デスクトップPCとノートパソコンで、同じデータを使ってマイクラがやりたい。セーブデータをクラウド上にバックアップしておきたい。そんな時に便利なのが、Dropboxというアプリです。一度設定してしまえば、全く手をかけることなく自動でマイクラのデータをバックアップすることができます。今回は、ドロップボックスを使ったセーブデータの同期方法の紹介です。

スポンサーリンク

セーブデータのバックアップ方法

大切なセーブデータは、バックアップをきちんと取っておきたい。でも、いちいちフォルダやファイルをコピーして別の場所に貼り付けるというのが、なかなかの手間です。その手間を省いてくれるのがDropbox。自動でセーブデータをバックアップしてくれます。

Dropboxは、こちらからダウンロード&インストールできます。
Dropbox

上記リンクは、私の紹介リンクになっています。ここから登録すると、容量が500MBプラスされた状態で使用可能です。さらに容量を増やしたいときは、以下の記事を参考にしてみてください。

無料で使えるのにとても便利なクラウドストレージサービス、Dropbox。マイクラのバックアップや、デスクトップPCとノートPCのデータの同期にも使えます。私も一度全データの消去とい

Dropboxを使ったバックアップ・同期の方法を調べてみると、「シンボリックリンク」という仕組みを使ったやり方がたくさん出てきたのですが、シンボリックリンクを使わなくても、マインクラフトのデータが置かれているフォルダをDropboxのフォルダ内にデータを移動するだけで、簡単にバックアップすることができます。

マイクラのセーブデータの場所

マインクラフトのセーブデータが格納されているフォルダは、自分の好きな場所に移動することができます。セーブデータをコピーして、移動先に貼り付けたら、マインクラフトランチャーでデータの場所を指定してやればOKです。

マインクラフトのデータの保管場所は、次のようになっています。(以下、説明はWindows7を使って行います)

Windows 7,8
C:¥Users¥ユーザー名¥AppData¥Roaming¥ .minecraft

WinXP
C:¥Documents and Settings¥ユーザー名¥Application Data¥.minecraft

Mac OS X
/Library/Application Support/minecraft

ただし、AppDataフォルダは隠しフォルダになっているので、隠しフォルダを表示する設定にしていないと表示されません。コントロールパネル→デスクトップのカスタマイズ→フォルダーオプション→「表示」タブ→「隠しファイル、隠しフォルダー、および隠しドライブを表示する」にチェックを入れる、で表示されるようになります。

コンピュータ→ローカルディスクC→ユーザー→ユーザー名(PCに設定されているユーザー名)→AppData→Roamingと入っていくと、「.minecraft」というフォルダが見つかります。このフォルダを右クリックしてコピーし、ドロップボックスのフォルダの中に貼り付けます。

このフォルダを、
.minecraftフォルダの位置

ドロップボックスの中にコピーします。
ドロップボックスへコピー

ドロップボックスをPCにインストールすると、専用のフォルダが作られます。その中に、マインクラフトのデータが格納されているフォルダをそのままコピーします。

以降は、ランチャーで設定していきますが、万が一の事態に備えて、まだコピー元のフォルダは削除せずに残しておきましょう。

スポンサーリンク

マインクラフトランチャーで設定

次に、マインクラフトランチャーで設定を行います。ランチャーを起動すると、上部に「起動オプション」というボタンが出てくるので、クリックします。

起動オプションのボタン。
起動オプションのボタン

すると、マインクラフトの起動のための設定一覧が表示されます。特にいじっていない場合は、ここには「最新のバージョン」の一つしか表示されていないと思うので、それをクリックします。

「最新のバージョン」を選択。
最新のバージョンを選択

すると、ゲームの起動に関する設定項目が表示され、その中に「ゲームディレクトリ」という部分があります。ここが、マインクラフトのデータを指定する場所です。右側の、小さなフォルダマークをクリックします。

右側のフォルダマーク。
フォルダマーク

フォルダマークをクリックすると、フォルダを選択する画面になります。ここで、ドロップボックスのフォルダの中に移動した、「.minecraft」フォルダを指定します。

指定できると、ゲームディレクトリのパスが変わります。
ゲームディレクトリのパス

C:/Users\ユーザー名\AppData\Roaming\.minecraft

と表示されていたものが、

D:\Dropbox\.minecraft

に、変更されました。私の場合は、ドロップボックスのフォルダをローカルディスクDに作ったので、上記のようになっていますが、ローカルディスクFの中にDropboxのフォルダがあれば、

F:\Dropbox\.minecraft

となるし、Cドライブのmusicというフォルダの中にあるのなら、

C:\music\Dropbox\.minecraft

のようになります。

これで、マインクラフトのデータの移動は完了です。

起動できるか確認しよう

フォルダの移動が完了したら、ゲームを起動して正常にプレイできるか確認しましょう。

無事に起動できればOK。
起動できた様子

起動できないときは、フォルダの指定が間違っていないか、もう一度確認してみましょう。無事に起動できたら、自動バックアップの設定が完了です。PCでドロップボックスを起動させておけば、自動でゲームデータがWeb上のドロップボックスにアップロードされ、保存されます。ここまでできたら、もとの場所にあるゲームディレクトリは削除してしまって大丈夫です。

デスクトップPCとノートPCを同期

バックアップということなら上記までで終了ですが、ドロップボックスを使うことで、デスクトップPCでプレイしていたデータをノートPCでも使用して、同じセーブデータで続きからプレイするということも可能になります。

やり方は簡単。ノートPCにもドロップボックスをインストールして、デスクトップPCで使用しているアカウントと同じアカウントでログイン。ノートPCがネットにつながれば、Dropboxフォルダが同期されます。あとは、ノートPCにマインクラフトをインストールして、先ほどと同じようにゲームディレクトリを変更すればOK(Dropboxフォルダ内にダウンロードされる、.minecraftフォルダを指定します)。

これで、家ではデスクトップPCで遊んで、同じセーブデータを使って外出先ではノートPCで遊ぶということができるようになります(外出先でネット環境が用意できれば)。その後、帰宅してデスクトップPCを起動すればドロップボックスが同期を始め、デスクトップPCに最新のセーブデータがダウンロードされます。すると、ノートPCで遊んだ続きからプレイすることができるというわけです。非常に便利!

ということで、Dropboxを使ったマインクラフトのセーブデータのバックアップ方法の紹介でした。最初の設定が少し面倒ですが、コピペの手間が無くなるのでめちゃくちゃ楽です。ぜひ、挑戦してみてください。