当サイトはアイテムやモンスターなどのマインクラフト基本情報、レッドストーン回路を使った応用建築などを解説するサイトです。初心者にもわかりやすいように、またいつでも必要な情報を調べられるように、使いやすいマイクラ攻略サイトを目指しています。ワールドの発展につながるお役立ちコンテンツをたくさん用意しているので、ぜひじっくりと読んでみてください。

スポンサーリンク

マインクラフトの遊び方

マインクラフトは畑を作って農作物を栽培したり、無限に広がる世界を冒険したり、無制限に使えるブロックで建築を楽しんだりと、いろいろな遊び方ができるゲームです。「サバイバルモード」と「クリエイティブモード」というゲームモードがあり、食料を自分で確保しモンスターから身を守りながら冒険を進めたいならサバイバルモードで、お腹が減らずモンスターの攻撃も受けない無敵状態で、心ゆくまで建築を楽しみたいならクリエイティブモードで遊ぶのがオススメ。どちらで始めればいいかわからない場合は、とりあえずサバイバルモードで始めておくといいでしょう。

最初にやるべきこと

マインクラフトは自分がやりたいことをやりたい順番ですることができる、非常に自由度の高いゲームです。しかしあまりに自由すぎることから、逆に何をすればいいのかわからなくなってしまいがち。そこでサバイバルモードでワールドを生成してから生活を安定させ、ネザーやジ・エンドに挑戦するまでの「やることリスト」を用意しました。上から順にクリアしていけば、無理なく冒険を進めていけるはずです。

夜になるとプレイヤーから少し離れた位置にモンスターがスポーンし始めます。
暗い夜

ワールドにスポーンした直後、最優先で考えなければいけないのは身の安全の確保です。最初の夜でモンスターにやられてゲームオーバーになるのはよくあるパターン。暗くなると周りにモンスターがたくさんスポーンするので、明るいうちから対処方法を考えておきましょう。

1.最初の夜を乗り切るコツ

マインクラフトで直面する最初の難関。それは、多数のモンスターがスポーンする「夜」です。まだ操作がおぼつかない段階でたくさんのモンスターに襲われてしまうと、ひとたまりもありません。ベッドが作れていない場合はあまり歩き回らず安全なところに身をひそめ、近くに隠れるところがなければブロックで壁を作って夜をやり過ごすようにしましょう。以下の記事で最初の夜を乗り切るコツを詳しく解説しています。

2.食糧問題の解決

夜を乗り切ることと同時に、食糧問題についても考えなければいけません。プレイヤーが行動すると満腹度がどんどん減っていき、0になってしまうとダメージを受け始めるからです。このダメージは残りの体力がハート0.5個になると止まるため空腹によって死ぬことはありませんが、その状態でモンスターに襲われてしまったらほぼ間違いなくゲームオーバーになります。そうなってしまう前に、食料が安定的に生産できる仕組みを整えましょう。

序盤は周りにいる動物を倒すと手に入る肉と、オークの葉からドロップするリンゴを併用しながら飢えをしのいでいくといいです。肉とリンゴで時間をかせいでいる間に少しずつ畑を作り、小麦が生産できる体制を整えればとりあえずは一安心。畑を徐々に広げていきましょう。

3.仮拠点づくり

食料確保のめどが立ったら、次は仮の拠点を作ります。いきなり豪華な家を作るのは難しいので、まずはかまどや作業台、チェストなどの基本アイテムをおいておける小さな家でOKです。以下の記事を参考にしてみてください。

どんなに小さなものであっても、「家」があると安心して冒険することができます。いずれしっかりした家を作るとして、とりあえずは壁で囲まれていて、ドアがあり、ベッドと作業台とかまどとチェストが置かれている場所を作るようにしましょう。

拠点の整備

少しずつ木材や石などの資源を集め、仮拠点を大きくしていきます。食料の供給をより安定させるために畑は拡大し、さらに動物を飼育して肉が確保できる環境を整えましょう。

家。主に木材と丸石で作っています。
家

4.家を作る

仮拠点のままでも機能的には問題ないですが、アイテムが増えるとチェストをたくさん置きたくなるので小さい家では手狭になってきます。プレイヤーを操作する練習や資材の確保を兼ねて、家造りに挑戦してみましょう。序盤でも作りやすい木造2階建ての家の作り方を、以下のページで詳しく解説しています。

5.畑の拡大

家の近くには畑を作って、農業も本格的に始めましょう。畑の作り方は、以下の記事で詳しく解説しています。

収穫できる作物はプレイヤーの食料や動物の餌として、そして村人との取引材料として使用することができます。作物が成長するには時間がかかるので、他の作業をしながら成長を待つといいでしょう。

6.動物の飼育

食料の不安をなくすためには、肉の量産体制が必要不可欠です。家の近くで動物を飼育して、いつでも肉を手に入れられる環境を作りましょう。マイクラの動物は以下の記事でまとめてあるので、参考にしてください。

ウシなら小麦で、ニワトリなら種で拠点の近くまで連れてくることができます。どちらも満腹度の回復量が多い肉をドロップしてくれるので、飼育できればプレイヤーの行動範囲を大きく広げることができるはずです。

鉄の入手

防御力の高い鉄製の防具を整えることができると、戦闘でゲームオーバーになるリスクをかなり減らすことができます。また、ダイヤモンドやレッドストーン、金などの貴重鉱石は、鉄のツルハシで破壊しないとアイテムとしてドロップしません。洞窟探検にでかけて、早めに鉄を確保しておきましょう。

洞窟で発見できる鉄鉱石。浅い洞窟でも見つけることができます。
洞窟で発見した鉄鉱石

7.洞窟探検の準備

洞窟内は太陽の光が届かず真っ暗なため、日中でも多くのモンスターがスポーンしています。深い洞窟では迷子になってしまう可能性も高いので、洞窟探検に出かけるときは装備や道具をしっかり整えるようにしましょう。装備はもちろんのこと、松明や食料などは多めに持っていったほうが安心です。必要なアイテムは、以下の記事で詳しく紹介しています。

8.洞窟探検

浅い洞窟なら隅々まで探索することは簡単ですが、やはり深くて大きい洞窟のほうが探索していて楽しく、完全制圧(湧き潰し完了)したときの達成感も大きいです。大きい洞窟を探し方を、以下の記事で詳しく紹介しているので参考にしてください。

洞窟を奥深くまで進んでいくと、帰り道がわからなくなることが多々あります。迷って同じところをウロウロしている時間は本当にもったいないので、事前に迷わないコツを確認しておきましょう。以下の記事で詳しく解説しています。

村の発展

村人との取引を上手に利用することで、より強力な装備を手に入れることができます。農業や動物の飼育で食料に不安がなくなり、洞窟探検で資材が集まってきたら、冒険の場をさらに広げるために村を発展させて村人と交易をしましょう。

山の上の村。既存の村を発展させるのが簡単です。
山の上の村

9.村探し

普通のマップであれば、ワールド生成時に村も自動的に生成されています。拠点の近くに村がないか探しに行ってみましょう。村は草原、サバンナ、砂漠、タイガで発見することができます(BE版では表現と雪の降るタイガにも生成されます)。村の探し方は、以下の記事で詳しく解説しています。

10.村人の繁殖

村を発見しても、お目当ての職業の村人がいなかったり、いいアイテムを持った村人がいなかったりすることがあります。そんなときは村人を繁殖させて、いいアイテムを持った村人が出現するのを待ちましょう。村にドアをたくさん設置して、ニンジンや小麦を村人に持たせると増えていってくれます。詳しい繁殖方法は以下の記事で詳しく解説しています。

11.村人との取引

村人はダイヤのツルハシやダイヤの剣、エンチャントの本など、貴重なアイテムを取引してくれます。手持ちのダイヤモンドを減らすことなくダイヤの装備や道具を使用できるというのは大きいです。うまく活用して冒険を進展させましょう。村人との取引について詳しくは、以下の記事で解説しています。

ネザーに行ってみよう

マインクラフトには通常世界の他にネザーという異世界があり、ネザーではポーションの材料となるアイテムやコンパレーターのクラフトに必要なネザークォーツが手に入ります。通常世界での冒険に慣れたら、ぜひ乗り込んでみましょう。

溶岩の海が広がるネザー。薄暗いです。
ネザーの溶岩の海

12.ネザーゲートを作る

ネザーには、ネザーゲートという特殊なゲートを通っていきます。ネザーゲートの建設に必要なのは黒曜石10個。黒曜石は溶岩が水流と触れたときに生成されます。ネザーゲートの詳しい作り方については、以下の記事で解説しています。

13.ネザー要塞を探す

ポーションの醸造に使うブレイズロッドやネザーウォートは、ネザー要塞と呼ばれる巨大な要塞の中で入手できます。ネザーに行ったらゲートの座標をメモしておき、ネザー要塞を探しに行ってみましょう。ネザー要塞の探し方については、以下の記事で詳しく解説しています。

世界中を旅しよう

ここまで進めていれば生活もだいぶ安定し、冒険に必要なアイテムもあらかた揃ってきているはずです。ここからは、しっかりと準備をした上で世界中に存在している様々な構造物を探しに出かけてみましょう。運が良ければ、貴重なアイテムを手に入れることができるかもしれません。

無限に広がる世界。意を決して遠征してみましょう。
無限に広がる世界

14.廃坑を探す

身近に存在している可能性のある廃坑。村の地下などでもよく発見することができます。大量の木材やレールが手に入るほか、廃坑内のチェストからはカボチャやスイカの種を手に入れられる可能性があります。廃坑の探し方については、以下の記事で詳しく解説しています。

15.ジャングル

ジャングルバイオームでは、カカオ豆やスイカを手に入れることができます。ジャングルの寺院という構造物が生成されていることもあり、中にはお宝チェストが置かれています(隠しチェストも)。ヤマネコやオウムと出会うことができるのもジャングルです。

16.森の洋館

森の洋館は、覆われた森バイオームに生成される構造物です。村人との取引で手に入る「森林探検家の地図」を使って探すことができます。この館にはエヴォーカーとヴィンディケーターという住人がいて、プレイヤーや村人を見つけると襲いかかってきます。どちらも強敵なので、十分な準備をして乗り込むようにしましょう。森の洋館の探し方や構造については、以下の記事で詳しく解説しています。

17.海底神殿

海底神殿は海の中に生成されている構造物で、村人との取引で手に入る「海洋探検家の地図」を使って探すことができます。神殿の周りにはガーディアンが多数スポーンしていて、プレイヤーが近づくとビームで攻撃してきます。神殿内にはエルダーガーディアンというボスが3体。運が良ければ神殿内からスポンジや金ブロックといった貴重なアイテムを手に入れることができます。

18.難破船(沈没船)

難破船は海底や海岸に生成される構造物です。前半分しか無いもの、後ろ半分しかないもの、横倒しになっているものなど、様々な形があります。船尾半分が残っている難破船からは、埋もれた財宝のありかを示す「宝の地図」を手に入れることができます。難破船の種類や探し方について詳しくは、以下の記事で解説しています。

19.海底遺跡

海底遺跡は海の中に生成される構造物で、チェストからは「宝の地図」を手に入れることができます。マグマブロックが一緒に生成されていることも多いので、トラップで使いたいときは探してみるといいでしょう。海底遺跡の種類や探し方について詳しくは、以下の記事で解説しています。

20.地下要塞

地下要塞にはジ・エンドへ行くためのエンドゲートが存在しています。スポーン地点から離れた場所の地下に生成されますが、同じように地下に生成される廃坑とは違って、エンダーアイというアイテムを使って位置を特定することが可能です。中にあるチェストからは、エンチャントの本や馬鎧などの貴重なアイテムを手に入れることができます。

ジ・エンドに行ってみよう

ジ・エンドは奈落の上に島が浮かんでいるという異世界です。島から落ちたら当然ゲームオーバー。ゲームオーバー時に散らばるアイテムも回収することはできません。乗り込む場合はエンダードラゴンが倒せるだけの武器や防具を準備してから乗り込むようにしましょう。

黒曜石の柱が立つジ・エンド。エンダードラゴンが空を飛んでいます。
黒曜石の柱が立つジ・エンド

21.エンドゲートを起動する

ジ・エンドへは、地下要塞の中にあるエンドゲートを使って移動します。エンダーアイを使って地下要塞を探しておきましょう。ジ・エンドに行く方法は、以下の記事で詳しく解説しています。

22.エンドシティを探す

見事エンダードラゴンを倒すことができると、ジ・エンドの離島へワープすることができる「エンドゲートウェイ」が出現します。ジ・エンドの離島にはエンドシティという構造物が生成されていて、エンドシップがあればエリトラを入手可能です。

スポンサーリンク

マインクラフトのアイテムを使いこなそう

マインクラフトには非常にたくさんのアイテムが存在しており、また複数のアイテムを組み合わせることで別のアイテムを作り出すことができます。「欲しいものがなんでも作れる」というのがマイクラの面白さの一つ。道具をしっかり揃えて生活を効率化していきましょう。

アイテムレシピはゲーム内で確認できますが、当サイトでは以下のような、素材の入手方法や作ったアイテムの使いみちなども合わせて紹介するレシピページを用意しています。

レシピのみの確認であれば、ブラウザで以下のページを開きながらプレイすると便利です。

ガラスやサボテンなど一部のアイテムは、かまどで焼くと別のアイテムに変化させることができます。かまどで精錬できるアイテムを、以下のページで確認しておきましょう。

貴重鉱石の集め方

洞窟内を探索していると、壁に鉱石が露出していることがあります。しかしダイヤモンドやレッドストーンダストなどの貴重鉱石は、洞窟探検ではなくブランチマイニングという採掘方法で集めたほうが効率がよくてオススメです。ブランチマイニングのやり方については、以下の記事で詳しく解説しているので参考にしてください。

ブロックを破壊して鉱石を見つけるという単純作業には、ストレス解消の効果もあるような気がします。頭が疲れたときのリフレッシュにオススメ。整地にも似たような効果がありそうですね。

エンチャントでアイテムを強化

マインクラフトには「エンチャント」というアイテムを強化する仕組みがあります。道具をエンチャントすることで、例えば「ブロックの破壊時間が短縮される」「ドロップアイテムが増える」「道具が壊れにくくなる」といった追加効果を得ることができるようになります。ブロック破壊時間の短縮などはゲームの進み具合に大きな影響を与えるので、上手に活用して冒険の効率を高めていきましょう。エンチャントについては以下の記事で詳しく解説しています。

ポーションでプレイヤーを強化

プレイヤーはポーションを飲むことで、暗い場所を明るく見えるようにしたり水中でも息が続くようにしたりというステータス効果を得ることができます。海底神殿やジ・エンドなど難易度の高い場所の攻略には、ポーションの醸造が欠かせません。存在するポーションの種類や作り方を、以下の記事で詳しく解説しています。

回路を使った応用建築やモンスタートラップ

マインクラフトの世界に慣れてきたら、モンスタートラップやレッドストーン回路を使った応用建築に挑戦してみましょう。便利な装置を作ることができれば、冒険の効率も一気に向上します。

レッドストーン回路で自動化

レッドストーン回路を使うことで、まるで「電気で動く機械」のような建築をすることができます。完全自動でサトウキビが収穫できる装置や半自動で鶏肉を作り出す装置などを作れば、より効率よく冒険を進めていくことができるはず。当サイトでも様々な自動装置を紹介しているので、ぜひ取り入れてみてください。

トラップでモンスターを狩る

モンスタートラップを作れば、プレイヤーが全くダメージを受けない状態でモンスターたちを集め、一括処理することで安全に大量の経験値やアイテムを取得することができます。大掛かりな建築になることも多いですが、ぜひとも作っておきたい設備です。ゾンビトラップの作り方を、以下の記事で詳しく解説しています。

コマンドでワールドを思いのままに

「コマンド」という機能を使うことで、ワールドに様々な変化を与えることができます。クリエイティブモードで巨大な建築物を作りたいときや、何かを検証したいときなどに非常に便利。少し難しいですが、最初はコピペしながら使ってみてください。

スポンサーリンク

マインクラフトの始め方

以下では、マイクラの種類やインストール方法などをまとめています。これからマインクラフトを始めたいという場合は、ぜひ参考にしてください。

マインクラフトの3つの種類

さっそくマインクラフトを始めていきたいところですが、実は使用する機器によって内容が異なっているということをご存知でしょうか。それぞれのマイクラで微妙に仕様が異なっているので、購入する際は注意が必要です。

Java Edition(左)とBedrock Edition(右)のタイトル画面。
JEとBEのタイトル画面

現在マインクラフトには、以下のような種類が存在しています。

  1. Minecraft Java Edition(JE版)
  2. Minecraft Bedrock Edition(BE版・統合版)
  3. Minecraft Console Edition(CE版)

Java Edition

Java Edition(ジャバエディション)はマインクラフトの元祖で、実況者の多くが使用しているエディションです。BEと対比させてJEと表記されることもあります。

Java Editionにはブロックの見た目を変更することができる無償のリソースパックや配布ワールドなどが豊富にあるのが特徴で、気軽にオリジナルとは違ったワールドで遊ぶことができます(BEにも配布ワールドなどありますが基本有料です)。MOD(モッド)を入れられるのもこのエディションです。影MODと呼ばれるものを入れれば、マイクラの平面的な世界をめちゃくちゃリアルに描写することも可能。統合版よりもやや高いPCスペックが要求されますが、自由度といった点では最も高いエディションです。

Bedrock Edition

Bedrock Edition(ベッドロックエディション)は、NINTENDO SWITCHやXBOX ONE、スマホ、Windows10 Editionなどのマイクラのことです。BEと記載されることもあります。

もともとスマホ版(Minecraft Pocket Edition、マイクラPE)とゲーム機版で別々だったマインクラフトが同じ内容に統合されたため、「統合版」と呼ばれています。同じマインクラフトなので、例えばスイッチとスマホでマルチプレイをする、Windows10とXBOX ONEでマルチプレイをするといったことが可能です。以前はJava Editionを購入すると統合版のWindows10 Editionもタダで手に入りましたが、現在は別々に購入しなければいけなくなっています。Windows10では同じPC内でJava Editionと共存可能ですが、Java Editionと統合版でのマルチプレイはできません。

Console Edition

Console Edition(コンソールエディション)は、PS3やPS4、PSVita、XBOX360、WiiUなどのゲーム機のマインクラフトのことを言います。

Java Editionと違って、ワールドの大きさが無限ではなかったりMobが少ししか湧かなかったりと、いろいろと制限があります。Java版ではできるけどPS4版ではできないということも結構あるので、そういった部分は割り切って遊ぶ必要があります。

これらの中で、私が主に遊んでいるのはJava Editionです。当サイトの記事もJava Editionのものをメインとしつつ、記事によっては統合版の情報も補足してあるという形になっています。

PC版マインクラフトの始め方

PCをお持ちでしたら、以下の手順を参考にしてぜひPC版のマインクラフトに挑戦してみてください。

インストール方法

Java版のマインクラフトは完全に無料でインストールすることができ、さらに時間制限はありますが製品版と同じようにプレイできるようになっています。いきなり購入するのではなく、ぜひ購入前にお使いのPCにインストールして動くかどうか確かめてみてください。インストール方法は、以下の記事で詳しく解説しています。

購入方法

以前はクレジットカードが必要だったり、Vプリカで買ったりとややこしかったのですが、現在は専用のプリペイドカードをAmazonで購入すれば、簡単にJava Editionの製品版を手に入れることができます。購入の詳しい手順は、以下の記事で解説しています。

マイクラ用PCの用意

Java Editionは自由度が高いこともあり、それなりのPCスペックを必要とします。しかし、必ずしも高級なゲーミングパソコンを用意する必要はありません。マイクラ用にお手頃なPCを手に入れる方法を、以下の記事で紹介しています。

操作方法

PC版のマインクラフトはキーボード操作でプレイヤーを動かすので、慣れていないとまともにプレイヤーを動かすことができません。DEMO版をインストールできたら少しずつ練習していきましょう。便利なキー操作がいろいろと用意されているので、以下の記事でチェックしてみてください。

スポンサーリンク

マインクラフト基本情報

マインクラフトは2009年にスウェーデンで開発され、これまでに1億7000万本以上売れているという世界的に人気のあるゲームです。Mine(採掘する)craft(作る)という名前が表すとおり、採掘によって集めた資材で様々なアイテム(ブロック)を作り冒険(生活)していくという内容で、日本でもYoutubeの実況動画をきっかけにここ数年で爆発的にユーザーが増えています。

特徴的なグラフィック

マインクラフトと言えば、カクカクしたレトロな感じのグラフィックが特徴的。マイクラの世界は立方体のブロックが敷き詰められる形で構成されており、プレイヤーや動物、モンスターも直方体を組み合わせて形作られています。最近はリアルなグラフィックを追求するゲームが多いので、このカクカクは特別印象に残りますね。実際にマイクラをしたことがない人でも知っているレベルで有名です。

マイクラを代表するモンスター、クリーパー。この見た目のおかげで、動物はもちろんのことモンスターにさえ自然と愛着が湧いてきます。
クリーパー

そして面白いのが、このグラフィックとは裏腹にプレイヤーが感じる感覚が非常にリアルだという点です。プレイヤー視点で操作するということもあって、まるで自分がそこにいるかのような臨場感でプレイできます。高所から下を見ればゾクゾクして足がすくむ感じがするし、暗い洞窟で急にモンスターと遭遇すると心臓が飛び出るほど驚きます。実際に高いところから落ちると、内臓が浮き上がるようなあの感覚にもなってしまいます。スリル満点です。

無限に広がるマップ

マインクラフトのワールドマップは無限に広がっています。また一般的なRPGとは違って移動できる範囲が決まっていないため、ワールド内をどこまでも移動することが可能です。どこにでも自由に行けるなんて・・ロマンしか感じませんよね。未開の地を求めて遠征をするなんていう遊び方もできるし、大陸ごとにいろいろな建築を作ることだってできます。

この広大なマップをどこまでも移動することができます。
無限に広がるマップ

サバイバルでの冒険

マインクラフトにはエンダードラゴンというボスが存在していて、サバイバルモードでは一応そのボスを倒すために冒険を進めていくことになります(倒しにいかなくてもいいのですが)。しかしサバイバルではモンスターが襲いかかってくるうえにお腹も減ってしまうので、安全の確保や食料の調達など様々な問題を克服していかなければ生き延びることができません。

説明書がないマイクラでは、基本的に自分が知りたいことはネットで調べることになります。直面する問題を解決するために自分でいろいろ調べて、試行錯誤する。それもマイクラの面白いところです。調べたことを実行してうまくいけば達成感を得ることができ、それが積み重なればどんどん自信が深まっていきます。

クリエイティブで建築

マインクラフトにはモンスターが全く襲ってこなくてアイテムを無限に使うことができ、さらに空も飛べてしまう「クリエイティブモード」というゲームモードが存在しています。クリエイティブモードでは基本的にプレイヤーが死ぬことはないのでサバイバルのように気を張る必要がなく、巨大建築を思う存分楽しむことが可能です。

実験や検証にもぴったりなゲームモードです。
クリエイティブで実験

LEGOブロックが好きな人は、きっとマイクラにハマると思います。なぜならマインクラフトも、様々な種類のブロックを積み上げて一つのものを作り上げていくゲームだからです。LEGOと違うのは、設置するブロックの数に制限がないということと、設置できる場所がめちゃくちゃ広いということ。想像力をフルに働かせて、ゲームだからこそ実現可能な巨大建築を作ってみましょう。

マルチプレイ

マインクラフトは同じワールドで複数のプレイヤーと同時に遊ぶことができます。自分の作ったワールドに友人を招待するもよし。友達と一緒にワールドを作り上げていくもよし。家庭内に複数のパソコンがあれば簡単にマルチプレイができるので、親子でマインクラフトを楽しんでいる人も多いようです。

同じワールドで遊べます。
マルチプレイ

統合版マインクラフトの登場によって、スマホとPC、スイッチ、XBOX ONEでのマルチプレイが可能になりました。別々の機種でマルチプレイを楽しめるというのはスゴイことですよね。一つのものを作り上げる喜びや、ゲームクリア(ボス討伐)の達成感などの喜びを、仲間と分かち合うことができるようになっています。

改造できる

Java Editionはリソースパックというものを適用することで、ブロックやモンスターの見た目を自由に変更することができます。ブロックをよりリアルに見せるリソースパックなどもたくさん配布されているので、建築がメインの場合は探してみるといいでしょう。さらにMOD(モッド)と呼ばれる外部データを組み込むと、まったく違ったゲームのようにマイクラを改造することもできます。

影MOD(シェーダー)を入れれば、見慣れた景色も一変します。
影MODを入れた世界

もちろん、プレイヤーの見た目(スキン)も簡単に変更可能です。この拡張性の高さがマイクラがここまで人気になった理由の一つであることは間違いないですね。

当サイトでは、マインクラフトの攻略記事をたくさん公開しています。サイドバーや以下のリンクをクリックしてぜひ読んでみて下さい!

最新情報