マイクラ用PCを入手!コスパのいい中古パソコンを購入する方法

ゲーム用のパソコンを買いたいとなったときに、問題になってくるのはその価格です。安いものでも7、8万円。20~30万円するものもあります。もちろん高いもののほうが性能はいいのですが、そう簡単に手が出せる金額ではありません。そこで選択肢に入れておきたいのが、「中古ゲーミングパソコン」です。実はマイクラは最新のパソコンでなくても動くので、中古のPCでも十分に遊ぶことができます。今回は、中古でコスパのいいマイクラ用PCを購入する方法と、購入する際のチェックポイントを紹介したいと思います。

スポンサーリンク

マイクラの推奨スペックを確認しよう

マイクラ用にパソコンを買うにあたって、まず初めに確認しておかなければいけないのが、マインクラフトを快適にプレイするために必要な、パソコンの性能です。マインクラフトは負荷がそれほど高くないゲームなので、ゲーム用をうたって販売されているものであれば大抵の場合大丈夫ですが、一応確認するようにしましょう。

公式の推奨スペックは、次のようになっています。

推奨スペック
CPU Intel Core i3 または AMD Athlon II (K10) 2.8 GHz
RAM 4GB
GPU GeForce 2xx Series または AMD Radeon HD 5xxx Series with OpenGL 3.3
HDD 1GB
Java Java 8の最新版

これを満たしているPCであれば、マインクラフトを快適にプレイすることが可能です。これとは別に「必要スペック(快適ではないかもしれないけど動かせるスペック)」も公開されていますが、どうせPCを新調するのなら推奨スペックを満たしているものにしたほうがいいでしょう。

この推奨スペックの中で、HDDとJavaについては、あまり考えなくても大丈夫です。HDD(ハードディスク)は、販売されているPCのほとんどが推奨スペックを満たしており、Javaはインターネットを通じて最新版がインストール可能(無料)。注目しなければいけないのは、CPUとGPUとRAM(メモリ)の3点です。

CPU

CPUはパソコンの処理装置で、性能がいいほど処理が高速になります。これはCore i3かCore i5であれば十分で、Core i7なら、なお良しです。販売されている中古PCは、ゲーム用であればcore iシリーズのいずれかが搭載されているものが多いです。

GPU

GPU(グラフィックボード)は映像処理を担当するパーツで、性能がゲームの快適性に大きな影響を与えます。
Geforce GTX○○(○○には560、1060などの数字が入る)というものと、Radeon HD ○○というものがあります。

数字の頭文字が大きいほうが世代の新しいGPUで、同世代間なら、頭文字より後ろの数字が大きい方が、高性能です。

例1 GTX560よりも、GTX750のほうが世代が新しい。
例2 Radeon HD 5850よりも、Radeon HD 5870のほうが高性能。

推奨スペックがGTX2xx、Radeon HD 5xxxということなので、こちらもゲーム用として販売されているものであれば、大抵は推奨スペックを満たしていると思います。

RAM

RAM(メモリ)は情報を記録したり取り出したりする装置で、多ければ多いほどいろいろな作業を同時にすることができます。これは、少なくとも4GB搭載されているものを選んだほうがいいでしょう。8ギガあると安心です。

中古パソコンを買うときの注意点は?

中古品を購入するときは、新品の購入と違って気をつけなければいけないポイントが、いくつかあります。「安物買いの銭失い」にならないために、以下のチェックポイントを確認しておきましょう。

写真が実物ではない

サイトに掲載されている画像は、ただのアイコンとして使用されていて、実物とは違う可能性があります(同じくらいのスペックの、別PCの写真が載っていたりします)。スペック重視だからか、実物の写真は見ることができないことも多いです。

実物が確認できないということで心配になるのがケースのキズや汚れですが、大抵の場合は販売ページ内に「程度」が記載されていて、文章による説明で確認することが可能になっています。

付属品が無いかもしれない

モニターがセットになっている場合もあれば、PC本体だけを販売している場合もあります。モニターも付いてくると思ったら、本体だけだった!なんてことにならないように、購入前にセット内容を確認しましょう。

もし、モニターをすでに持っているのであれば、本体のみ購入するようにすれば、同じ予算でもう少しスペックの高いPCが買えるかもしれません。逆にモニターも必要なら、安い中古モニターを探してみるのも手です。

OSが入っていないかもしれない

ほとんどの中古PCには、予めOS(Windows7とかWindows10とか)がインストールされていますが、中にはインストールされていない状態で販売されているものもあるので注意しましょう。またMicrosoft Office(オフィス)は、別料金でインストール可能となっていることが多いようです。オフィスが必要であれば、そこも確認するようにしましょう。

初期不良

中古品ということで、心配なのが初期不良です。もちろん初期不良には対応してもらえますが、1点ものが多いので、同じ機種を送ってもらうのが難しいです(たいてい返金か、代替品との交換となります)。保証期間や保証内容は、ショップや購入する商品によって違っているので、保証がどうなっているか、購入前にしっかり確認するようにしましょう。

推奨スペックを満たすパソコンを安く買おう

中古のPCショップはたくさんあるのですが、ゲーム用を売っているショップとなると、数が限られてきます。しかも、商品数が少ないことが多い。そんな中、品揃えがそこそこ多くて、価格が良心的なショップを紹介します。

JUNK WORLD

ジャンクワールドは、東京・埼玉に実店舗もかまえている中古PCショップです。ゲーミングパソコンの商品点数が多いだけでなく、価格を見ても、コストパフォーマンスがいいと感じるPCが揃っています。

中古パソコンショップ ジャンクワールド

上のリンクまたは画像をクリックすると、JUNK WORLDのトップページが開くので、ゲームマシンというところをクリック。

下画像、赤枠の部分です。
ゲームマシンのボタン

すると、ゲームマシン一覧が表示されます。
ゲームマシン一覧

ここで表示されるPCのほとんどが、マイクラの推奨スペックを満たしています。値段もだいぶお手頃です。本体のみの商品が多いですが、モニターの中古品も取り扱っているので(しかも安い)、うまく利用してください。

商品の回転が早く、時期によっては数が少ないこともあります。いいPCを見つけるコツは、こまめにサイトを覗くことでしょうか。いいものほど早く売れてしまうので、注意が必要です。ゲームマシンだけでなく、普通のパソコンも安いので、サブPCの購入にもオススメ。

ということで、マイクラ用に中古PCを購入する際のチェックポイントと、コスパのいいPCを購入できるショップの紹介でした。新品で購入するととんでもない金額になってしまうゲーミングパソコンも、中古品ならばお手頃な値段で購入が可能です。新しいPCを買いたいと考えている場合は、ぜひ中古も検討してみてください。

スポンサーリンク

コメントを残す

※コメントは承認後表示されます。詳しくはこちらをご覧ください。

関連コンテンツ&スポンサーリンク

サブコンテンツ

このページの先頭へ