燃焼時)
燻製器(燃焼時)
12 シーピクルス×3
11 ネザーポータル
9 レッドストーン鉱石
シーピクルス×2
7 レッドストーントーチ
エンダーチェスト
6 シーピクルス×1
3 マグマブロック
1 醸造台
茶色のキノコ
ドラゴンの卵
エンドポータルフレーム

これらの中で湧き潰しによく使われるのは、松明、ジャック・オ・ランタン、グロウストーン、シーランタン、ランタンです。レッドストーントーチはレベル7の明るさしか持っていませんが、暗闇の中に設置するとモンスターのスポーンを妨げることなく明るさを確保することが可能です。

オシャレに湧き潰し

光源を葉やカーペットなどで隠してみましょう。ガラス・葉・カーペットなどは光を通すので、光源を隠しつつ明るさを確保することができます。

葉の下には松明が設置してあります。
葉でふたされた松明

村の道は、上の画像のように葉で垣根を作ってあげるといいかも。雪のツンドラの村のように、フェンスで街灯を立ててランタンを吊るすのもいいですね。

カーペットでジャック・オ・ランタンを隠しています。
カーペットでジャック・オ・ランタンを隠す

草ブロックの場所はジャック・オ・ランタンやグロウストーンの上に緑色のカーペットでフタをしたり、葉ブロックでフタをしたりすると目立ちにくくなります。

壁に埋め込んだジャック・オ・ランタンを絵画で隠すという方法も使えます。
絵画でジャック・オ・ランタンを隠す

絵画は光を通すので、部屋の中を明るくしつつ部屋の見た目をオシャレな感じにすることができます。

ということで、湧き潰しの基本的なやり方と、松明の設置間隔についての検証でした。明るさを考えながらプレイするのは大変ですが、湧き潰しは避けて通れない作業。ムダな照明を取り払うことができると見た目もスッキリするので、ぜひ上記を参考にしてキレイに湧き潰ししてみてください。